健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。

「主婦休みの日」とは

「主婦休みの日」とは、女性向けの生活情報誌を発行するサンケイリビング新聞社が中心となり、2009年に制定された記念日です。1月25日・5月25日・9月25日の年に3回あり、それぞれ年末年始・ゴールデンウイーク・夏休みという忙しい期間が終わった後にひと息つけるように設定されています。

「主婦」という名称が付いてはいるものの、家事や育児を主に担当している人のことを指すため「主夫」も含まれます。この記念日を機会に、家事や育児に頑張る主婦(主夫)が心身ともにリフレッシュして、日本の家族が元気になってほしいという想いが込められています。

「主婦休みの日」を有意義に過ごすには

家事や育児などを主に担当する主婦(主夫)が上手に休むためには、周りの家族のサポートが欠かせません。しかし、やみくもに手伝うだけではかえって仕事を増やしてしまうことも……。そこで、具体的にどのように取り組んだらよいのか、「主婦休みの日」をより有意義に過ごすためのヒントを見ていきましょう。

ヒント1:相手がやってほしい家事を優先的に

家事をあまりし慣れていない人がまず手を出そうとするのが、イベント感の強い料理や、簡単に手伝えそうな買い出し。しかし、相手はもしかしたら「洗い物や掃除、洗濯や子守りなどの家事を手伝ってほしい」と思っているかもしれません。何を手伝ったらラクになるのか、まずは希望を聞いてみましょう。

ヒント2:張り切りすぎず、完了できる範囲で

相手を喜ばせようとして特別なごちそうを作ろうとしたり、家中をピカピカに掃除しようとしたりすると、途中で疲れてしまうかもしれません。挙げ句の果てには、終えられなかった残りを主婦(主夫)に丸投げしてしまうことにもなりかねません。例えば、食事はお惣菜やデリバリーなどで済ませ、その代わり皿に盛り付ける時にひと工夫。食べ終わったら食器洗いまでしっかりと行いましょう。掃除は、普段は手が回りづらい細かいところだけを重点的に行うなど、張り切りすぎず、最後まできちんと完了させることを意識しましょう。

ヒント3:出かけてもらうのは主婦(主夫)に

食事や子守りの世話をかけないようにと、主婦(主夫)を家に残し、子どもを連れて外出するのもよいですが、家にいると、洗濯や掃除など他の仕事が残されてしまいます。そのため、主婦(主夫)に1人で好きな場所に出かけてもらい、好きなように過ごしてもらうのがおすすめです。留守の間に子守りをしながら洗濯や掃除、食事作りなどの家事を済ませておきましょう。

ヒント4:人に任せることに引け目を感じない

普段、家事や育児を主に担当している主婦(主夫)にとっては、誰かにそれを任せることに引け目を感じてしまったり、あれこれ気になる点が出てきたりするかもしれません。また、自宅にいると無意識のうちに家事をしてしまいがち。「主婦休みの日」だけは、「今日は何もやらない」と決めて、心の準備をしておくこともポイントです。

家で過ごす時間が増えている昨今、家事をする時間や頻度が増えている家庭は多いようです。「主婦休みの日」をきっかけに、日ごろからの家事の分担を家族みんなで話し合ってみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

秋の味覚としておなじみのサツマイモですが、実は秋から冬にかけて旬を迎える食材で、冬もおいしく食べられる時期です。今回は、薬膳的な効果も期待できるサツマイモの栄養や賞味期限、正しい保存方法についてご紹介します。


健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

日本各地に数多く存在するブランド牛。なかでも「宮崎牛」は、“和牛のオリンピック”と呼ばれる「全国和牛能力共進会」をはじめ、そうそうたる受賞歴を誇ります。今回は、宮崎牛の概要と肉質の魅力、栄養、おいしい食べ方などについてご紹介します。


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。