健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
元気のちから
おいしく飲んで健康に もっとお茶を楽しもう

おいしく飲んで健康に もっとお茶を楽しもう

お茶には緑茶や紅茶、ウーロン茶など、いくつか種類がありますが、日本人にとってもっとも身近なお茶といえば緑茶でしょう。昔から「新茶を飲むと長生きできる」といわれていますが、新茶に限らず、緑茶に含まれる成分にはさまざまな健康効果が期待できることがわかっています。緑茶の楽しみ方や成分について知り、おいしく飲んで、健やかな毎日に活かしましょう。


教えていただいたのは

監修: 大森 正司(おおもり しょうじ)

大妻女子大学 名誉教授

1970年、東京農業大学大学院 農学研究科農芸化学専攻博士課程修了。大妻女子大学講師、助教授、教授を経て2013年に名誉教授となり、現在は大妻女子大学「お茶学校」の校長として食育・茶育の指導者の育成に努めている。著書多数。2021年4月29日付けで発令された春の叙勲で瑞宝小綬章(教育研究功労)を受章。

緑茶のうまみ、渋み、苦みを味わう「お茶のフルコース」

緑茶の味は、うまみ、渋み、苦みと、わずかな甘みによって構成されています。
うまみのもとになっているのはテアニンやグルタミン酸、アスパラギン酸、アルギニンなどのアミノ酸、渋みのもとになるのがカテキン、苦みのもとになっているのがカフェインです。
それぞれ、水に溶け出しやすい温度が異なり、お茶を淹れるときの湯の温度によって味わいが大きく変わります。まずは、その面白さ、奥深さを知ると同時に、お茶の栄養を丸ごと摂ることができる「お茶のフルコース」をご紹介します。

最初は

うまみたっぷり 水出しのお茶

緑茶(家庭にある煎茶)の茶葉10グラム(ティースプーン約5杯)を急須に入れ、冷たい水を湯のみ茶碗1杯分(約100㎖)注ぎます。15分経ったら茶碗に注ぎ、急須を振って最後の1滴までこしとります。いつもと同じお茶で淹れたとは思えないような、まろやかなうまみや甘みを感じませんか。

次は

さわやかな渋み ぬるめのお茶

急須に残った茶葉がらに、50℃くらいのぬるめの湯を、同じく湯のみ茶碗1杯分注ぎます。1分経ったら、急須を振って最後の1滴までこしとります。水出しのお茶にはなかった渋みが少し。加わり、さわやかな味わいになります。

続いて

苦みが加わる 熱いお茶

次は、急須に残った茶葉がらに、沸かしたての熱湯を、同じく湯のみ茶碗1杯分注ぎます。1分経ったら、急須を振って最後の1滴までこしとります。少し苦みも加わって、すっきりとした味わいになります。

今度は

茶がらのおひたし

お茶の3つの味わいを楽しんだ後は、茶がらを食べてみましょう。 急須から茶がらを半分ほど取り出し、おかか、しょうゆ少々を加えて混ぜれば茶がらのおひたしのできあがり。ゴマやじゃこなどであえるのもおすすめです。

最後は

茶がらスムージー

最後は、残った茶がらに豆乳200mlとリンゴジュース200mlを加えてミキサーにかけ、茶がらスムージーにしていただきます。意外な組み合わせですが、クセがなく、とても飲みやすい健康ドリンクになります。

注目!

茶がらにも栄養がたっぷり

お茶の葉には、食物繊維やβカロテン(ビタミンA)など体に良い成分が豊富に含まれていますが、水には溶け出さないため茶がらにそのまま残っています。茶がらを捨てずに、うまく料理に利用することでお茶の栄養を丸ごととり入れることができます。

緑茶にもいろいろあるお茶の種類の違い

緑茶というと、多くの人は煎茶を思い浮かべると思いますが、緑茶というのはお茶の葉を発酵させずに製造したお茶の総称で、不発酵茶とも呼ばれます。主に、次のような種類があります。

1. 煎茶

緑茶の中でもっともよく飲まれているお茶。新茶や100gあたり1,000円以上の茶葉はうまみが豊富。

2. 番茶

新茶(1番茶)を摘み採った後に伸びた芽を摘み採ってつくるお茶。カテキン類が豊富で、スッキリとした味わいが特徴です。

3. ほうじ茶

番茶や煎茶を炒って香ばしい香気を出したお茶。

4. 玄米茶

蒸した米を炒り、番茶や煎茶などをほぼ同量の割合で加えたお茶で、炒り米の香ばしさが楽しめる。

ひと手間でこんなに違う!おいしいお茶の淹れ方

ここでは一般的に広く飲まれているものについて、もっともおいしいと思われる、基本の淹れ方を紹介します。基本を試してから、好みに合わせて茶葉の量や蒸らし時間を調節するといいでしょう。

おいしく淹れるための3つの極意
ほうじ茶 番茶 煎茶

古くなった煎茶をほうじ茶に!

きれいに洗った片手鍋に2~3回で飲み切れる量の煎茶を入れ、強火で焦がさないように鍋を振りながら炒ります。いい香りが立ってきたら火からおろし、冷ませばほうじ茶のできあがり。

緑茶には健康に良い成分がたっぷり

1. カテキン

緑茶の渋みのもとになる成分。高い抗酸化作用があり、食事とともに摂取すると、脂肪の吸収を穏やかにし、生活習慣病の予防にも効果的です。また、風邪やインフルエンザなどの感染症予防、虫歯予防や口臭を予防する働きもあり、食後に緑茶で口をすすぐとさらに効果的です。

2. テアニン(アミノ酸)

新茶のうまみのもととなる成分。テアニンを摂取すると、緊張を和らげたり、ストレスを軽減する効果が期待できます。低めの温度の湯で淹れると、カテキンやカフェインの量を抑え、テアニンを多く抽出することができるので、就寝前にもおすすめです。

3. カフェイン

緑茶の苦みのもとになる成分。眠気を防いだり利尿作用を高めたりします。運動する20~30分前に摂取することで、効率よく脂肪を燃焼させる働きもあります。

関連するキーワード


元気のちから

関連する投稿


楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

コミュニケーションの大切さや、心身の健康維持に効果的なポイントをご紹介します。


脂質は大事な栄養素 見直そう!からだにイイあぶらの選び方

脂質は大事な栄養素 見直そう!からだにイイあぶらの選び方

肥満のもと、健康の敵と、なにかと悪者にされがちな「あぶら(脂質)」。しかし、生きていくために欠かせない栄養素でありむやみに断ってしまうと健康に悪影響をおよぼします。最近はエゴマ油、アマニ油など体にいいと注目されている食用油もあります。あぶらの性質や効果を学び、美味しく健康的に摂り入れましょう。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。


不調の原因は体の歪みにあり!

不調の原因は体の歪みにあり!

「体の節々が痛む」、「疲れが取れにくくなった」などの不調を抱え込んでいませんか?その原因には、偏った姿勢に慣れてしまったため生じた骨格の歪みがあるかもしれません。 このまま放置していると、ボディラインが崩れるだけでなく歪みが大きくなって、さらなる悪循環を生むことに!体の歪みのメカニズムを知ることで、日々の不調を解消していきましょう。


脱 冬ごもり!外出を楽しんで心身の健康維持を

脱 冬ごもり!外出を楽しんで心身の健康維持を

冬の寒い時期は、どうしても外出するのがおっくうになるものですが「寒いから仕方がない」と暖かい部屋にこもりきりでいると運動不足になったり、気持ちが落ち込んだりしがちです。天気のいい日中は積極的に外に出て気分転換を図り、健康的な毎日を過ごしましょう。


最新の投稿


健康メニュー|懐かしおやつ「わらび餅」は、若者にも人気

健康メニュー|懐かしおやつ「わらび餅」は、若者にも人気

昔ながらの和菓子である「わらび餅」。プルプルでもちっとした弾力と上品な甘さが老若男女問わず愛されています。近年はさまざまなアレンジを加えた進化系わらび餅も登場。本記事では、定番のわらび餅から個性的な手作りわらび餅まで幅広くご紹介します。


健康メニュー|身近な味は栄養たっぷり「タコ」

健康メニュー|身近な味は栄養たっぷり「タコ」

タコ焼きや刺し身、唐揚げなどさまざまなメニューで食べられているタコは、日本人にとって身近な食材です。今回は、そんなタコの基本情報や栄養素、タコの栄養を活かすための食べ方を解説します。


健康メニュー|忙しい世代に人気の「つくりおき」って?

健康メニュー|忙しい世代に人気の「つくりおき」って?

毎日の食事は生きるために必要不可欠なものですが、多忙な方にとってはその都度準備や調理に手間がかかり、面倒と感じてしまうものです。そんな時に便利な方法が、「つくりおき」を用意することです。今回は、つくりおきの基本と注意するべきポイントなどをご紹介します。


野菜の豆知識|「ヤングコーン」は皮もヒゲも食べられる!

野菜の豆知識|「ヤングコーン」は皮もヒゲも食べられる!

缶詰や水煮パックでおなじみのヤングコーン。小さくてかわいい姿で、サラダや炒めもののアクセントやお弁当の彩りに重宝する野菜です。シャキシャキの歯ごたえで甘みがあり、旬の時期においしさを楽しんでいだきたい、ヤングコーンの魅力について詳しくご紹介します。


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。