健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
元気のちから
今日から始める!夏バテ解消・秋バテ予防

今日から始める!夏バテ解消・秋バテ予防

連日の暑さで疲れが取れない、食欲がわかないなど〝夏バテ〞の症状が気になり始めてはいませんか?
さらに最近は、暑さが和らいでも夏バテの症状が続いたり、あるいは夏バテとは異なる症状が気になったりなど、〝秋バテ〞を感じる人も増えているようです。
健やかな毎日のために、夏バテ・秋バテの原因や予防法を知り、気になる症状は早めに解消しましょう。


教えていただいたのは

監修:澤登 雅一(さわのぼり まさかず)

三番町ごきげんクリニック院長・医学博士

1992年東京慈恵会医科大学卒業後、日本赤十字社医療センターに勤務。血液内科医として白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液悪性腫瘍の臨床に従事。2005年より三番町ごきげんクリニック院長に就任。
アンチエイジング医療を実践するとともに、がん治療に力を注ぎ、米国で行われている先端療法を取り入れるなど、最新のがん治療を実践している。著書多数。

夏バテと、秋バテの特徴とその原因を知りましょう

夏バテは梅雨時から始まる!?

夏バテは、夏の暑さにより現れる症状を総称した言葉です。暑い日が続き、食欲不振や睡眠不足で体力が失われることにより体調を崩しやすくなります。でも実は、本格的な夏の前、梅雨の時期から〝バテ〞の症状が現れていることもあるのです。
雨天が続き、湿度が高い日が続くと、体は発汗しにくい状態になり、水分を体内にため込み、倦怠感を引き起こす要因をつくり出します。汗をかいても湿気が多いと蒸発しにくく、体温を調節する機能も低下しがち。そのため体調不良を感じる人が多いのです。

暑さで体力を消耗

夏バテの主な原因は、暑さによる食欲の低下や、大量の発汗、体温調節機能の乱れなどがあげられます。
エアコンの効いた室内から外に出たとき、暖かさを感じてホッとしたことはありませんか?これは冷えた体を外の気温に順応させるための重要な反応ですが、頻繁に繰り返すと体に負荷がかかります。
さらに、暑さで寝苦しく、睡眠不足で十分に疲労を回復できないなど、多くの要素が絡み合っています。

秋バテは秋が短いと増える!?

暑さがやわらぐ9月以降に感じる不調が秋バテです。残暑のあと、過ごしやすくなる秋の間に体調を整えられればいいのですが、最近は残暑が長引き、秋の気配を感じると、間もなく冬の寒さを感じるようになっています。そうした寒暖差に体が対応しきれず、さまざまな不調が現れやすくなっています。

自律神経の乱れ

秋バテの主な原因は、自律神経の乱れと考えられます。朝晩と日中の気温差や、厳しい残暑の後に急激に冷え込むなど、激しい寒暖差に順応しようとすることで自律神経が乱れ、さまざまな不調が現れます。

こんな生活習慣は要注意!

この3つすべてに当てはまる人は、体が冷えているかもしれません。できるだけ室内と外気温との差が少なくなるよう、エアコンの温度は28度くらいにし、冷やし過ぎないようにしましょう。冷たい食べ物、飲み物ばかりを摂取していると内臓が冷えて免疫力が低下してしまいます。できるだけ温かい食事をとり、冷たい飲みものは控えめに。入浴時も湯船につかって、体を温めるようにしましょう。

夏バテ・秋バテの症状を知りましょう

夏バテ・秋バテの症状はよく似ていますが、エネルギー不足が主な原因である夏バテと、自律神経の乱れが主な原因である秋バテとでは異なる症状もあります。気になる症状をチェックしてみましょう。

主に夏バテにみられる症状

主に秋バテにみられる症状

夏バテ・秋バテに共通してみられる症状

〝バテ〞の症状を放置しないで!

「夏バテくらい」「季節の変わり目は仕方がない」など、バテの症状を放置しておくのは危険です。体力や免疫力が低下したままでは疲労感や倦怠感が回復できず、慢性疲労につながることがあります。また、胸やけや胃もたれ、めまい、むくみなどの症状が長引いたり、急激に悪化したりする場合、別の病気が隠れていることもあるので、きちんと医師の診察を受けましょう。

急性の症状は要注意!熱中症対策も忘れずに

徐々にエネルギーが消耗して起こる夏バテに対して、熱中症は急激な体温上昇に反応して起こります。熱中症によくみられる頭痛やめまい、立ちくらみ、顔のほてりなどの症状は、夏バテの症状と共通するものもありますが、急性の症状の場合は熱中症の可能性があります。
命にかかわることもあるので、夏場はこまめに水分をとり、屋外では直射日光が当たらないよう、帽子や日傘を使い体温上昇を抑えましょう。室内でも気温・湿度が高い環境では熱中症になることがあります。冷やし過ぎるのもよくありませんが、「暑いかな?」と感じたらすぐにエアコンや扇風機を使い、適切な温度を保つことが大切です。

加齢とともに“バテ”を感じやすくなる?

「これまで夏バテなんてしなかったのに、最近は夏の暑さが辛い」そんな風に感じることはありませんか?実は、加齢とともにバテを感じやすくなるのです。というのも、私たちの体は、さまざまな栄養素や、自律神経(交感神経と副交感神経)、ホルモンなど、無数のバランスによって健康を維持しています。
体調がよくないと感じるのは、どこかでバランスが崩れているときで、加齢によってバランスを崩しやすくなります。バランスを維持するために大切なのが食事(栄養)、睡眠(休養)、運動など。 なんとなく調子が悪いと感じたら、まずは、日ごろの生活習慣を見直し、バランスを整えることを心がけましょう。

生活習慣に取り入れたい、夏バテ解消・秋バテ予防策

食事でしっかり栄養をとる

旬の野菜を食べる

トマトやピーマン、ナス、トウモロコシなど、色の濃い夏野菜は、その色素の中にフィトケミカルという抗酸化作用を持つ成分が含まれています。発汗とともに失われやすいミネラルやビタミン類もとることができます。
秋には山芋がおすすめです。体内の水分バランスを整えるカリウムや腸内環境を整える食物繊維、ご飯やパンなどに含まれるでんぷんの消化を促す消化酵素も豊富に含まれます。

肉、魚、大豆製品を積極的に

エネルギー補給のために必要なのが、肉、魚、大豆製品などのたんぱく質。とくに、豚肉やウナギは、糖質をエネルギーに変えるビタミンB1も豊富に含まれています。
食物繊維や、マグネシウムなどのミネラルが豊富な海藻、大豆製品も積極的にとるようにしましょう。

質のいい睡眠で疲れをとる

腹式呼吸でリラックス

ゆっくりとお腹に空気を入れるつもりで鼻から息を吸い、ゆっくりと口からお腹の空気を吐き出します。軽く目をつぶって何回か繰り返すと、寝つきをよくする効果があります。

寝る30分前にはパソコン、スマホから離れる

パソコンやスマートフォンの画面から発せられるブルーライトの強力な光や、膨大な情報が脳を活性化させ、睡眠を妨げます。
寝る30分前にはスイッチをオフにして脳を休ませることが大切です。

寝る前のルーティンを作る

なかなか寝付けないという人は、たとえば、枕もとにアロマオイルを置いておき、「あとは寝るだけ」となったらアロマの香りをかいで布団に入ります。同じことを毎日繰り返すうちにルーティンとなり、アロマの香りをかぐと自然に眠れるようになります。

起床時間を一定に保つ

寝る時間が不規則でも、できるだけ、毎日同じ時間に布団から出て、太陽の光を浴びましょう。
朝、体内時計をリセットすることで、自律神経が整いやすくなります。

入浴で血行を促し体を温める

湯船につかる

38〜39℃くらいのぬるめの湯にゆっくりつかることで、エアコンで冷えた体をしっかり温め、血行を促進します。

入浴剤を使う

入浴剤は、保温効果や、色や香りによるリラックス効果が期待できます。
硫酸マグネシウムが含まれる入浴剤は発汗作用が高く、入浴後の保温効果も優れています。普段あまり汗をかかない人は体温調節機能が低下しがち。入浴や軽い運動で発汗を促進し、汗腺の働きをよくしましょう。

軽い運動で自律神経を整え体力もアップ

ウォーキング、スロージョギング

ウォーキングや、無理のない程度のゆっくりとしたペースのジョギングなど、体力に応じて負担のない範囲で行いましょう。

※屋外での運動は、早朝や夕方などできるだけ涼しい時間帯を選び、こまめな水分補給と休息をとりながら行いましょう。

ストレッチ、ヨガ、太極拳

呼吸と体を整えましょう。柔軟体操なら、部屋の中でも気軽に行えます。ヨガや太極拳もおすすめです。

ドクターより

夏バテを解消して、秋バテ予防を!

夏バテの諸症状を放置すると、体力が低下し、秋バテを生じやすい体になってしまいます。さらに、秋バテを改善させないまま冬を迎えると、免疫力が低下し、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。
冬の寒い時期を元気に乗り切るためにも、しっかり夏バテを解消しましょう。それが秋バテの予防になります。涼しい時期になっても、秋バテには十分な注意が必要です。
自身の体調と普段の生活を見直し、できることから始めてみませんか。

関連するキーワード


元気のちから

関連する投稿


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


今から高められる記憶力 | 記憶力はきたえられます!

今から高められる記憶力 | 記憶力はきたえられます!

「会話に『あれ』『あの人』が増えた」「どこにしまったか思い出せない」…。<br>そんな「もの忘れ」を年齢のせいにしていませんか?<br> 歳を取れば記憶力が落ちるのは当たり前―ではありません。<br> 記憶力は何歳からでもきたえることができるのです。<br> 「記憶力と年齢は関係がない」という研究データがあることをご存じですか。<br> もちろん、脳も体と同じように老化します。脳の老化が記憶力に影響することもあるでしょう。しかし年齢とともにもの忘れが目立つのは、必ずしも脳が衰えて覚える能力が落ちたからではないようなのです。


身近に潜む低栄養​

身近に潜む低栄養​

「食欲が落ちた」「体重が減った」「疲れやすい」​最近、このようなことはありませんか? もし思い当たる節があるなら、それは体が「低栄養」の状態にあるかもしれません。​<br> 高齢化が進むいま、高齢者の低栄養が問題視されています。<br>​ 低栄養が長く続くと身体機能が低下して体調を崩してしまうことも。<br>​ いつまでも健康に過ごすためにも低栄養のことを学び、しっかりと予防していきましょう。​


おいしく健康をサポート お酢のチカラ

おいしく健康をサポート お酢のチカラ

お酢は、昔から日本人の食に欠かせない調味料。<br>料理の味を引き立てるだけでなく、健康に良い調味料として改めて注目されています。<br>お酢の種類や健康効果を知り、食卓に賢く取り入れましょう。


美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

近年、健康や美容にいいと脚光を浴びている発酵食品。<br>塩麹やギリシャヨーグルトなどさまざまなブームが起こり、発酵食の専門店も人気です。また、味噌やぬか漬けを手づくりする人も増えています。<br>ただ、発酵食品が体にいいことは何となく知っていても、発酵にどんなパワーが秘められているのか具体的に知らずに食べている人も多いのではないでしょうか。<br>そこで発酵のメカニズムや効果をご紹介。食べ物を美味しくし、栄養価も高めてくれる発酵パワーのヒミツに迫ります。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。