健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
元気のちから
健康の強い味方!スパイスの世界を学ぼう

健康の強い味方!スパイスの世界を学ぼう

夏は薄着になる季節。すっきりデトックスをしたいと思う人も多いのでは。近年、さまざまな健康効果が注目され、日本でも多くの種類が流通するようになったスパイス。簡単で美味しい取り入れ方を学び心身軽やかな夏を迎えましょう。


教えていただいたのは

監修: 武政 三男(たけまさ みつお)

スパイスコーディネーター協会理事長、株式会社スパイススタジオ代表取締役社長。大手メーカーでスパイスブランドの開発と啓発に携わり、その後、ホテルや香料会社勤務を経て留学。「スパイスの新しい適合性評価手法」を学会で発表した。現在はスパイスコーディネーターの育成や、スパイスの商品開発、販売企画のコンサルタントなどに従事する。『スパイスの科学』『80のスパイス辞典』など著書多数。近著に『大人時間を味わう たのしいスパイス絵本』(監修)

スパイスとは何か

スパイス(香辛料)は、植物の種子や果実、葉、根、樹皮などをそのまま、あるいは乾燥させて使う調味料の一種です。起源は諸説ありますが、紀元前から肉の臭み消しや防腐剤として利用されていたようです。
料理の風味付けにはハーブも使われますが、実はスパイスとハーブを分ける明確な定義はありません。ハーブはもともとヨーロッパの伝承医療で薬草として用いられ、香料や防虫などにも使われますが、食用に適さないものも多くあります。ハーブを含めて料理の香り付け、味付けなどに使う植物をスパイスと呼ぶのが一般的です。

スパイスの形態

スパイスの効果とは

スパイスは香り付け、辛味付け、色付け、臭み消しのいずれか、あるいは複数の作用を持ち、これらが食欲増進やリラックス効果、デトックス効果などをもたらします。また、料理の味を引き締め、塩分や糖分の摂取量を減らす効果もあります。ただし、大量に摂取すると中毒症状や副作用を起こすスパイスもあるので適量を守りましょう。

スパイスの4つの基本作用

香り付け

シナモン、バジル、ミント、クミンなどの強い香りのもとは、葉や茎の細胞に蓄えられた揮発性の精油成分。デトックスのような薬理効果や防腐効果など健康に役立つとされる効果の多くは精油成分によるものです。

辛味付け

辛み成分はスパイスによって違います。唐辛子などに含まれるカプサイシンは熱く、長続きする辛さで食欲の増進に。コショウのピペリンはピリッと刺すような辛さで血行促進の効果があります。

色付け

スパイスの色素成分は料理の見た目を鮮やかにしてくれます。サフランのように水に溶けるタイプと、ターメリック、パプリカのように油に溶けるタイプがあり、調理法によって使い分けます。

臭み消し

ニンニクやショウガは、炒めると独特の香りで肉の臭みを和らげます。タイムやフェンネルは魚の生臭さを消すのに有効です。

主なスパイスの種類

世界には700種ものスパイスがあると言われています。
ここではよく使われている代表的なスパイスを紹介します。

スパイスの種類

初心者でも簡単!上手なスパイスの取り入れ方

1.ハーブティーやハーブオイルを作ろう

使いきれないスパイスは、飲み物や油に入れて活用!

ハーブティー

ミントやレモングラスなどのフレッシュハーブに熱湯を注いで蒸らして作ります。

シナモンティー

紅茶にシナモンパウダーとお好みで砂糖を加えて、完成です。

ハーブオイル

オリーブオイルにバジルやタイム、ガーリックなどを入れ、料理やパンのディップに活用。何種類か組み合わせるのもおすすめです。

2.形態ごとに使い分けよう

それぞれの基本的な使い方を覚えておくと便利!

ホール

素材の下ごしらえに用いるほか、調理前の油に入れて熱し、油に香りを移して利用します。また、じっくり煮込む場合にも適しています。

パウダー

臭み消しなど下ごしらえの時にも使いますが、多くは煮込む時や炊く時に加えます。

フレッシュ(生)

サラダや料理の薬味や彩りのために活用します。また、西洋では魚の香草焼きに使います。

3.ミックススパイスを使おう

複数のスパイスを使う料理も多く、カレーには10種類以上のスパイスが入ることも少なくありません。個々では香りが強いスパイスも組み合わせによって香味が混ざり合ってまろやかになります。自分でブレンドするのは難しいという人は市販のミックススパイスを使ってみましょう。

七味唐辛子

薬味として知られる日本独自のミックススパイス。

五香粉(ウーシャンフェン)

肉料理の下ごしらえや煮込み料理、揚げ物の薬味などに活用される、中国を代表するミックススパイス。

ガラムマサラ

炒め物や煮込み料理の風味付けに使われるインドのミックススパイス。

チリパウダー

メキシコやアメリカ南部で使われるミックススパイス。肉料理の風味付けにおすすめです。

関連するキーワード


元気のちから

関連する投稿


楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

コミュニケーションの大切さや、心身の健康維持に効果的なポイントをご紹介します。


脂質は大事な栄養素 見直そう!からだにイイあぶらの選び方

脂質は大事な栄養素 見直そう!からだにイイあぶらの選び方

肥満のもと、健康の敵と、なにかと悪者にされがちな「あぶら(脂質)」。しかし、生きていくために欠かせない栄養素でありむやみに断ってしまうと健康に悪影響をおよぼします。最近はエゴマ油、アマニ油など体にいいと注目されている食用油もあります。あぶらの性質や効果を学び、美味しく健康的に摂り入れましょう。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。


不調の原因は体の歪みにあり!

不調の原因は体の歪みにあり!

「体の節々が痛む」、「疲れが取れにくくなった」などの不調を抱え込んでいませんか?その原因には、偏った姿勢に慣れてしまったため生じた骨格の歪みがあるかもしれません。 このまま放置していると、ボディラインが崩れるだけでなく歪みが大きくなって、さらなる悪循環を生むことに!体の歪みのメカニズムを知ることで、日々の不調を解消していきましょう。


脱 冬ごもり!外出を楽しんで心身の健康維持を

脱 冬ごもり!外出を楽しんで心身の健康維持を

冬の寒い時期は、どうしても外出するのがおっくうになるものですが「寒いから仕方がない」と暖かい部屋にこもりきりでいると運動不足になったり、気持ちが落ち込んだりしがちです。天気のいい日中は積極的に外に出て気分転換を図り、健康的な毎日を過ごしましょう。


最新の投稿


健康メニュー|懐かしおやつ「わらび餅」は、若者にも人気

健康メニュー|懐かしおやつ「わらび餅」は、若者にも人気

昔ながらの和菓子である「わらび餅」。プルプルでもちっとした弾力と上品な甘さが老若男女問わず愛されています。近年はさまざまなアレンジを加えた進化系わらび餅も登場。本記事では、定番のわらび餅から個性的な手作りわらび餅まで幅広くご紹介します。


健康メニュー|身近な味は栄養たっぷり「タコ」

健康メニュー|身近な味は栄養たっぷり「タコ」

タコ焼きや刺し身、唐揚げなどさまざまなメニューで食べられているタコは、日本人にとって身近な食材です。今回は、そんなタコの基本情報や栄養素、タコの栄養を活かすための食べ方を解説します。


健康メニュー|忙しい世代に人気の「つくりおき」って?

健康メニュー|忙しい世代に人気の「つくりおき」って?

毎日の食事は生きるために必要不可欠なものですが、多忙な方にとってはその都度準備や調理に手間がかかり、面倒と感じてしまうものです。そんな時に便利な方法が、「つくりおき」を用意することです。今回は、つくりおきの基本と注意するべきポイントなどをご紹介します。


野菜の豆知識|「ヤングコーン」は皮もヒゲも食べられる!

野菜の豆知識|「ヤングコーン」は皮もヒゲも食べられる!

缶詰や水煮パックでおなじみのヤングコーン。小さくてかわいい姿で、サラダや炒めもののアクセントやお弁当の彩りに重宝する野菜です。シャキシャキの歯ごたえで甘みがあり、旬の時期においしさを楽しんでいだきたい、ヤングコーンの魅力について詳しくご紹介します。


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。