健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|「トマト」加熱で栄養価アップ、冷凍で便利

野菜の豆知識|「トマト」加熱で栄養価アップ、冷凍で便利

トマトは夏野菜のイメージがありますが、通年入手できるうえ、生でそのまま食べても加熱して食べてもおいしい便利な野菜。市場に安く出回る5~6月は、少し多めに入手して冷凍保存すると1ヵ月は日持ちします。今回は、トマトを加熱した場合の栄養や健康効果、節約・時短調理におすすめの冷凍保存についてご紹介します。


トマトは夏野菜のイメージがありますが、通年入手できるうえ、生でそのまま食べても加熱して食べてもおいしい便利な野菜。市場に安く出回る5~6月は、少し多めに入手して冷凍保存すると1ヵ月は日持ちします。今回は、トマトを加熱した場合の栄養や健康効果、節約・時短調理におすすめの冷凍保存についてご紹介します。

5・6月はトマトが安い!

色鮮やかでツヤツヤと光沢がある「トマト」。生のままカットしてサラダやカプレーゼにしたり、煮込んでソースやスープにしたり、トマトを使った料理が並ぶと食卓が華やぎます。トマトは、一年中栽培され入手しやすい野菜です。夏野菜のイメージがありますが、本来は高温多湿を嫌う性質があり、収穫時期によって栽培地も異なり、旬は変化します。

トマトの価格が最も安くなる時期は5・6月といわれています。次いで安くなるのが7・8月。春から夏にかけては、気温が高くなり、実が大きくなりやすいからだそう。9月になると値上がりはじめ、10・11月に最も高くなる傾向があります。

5・6月の安く購入できる時期に、生食はもちろん、ソースやケチャップなどにしていろいろな調理に活用してみてはいかがでしょうか。

トマトは過熱すると栄養価がアップ

トマトはサラダにして生で食べることが多いですが、加熱に向いている野菜です。トマトの赤い成分である「リコピン」は、高い抗酸化作用を持ち、生活習慣病の予防に役立つ栄養素です。リコピンは強固な細胞壁を持つため、生のまま食べると栄養素を吸収できません。しかし、加熱調理をして食べることで細胞壁がやわらかくなり、リコピンが吸収されやすくなります。

トマトを加熱調理する際は、油を使うのもポイント。リコピンは油に溶けやすく、加熱時に油を使うと吸収率が高まります。さらに、トマトに含まれるβ-カロテンの吸収率もアップします。

トマトの栄養と健康効果

「トマトが赤くなると、医者が青くなる」ということわざがあるほど、トマトには栄養がいっぱいです。トマトの栄養素を見ていきましょう。

老化を抑制するリコピン

前述の通り、トマトは野菜のなかでもリコピンが豊富。強力な抗酸化作用を持つリコピンは、悪玉コレステロールの酸化を防ぐことから、血流の改善、生活習慣病の予防や老化の抑制に効果があるといわれています。

健康な肌づくりをサポートするβ-カロテン

抗酸化作用によって活性酸素を減少させるβ-カロテン。体内に取り込まれるとビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に維持したり、免疫機能を調整したりする作用があるといわれています。

風邪の予防に効果的なビタミンC

トマトにはビタミンCが多く含まれています。大きめのトマトであれば1日に必要なビタミンCの約1/3が摂れるほど。ビタミンCは免疫力をアップし、風邪を予防する効果やストレスに対する抵抗力を強める効果などが期待できるといわれています。

トマトの栄養については下記の記事も参考にしてみてください。

冷凍保存でおいしさ長持ち

トマトをたくさん買ったり使いきれなかったりした場合は、冷凍保存がおすすめです。常温や冷蔵庫の野菜室で保存することが多いですが、日持ちは10日ほど。甘みが徐々になくなり、栄養価も下がってしまいます。

新鮮なトマトを冷凍すれば、甘みや酸味をキープできるうえ、1ヵ月はおいしく食べることができます。さらに、冷凍すると水分が膨脹して細胞壁が壊れるため、リコピンなどの栄養素も吸収されやすくなります。

トマトは、まるごとでもカットしても冷凍保存できます。まるごと保存する場合は、へたを取り、1個ずつラップで包み冷凍用保存袋に入れましょう。カットして保存する際は、くし切りやみじん切りなどお好みの形状に刻んで冷凍用保存袋に入れ、できるだけ平らにして冷凍庫へ。使う時は、必要な分だけを凍ったままバキッと割って、そのまま調理できます。5・6月のトマトが安い時に多めに買って冷凍庫にストックしておけば、節約にも時短にもなります。

世田谷自然食品の「温彩特選便 彩り御前 定期便」は、栄養バランスに配慮した料理を手軽に味わえる御前です。栄養いっぱいのトマトを使った「鶏のトマト煮」もお届け品に含まれています。

彩りがよく食卓を華やかにするトマト。おいしくて栄養がいっぱいで、毎日でも食べたい健康野菜です。安く購入できる時期に少し多めに冷凍保存して、健康や節約・時短に役立ててみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

夏の魚といえば、川に生息するアユです。アユは水のきれいな川に生息する天然ものと養殖ものの2種類があり、栄養を豊富に含んでいます。今回は、アユの基本的な情報と豆知識、栄養価や食べ方についてご紹介します。


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。


最新の投稿


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。


健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

夏の魚といえば、川に生息するアユです。アユは水のきれいな川に生息する天然ものと養殖ものの2種類があり、栄養を豊富に含んでいます。今回は、アユの基本的な情報と豆知識、栄養価や食べ方についてご紹介します。


健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

一般的な呼吸法として知られる腹式呼吸を実践したことがある方は多いと思いますが、その反対の動きを行う「逆腹式呼吸」はご存じでしょうか?逆腹式呼吸は、慣れないうちは動きが難しいと感じやすいですが、血流アップやリラックス効果が期待できる呼吸法です。今回は、逆腹式呼吸の効果ややり方を解説します。


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。