健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康法|快眠のための温度・湿度 ジメジメは睡眠の質も下げてしまう?

健康法|快眠のための温度・湿度 ジメジメは睡眠の質も下げてしまう?

梅雨に入るころになると、夜のムッとした暑さで寝付けなかったり、汗をかいて夜中に目が覚めてしまったり…ということが徐々に増えませんか?こういった時は、部屋の温度や湿度を調整することが、寝苦しさの軽減につながります。今回は快眠するための温度・湿度調整のポイントをご紹介します。


梅雨に入るころになると、夜のムッとした暑さで寝付けなかったり、汗をかいて夜中に目が覚めてしまったり…ということが徐々に増えませんか?こういった時は、部屋の温度や湿度を調整することが、寝苦しさの軽減につながります。今回は快眠するための温度・湿度調整のポイントをご紹介します。

「寝苦しさ」には温度だけでなく湿度も関係している

寝苦しさというと、汗をかいたりすることから室温の高さが原因だと考えるもの。確かに室温も重要ですが、もうひとつ、実は湿度も寝苦しさに深くかかわっているのです。

湿度は、その空気が含むことのできる最大の水分量に対して、実際はどれくらいの水分が含まれているかを割合で表したもの。湿度が高いということは、空気がより多くの水分をすでに含んでいて、その一方で、新たに水分を取り込む余裕は少なくなっているのです。
人は睡眠中にコップ1~2杯の汗をかくといわれています。室内の湿度が適切(40~60%程度)であれば、この汗は寝ている間にも乾いて、空気に取り込まれていきます。しかし湿度が高いと、空気が新たに取り込める水分量もそれだけ減るので、汗が乾きにくくなって、不快さが増すというわけです。

就寝中、最も汗をかくのは入眠直後

就寝中は、体温が下がることで深い眠りに入り、脳と体をよりしっかりと休めることができます。そこで就寝直後は、体温を下げるために寝ている間で最も多くの汗をかくといわれています。ここでかいた汗をしっかり乾かすためにも、湿度を低めに保っておくことが重要なのです。

快眠のための温度・湿度対策3つ

それでは、適切に汗を乾かしながら快適に眠るための温度・湿度対策について見ていきましょう。

1.エアコンの湿度を設定して体感温度を下げる

エアコンを使う場合は、冷房よりも「除湿運転」を選ぶようにしましょう。設定温度は28℃でも、設定湿度を50~60%にしておけば、体を冷やし過ぎることなく、体感温度だけを下げることができます。エアコンは一晩つけておいてもいいのですが、つけっ放しを避けたいなら、入眠直後の深い睡眠を妨げないよう、少し長めのタイマー設定を。睡眠のサイクルには個人差がありますから、2~3時間を目安に、自分に合ったサイクルを探してみてください。

2.日中は寝具や寝室に風を通し、湿気を逃がす

晴れた日は毎日布団を干すのが理想的ですが、悪天候や外出などで難しい場合でも、こまめに布団を上げるようにしましょう。布団を敷いたままだと、布団に接している床や畳にも湿気が溜まってしまうので、ここにも風を通すことが重要です。
ベッド派なら、マットレスを壁に立てかけておくだけでも、溜まった湿気をある程度逃がします。また、寝室もできれば毎日入り口と窓を開け放って風を通し、空気を入れ替えて湿気を逃がすようにしましょう。

3.布団乾燥機や除湿機も上手に使って

日中に布団を干したり、寝室の空気を入れ替えたりといったことが難しい場合は、除湿機のタイマーを使って日中に湿度を調整しておいたり、同じように布団乾燥機で布団の湿気を逃がしておきましょう。ほかにも、布団・マットレスの下に敷く除湿シート、すのこなどを取り入れるといった対策もおすすめです。エアコンも、寝る時だけでなく少し前から運転しておけば、あらかじめ寝室の湿度を調整しておけます。

快眠のための温度・湿度対策3つは、梅雨時に悩ましい寝具やお部屋のカビ対策にもなるので、まさに一石二鳥。そしてエアコンや除湿機は、上手に使えば洗濯物の部屋干しなどにも威力を発揮してくれます。睡眠の質を高めるだけでなく、梅雨時の暮らし全般の味方になってくれる温度・湿度対策、ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

カビ対策については、下記の記事も参考にしてみてください。

健康習慣|「カビ予防」 ひと工夫で、じめじめした時期も快適に!

https://www.shizensyokuhin.jp/archives/articles/118

雨の日が多かったり、湿度の高い時期に気になるのが室内の結露やじめじめした空気、そしていつの間にか生えてしまっているカビ。毎年、対策に手を焼いている人も多いのではないでしょうか。今回は、雨の多い時期の大敵である「カビ」の影響や予防法についてご紹介します。

関連する投稿


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

秋から冬にかけては、日に日に乾燥が厳しくなります。この時期の風邪は、喉の痛みからはじまる方も多いもの。なかには、この季節になると、喉からくる風邪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、喉の痛みがつらい時にすぐ試したい、さまざまな対処法やおすすめの生活習慣についてご紹介します。


健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

木の棒を投げてピンを倒す、ボウリングのようなスポーツ「モルック」。一見シンプルながら、点数計算やゲームの進め方などには意外と戦略性があり、脳トレにもなるスポーツとして近年注目されています。今回は、モルックの概要についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。