健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。

愛媛県のオリジナル品種「紅まどんな」

「紅まどんな」は2005年3月に品種登録された新しい柑橘です。正式な品種名を「愛媛果試28号」といい、10年以上もの試行錯誤を経て開発されました。現在、愛媛県内でしか栽培が認められておらず、厳しい品種基準をクリアしたものだけが「紅まどんな」を名乗ることができます。

紅まどんなの旬は12月頃で、収穫期間はわずか数週間ほど。そのため出荷数や流通数が少なく、とても希少な品種です。少々お値段が張るので、贈答用として使われることが多いようです。

とろけるような不思議な食感と、驚きのジューシーさ

紅まどんなは、甘味と酸味のバランスがよい「南香」と、果汁がたっぷりで果肉がやわらかい「天草」という柑橘をかけ合わせて誕生した品種です。紅まどんなの最大の特徴は、口当たり。まるでゼリーのようにとろけ、甘くみずみずしい果汁が口のなかいっぱいに広がります。その味わいから、“樹になるゼリー”と称されることもあるのだとか。

紅まどんなは薄皮が薄く種が少ないため、食べやすいのも特徴です。紅まどんなを選ぶ時は、外皮にハリとツヤがあり、手に持つとずっしりと重みを感じられるものがよいでしょう。

紅まどんなの上手な切り方

紅まどんなは薄皮だけでなく外皮も薄いため、手で剥くのはやや難しく、果肉をつぶしてしまうかもしれません。おすすめなのは、まな板において包丁で横半分に切ってから、さらに断面に沿って櫛形に切る方法。断面が笑った時の口の形に見えることから、この切り方を「スマイルカット」といいます。この切り方なら、見た目がきれいで、ジューシーな果汁を余すことなく味わえます。果皮と果肉の間に切り込みを入れておくと、さらに食べやすくなります。紅まどんなは、旬の時期が短いうえにそれほど長くは日持ちしません。手に入れたらなるべく1週間以内に食べきるようにしましょう。

美容と健康の味方になるみかんを、旬の時期にたくさん食べよう

みかんの一種である紅まどんなには、ビタミンCが豊富で、美しい肌を保つのに役立ちます。他にも、骨粗しょう症のリスク軽減が期待できるβクリプトキサンチンや、毛細血管を守るはたらきをするヘスペリジン(ビタミンP)など、あまり耳慣れないものの美容と健康にうれしい栄養素が含まれています。

こたつに入ってあたたまりながらみかんを食べる風景は、日本の冬の風物詩といえるほどなじみ深いもの。気温が下がるこれからの季節、旬を迎えるおいしいみかんを食べて元気に過ごしましょう。ただし、おいしいからといって食べすぎには要注意。1日あたりの目安は2~3個程度です。

以下の記事では、みかんの栄養について詳しくご紹介しています。参考にしてみてください。

世田谷自然食品の「旬のフルーツ定期便(バイヤー厳選コース)」は、フルーツのプロが厳選した旬の果物を全国各地の産地から毎月お届けするコースです。12月には紅まどんなをお届け予定。ぷるんとした食感と爽やかな風味をお楽しみください。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。