健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|「すき焼き」野菜や豆腐も栄養満点

健康メニュー|「すき焼き」野菜や豆腐も栄養満点

和食を代表するメニューのひとつ「すき焼き」は、江戸末期に生まれた肉料理です。関東風と関西風で調理方法が異なるすき焼きは、定番具材の肉や野菜でさまざまな栄養が摂取できる栄養満点メニュー。今回は、すき焼きの歴史や関東・関西の違い、定番具材の栄養についてご紹介します。


和食を代表するメニューのひとつ「すき焼き」は、江戸末期に生まれた肉料理です。関東風と関西風で調理方法が異なるすき焼きは、定番具材の肉や野菜でさまざまな栄養が摂取できる栄養満点メニュー。今回は、すき焼きの歴史や関東・関西の違い、定番具材の栄養についてご紹介します。

すき焼きとは

すき焼きは、しょうゆと砂糖、酒などを合わせた「割り下」というタレで牛肉や野菜、焼き豆腐などを煮込んだ料理です。明治時代まで長らく肉食が禁じられていた日本では、すき焼きの歴史はそこまで古くはなく、江戸時代末期に生まれた料理とされています。

すき焼きという名称は、江戸時代中期に関西地方で食べられていた、農具の鋤(すき)を鉄板代わりに使って食材を焼いた農夫の料理を「鋤焼(すきやき)」と呼んだことが由来といわれます。明治維新後、横浜が開港されたことによりイギリス公使館がおかれ、その際に東京に牛の処理場ができたことで、肉食文化が広まりました。東京でも牛肉を使った「牛鍋」が流行し、やがて関西での呼び方である「すき焼き」が関東に伝わったことで、牛肉を使った鍋料理として「すき焼き」という名称が定着しました。

関東と関西のすき焼きの違い

同じすき焼きでも、関東と関西では調理法が異なります。関東ではすき焼きは鍋料理とされており、最初から割り下で肉と野菜を煮ます。これに対し、すき焼きが焼肉とされている関西では、まず牛脂で牛肉を焼くのが一般的。肉に火を通した後に砂糖やしょうゆを直接入れて味を調えてから野菜を加えて煮詰め、割り下を使わずに水や酒などで味を調整します。

北海道や東北地方ではすき焼きに豚肉を用いることがありますが、関西では牛肉以外の肉はまず使いません。また、すき焼きは溶き卵と一緒に食べるのが一般的で、この食べ方に関しては関東と関西で共通しています。

すき焼きの定番具材とその栄養

牛肉をはじめとしたすき焼きに使われる具材には、多彩な栄養が含まれています。そこで、すき焼きの定番具材と栄養についてご紹介します。

牛肉

牛肉には、体を作る上で欠かせない三大栄養素のひとつであるたんぱく質が豊富。しかも体内で生成できない必須アミノ酸のバランスがよいので、良質なたんぱく質が摂取できます。また、血液を健やかにする鉄分も含まれており、貧血予防や冷え性予防などにも効果が期待できます。

ネギ

β-カロテンやビタミンCなどの栄養素を含むネギは、冷え性によい効果があります。ネギに含まれる硫化アリルは、体内に取り込むと独特のにおいや辛味の元である「アリシン」に変化。このアリシンには、血流改善による冷え性予防や殺菌・抗菌作用、乳酸分解による疲労回復効果などが期待できます。

春菊

すき焼きに入れる定番野菜の代表ともいえるのが、独特の香りを持つ春菊です。春菊の香りは、スギやヒノキなどの針葉樹に多く含まれる「αピネン」と「ペリルアルデヒド」という成分によるもの。αピネンには森林浴と同様のリラックス効果、ペリルアルデヒドには強力な殺菌・抗菌作用や胃腸の働きを助ける消化促進効果や食用増進効果なども期待できます。

豆腐

普段の食卓にのぼることも多い豆腐は、血中コレステロールを下げる効果が期待できる良質な植物性たんぱく質が豊富です。また、脳の伝達物質の原料となる「レシチン」と構成成分のひとつである「コリン」も含まれており、脳の老化予防効果や記憶力向上効果も期待できます。レシチンには脂肪代謝を活発にしてくれる効果もあるため、豆腐を摂取することで動脈硬化や脂肪肝予防にもつなげられます。

世田谷自然食品では、すき焼きは自宅で調理が面倒、食材をそろえるのが大変という時に気軽に食べられる、すき焼き風煮物を含む定期便「温彩特選便 彩り御膳」を販売しています。すき焼き風に仕上げた煮物に3種類の副菜をバランスよく合わせた、栄養満点の食事が手軽に味わえます。

すき焼きは、それぞれの具材で豊富な栄養も摂取できるメニューです。関東風・関西風で異なる調理方法で、おいしく栄養を取ってみましょう。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。