健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康法|「鼻うがい」 風邪予防や花粉症対策におすすめ

健康法|「鼻うがい」 風邪予防や花粉症対策におすすめ

花粉症や鼻炎など、鼻の病気に悩まされている方は多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが「鼻うがい」。風邪などの病気予防だけでなく、花粉症対策や鼻炎の改善方法として最近注目を集めています。今回は、そんな鼻うがいの方法とポイントをご紹介します。


花粉症や鼻炎など、鼻の病気に悩まされている方は多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが「鼻うがい」。風邪などの病気予防だけでなく、花粉症対策や鼻炎の改善方法として最近注目を集めています。今回は、そんな鼻うがいの方法とポイントをご紹介します。

鼻うがいとは

鼻うがいとは「鼻洗浄」とも呼ばれ、その名の通り鼻の中に食塩水や洗浄剤を入れて、ウイルスやほこりなどの汚れを洗い流す方法です。感染症などで鼻の中に汚れがある場合も、鼻うがいで洗い流すことができるそうです。鼻の中をスッキリ洗い流せるため、風邪の予防や蓄膿症(ちくのうしょう)の症状軽減・改善も期待できます。また、のどの痛みや花粉症による目のかゆみ・不快感などにも効果があるといわれています。

鼻うがいに使う洗浄液の作り方

海やプールに入った時に、鼻に水が入って鼻の奥や耳に痛みを感じたことはありませんか。その経験から、液体を鼻の中に入れることに抵抗がある方も多いでしょう。ですが、正しい方法で鼻うがいを行うと、あの独特の嫌な痛みを感じることはないのです。
鼻うがい専用の洗浄液は市販されていますが、家庭にあるもので簡単に作ることができます。
まず、水と食塩を用意します。水道水をそのまま使うと鼻の粘膜を傷つける可能性があるので、浄水器を通した水、または煮沸して冷ました水を使用しましょう。25〜30℃程度の水を洗面器に入れて、食塩を加えます。この時、食塩水の濃度は人間の体液の浸透圧と同じとされる0.9%になるようにします。例えば1リットルのぬるま湯なら、9gの食塩を入れると、最適な濃度の食塩水が作れます。これで鼻うがい洗浄液の完成です。

鼻うがいの正しい方法

まず鼻うがい洗浄液が入った洗面器に顔を近づけて片方の鼻の穴を指で押さえ、もう片方の鼻の穴で水を吸い込みます。食塩水を飲み込まないよう、吸い込んだ後に少し息を止めてみましょう。食塩水を鼻の穴から出し、逆も同じ要領で行います。これを、3〜5回ずつ繰り返します。
慣れてきたら、食塩水を吸い込んだ後に少し上を向きます。食塩水が口の方へ落ちてくるので、飲み込まないようにして口から吐き出しましょう。朝・帰宅時の1日2回行うのがおすすめです。
鼻うがいをする際は、食塩水の温度と濃度を守ることがポイント。冷たい水を使用したり、食塩の量を誤ったりすると、痛みを感じる場合があります。
また、必ず前かがみの姿勢で行いましょう。正面を見たり横向きになったりすると、水が周囲に飛び散りやすくなるだけではなく、鼻から吸い込んだ食塩水を飲み込んでしまう場合があります。また、鼻うがいをしている時につばを飲み込むのも、同じ理由から避けるようにしましょう。
もし食塩水が鼻の中に残っているような違和感がある場合は、無理に鼻をかんで出すのではなく、お辞儀をするように頭を下に向けてから左右に頭を傾けると、うまく出てきます。

うまくコツをつかめば、簡単に鼻の中を洗浄できる鼻うがい。風邪予防のためにも、手洗いやうがいと組み合わせて、ぜひ家庭でも行いたい健康法です。

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。