健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
当て字|「ハリウッド」「ケンブリッジ」 世界に名だたる都市の漢字表記は?

当て字|「ハリウッド」「ケンブリッジ」 世界に名だたる都市の漢字表記は?

幕末の開国以降、急速に広まった外国の固有名詞。中国を中心に漢字文化圏との付き合いが中心だった日本にとっては、外国の言葉をどのように日本語で表記するか、試行錯誤が続きました。明治・大正の頃には、日本独自の「当て字」で外国語の固有名詞を日本語に移し替えるケースも多かったのだとか。 こうして作られた当て字には、思いがけない漢字が転用されることもありました。今回は、「ハリウッド」「ケンブリッジ」二つの世界に名だたる都市の「当て字」をご紹介します。


幕末の開国以降、急速に広まった外国の固有名詞。中国を中心に漢字文化圏との付き合いが中心だった日本にとっては、外国の言葉をどのように日本語で表記するか、試行錯誤が続きました。明治・大正の頃には、日本独自の「当て字」で外国語の固有名詞を日本語に移し替えるケースも多かったのだとか。
こうして作られた当て字には、思いがけない漢字が転用されることもありました。先人の知恵と工夫がしのばれる、ちょっとおもしろい「当て字」をご紹介します。

映画の都の日本語訳は、まさかの誤訳!?

ハリウッド

アメリカ合衆国、カリフォルニア州ロサンゼルス市の街、ハリウッド。世界的な映画産業の都として有名です。このハリウッドを、漢字ではこのように書きます。

「聖林」
ハリウッド / Hollywood

なるほど、「wood」を「林」と訳したわけですね。ということは、「Holly」は「聖なる」という意味でハリウッドとは「聖なる森林」という意味だったのか!……と思った方、ちょっと待ってください。
「神聖な・聖なる」を英語で記すと、つづりは「Holy」。クリスマスソングで「ホーリーナイト」という時の「Holy」です。ハリウッドは「Hollywood」。つづりが違うのです。

では、「Holly」とはいったい……?

答えは「ヒイラギ」。Hollywoodは訳すと「ヒイラギの森」となるのです。
もともとこの地はハリウッドという名前ではありませんでした。また、カリフォルニアではセイヨウヒイラギは育たないにも関わらず、この地の大きな農場に隠退した夫妻が、友人の別荘の名前を借りて農場を「ハリウッド」と名付けた……という由来が伝わっています。
ハリウッドを「聖林」としたのは、HollyをHolyと間違えた誤訳だったのです。もっともヒイラギはヨーロッパ圏では古くから「聖木」とされ、クリスマスの装飾には欠かせない植物なので、あながち「聖」の字はまとはずれ、というわけでもないかもしれませんね。

まるで洒落のような学園都市の当て字

「ケンブリッジ」

イギリス、イングランド東部のケンブリッジ。ロンドンから北北東に80kmの地にあり、ケンブリッジ大学を有する、世界有数の学園都市として知られています。このケンブリッジを漢字ではこのように書きます。

剣橋
ケンブリッジ / Cambridge

この当て字の由来は、実ははっきりとはわかっていません。
ケンブリッジの地には、実際にRiver Cam(カム川)が流れていますが、Camは漢字にしにくかったのでしょうか。ケンは、日本語の「剣(けん)」の音をそのまま当てています。そもそも当て字とは「当座の字を当てる」ことでもあるので、当て字を作る際に漢字の字義を無視し、読み方のみを考慮して、漢字を転用するのはよくあること。「剣橋」の「剣」はまさにその典型といえるかもしれません。
ブリッジには「橋」の漢字が当てられました。これは当て字のもうひとつの作法である、漢字の読み方を無視し、字義のみを考慮して当てる方法がとられています。ふたつの違う当て字の作り方を組み合わせて、「剣橋」という当て字が生まれたのですね。音を表す漢字と、意味を表す漢字がひとつの都市名に組み合わさることで、なんともユニークな印象を残します。

ところで、イギリスにおいてケンブリッジと双璧をなす学園都市といえば、イギリス最古の大学のある街、オックスフォードです。このオックスフォードにも、洒落の効いた漢字が当てられています。

牛津
オックスフォード / Oxford

オックスは雄牛、フォードは浅瀬の意味があるところから、「牛津」という当て字がつけられたと考えられます。実は佐賀県に牛津という地名が実際にあります。そんな地名のつながりも、おもしろいところですね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。