健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
郷土料理|きりたんぽ鍋 主食、主菜、汁物を兼ねる万能食(秋田県)

郷土料理|きりたんぽ鍋 主食、主菜、汁物を兼ねる万能食(秋田県)

秋田県の郷土料理「きりたんぽ鍋」は、主食、主菜、汁物を兼ねる万能食です。 また、「きりたんぽ鍋」に入っている「たんぽ」は、炊いたうるち米をつぶして、太い秋田杉の串に握るようにしてつけ、外側をあぶり焼きにする餅の一種です。 今回は「きりたんぽ鍋」の具材や栄養素、「たんぽ」のアレンジ方法などをご紹介します。


せたがや日和 きりたんぽ鍋

秋田県の郷土料理「きりたんぽ鍋」。今回は、「きりたんぽ鍋」の概要と、おすすめの食べ方についてご紹介します。

秋田県の郷土料理「きりたんぽ鍋」とは

きりたんぽとは「切ったたんぽ」のこと

きりたんぽ鍋の「きりたんぽ」には、実は「切ったたんぽ」という意味があります。「たんぽ」というのは、炊いたうるち米をつぶして、太い秋田杉の串に握るようにしてつけ、外側をあぶり焼きにする餅の一種。いろりのなかに、火を囲むようにぐるりとたんぽの串を刺してあぶるのが、昔ながらの作り方です。

たんぽを串から外して切り、具材と煮込む「きりたんぽ鍋」

きりたんぽ鍋は、たんぽの代表的な食べ方のひとつです。焼いたたんぽを串から外し、食べやすい大きさに切った「きりたんぽ」にして、比内地鶏や野菜などの具材と一緒に煮込みます。出汁は鶏ガラを水から煮込んでとり、醤油で味付けするのが本来の作り方ですが、市販の比内地鶏スープや、鶏ガラスープの素などでもおいしく作れます。

きりたんぽ鍋の代表的な具材と栄養素

鶏肉はたんぱく質やビタミンがたっぷり

きりたんぽ鍋できりたんぽに次いで欠かせないのが、比内地鶏です。鶏肉は、血液や筋肉の材料となる動物性たんぱく質を豊富に含みながら、牛肉や豚肉よりも脂質が少なめでヘルシーなのが特長です。皮膚や粘膜を健康に保つビタミンAや、疲労回復が期待できるビタミンB群もたっぷり含まれています。

体の冷えを防ぎ、血管・血液を健やかにするネギ

ネギは、血管を広げて血行をよくするため体が温まり、さらには発汗・利尿作用が活発になる「アリシン」という辛み成分が多く含まれています。アリシンには他にも、血圧を下げる、血栓を防ぐなどの効果が期待できます。ネギの白い部分に含まれる成分「ネギオール」は、殺菌効果や解熱作用を持っています。また、ネギは青い部分にもさまざまなビタミン・ミネラルが含まれているのです。

目を健やかにしてくれるセリ

独特の香りを持つセリは、天然色素のβカロテンを多く含みます。βカロテンは体内でビタミンAに作り変えられ、体の成長を促したり、視力や目の角膜を健やかに保つ働きをします。

血圧や血糖値、コレステロール値を下げるマイタケ

マイタケには、免疫力を高め、血圧・血糖値・コレステロール値を下げるなどの働きを持つβグルカンがきのこ類のなかでも多く含まれています。カルシウムの吸収を助けるビタミンDや、新陳代謝に必要な亜鉛なども多い食材です。

体を温め、おなかも健やかにするゴボウ

ゴボウは食物繊維が豊富なことで知られていますが、それに加えてビタミンやミネラル類も豊富なので、体を温めてくれます。

たんぽをアレンジしてみよう

味噌をつけて焼くのは本来の食べ方のひとつ

せたがや日和 きりたんぽ鍋

たんぽ1本には、およそ茶碗一杯分のご飯が使われていて、適量は1人あたり1~2本といわれます。きりたんぽ鍋で食べ切れない分は、別のメニューにアレンジするのもおすすめです。例えば、味噌をつけて焼くのは、たんぽ本来の食べ方のひとつ。焼きおにぎりのようなものですから、醤油をつけて焼いてもおいしくいただけます。

肉巻きおにぎり風にしてボリュームアップ!

たんぽの形状を活かして、牛バラ・豚バラなどの薄く長い形状の肉で巻いてから焼く、いわゆる肉巻きおにぎり風もおいしい食べ方のひとつです。メインのおかずと主食を兼ねたボリュームたっぷりのメニューになります。

スープやチーズで洋風の味にアレンジして

きりたんぽの状態でスープに加える、串を抜いたあとにチーズを入れて焼くなど、洋風にアレンジする食べ方も人気があります。もとはご飯ですから、カレー味との相性も抜群です。

ユニークな見た目のきりたんぽと相まって、秋田県以外でも広く知られているきりたんぽ鍋。秋田杉の串や、比内地鶏は地元ならではですが、通販などで材料も販売されていますし、身近な材料でもきりたんぽ鍋風の味を楽しむことができますので、ぜひ作ってみてくださいね。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。