健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。


季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。

そもそも「初物」とは

「初物」とは、季節ごとに初めてできた穀物や野菜、果物のほか、初めて取れた魚のことを指します。

日本の食材には、「走り」「盛り」「名残」の3種類の「旬」があるといわれます。「走り」はその季節に初めて収穫された農作物や漁獲物のこと。「盛り」は流通量が増えて食材を最もおいしく食べられる、いわゆる「出盛り期」のことで、「名残」は「また来年食べられるように」と季節の終わりに名残惜しんで食べるものという意味があります。つまり、初物とは日本の食材の旬でいう「走り」にあたります。

初物はただ単純にその季節に最初に取れたものというだけではなく、1年で初めてのものを食べることで寿命や運気を上げられる縁起がよい食べ物としても重宝されました。「初物七十五日」という言葉があるように、初物は食べると寿命が75日延びるといわれたほどなのです。

江戸っ子の「初物食い」が初物のステータスを上げた

「初物食い」という言葉を聞いたことはありませんか。これは文字通り、初物を好んで食べる人のことを指す言葉で、日本人は初物好きともいわれます。しかし、初物はまだ価格が高く、食材が最もおいしくなる前の段階の食材。それにもかかわらず、なぜ日本人は初物を好むのでしょうか。

初物食いの歴史をさかのぼると、江戸時代の文化にたどり着きます。庶民の間で「初物を食べると寿命が75日延びる」という風習が流行し、たとえ高価であっても競うように初物を食べるようになりました。その影響で農作物や魚類の出荷が早まり、価格が高騰。幕府が出荷規制をかけたほどでしたが、初物の流行は続いたのです。
このような江戸っ子の初物食いが、初物のステータスを上げたといえます。

初物の中でも「四天王」に数えられる「初鰹、初鮭、初茄子、初茸」

人々が初物食いにこだわるようになった江戸時代から、さまざまな食材が初物として食べられてきましたが、特に人気が高かったのが「初物四天王」と呼ばれた初鰹、初鮭、初茄子、初茸(松茸)です。その中でも、夏の初鰹はとびきり「粋」とされた、人気ナンバーワンの食材。非常に高価にもかかわらず、人々は春に取れる鰹をわれ先にと買い求めるほどだったそうです。

他にも、江戸時代の初物ランキングが記された江戸時代の書物「初物評判福寿草」を見ると「春の若菜」「早蕨(さわらび)」「新酒」「初蕎麦」など、現代の日本でも初物としてもてはやされるものが並んでいます。

江戸っ子気分で「初物」を

初物といえば、鰹をはじめとした魚類ははずせません。世田谷自然食品の厳選グルメ特選便では、面倒な調理不要で手軽においしい魚を食べられる「厳選さかな定期便」をお届けしています。いろいろな魚を食べたい、気軽に魚料理を楽しみたい方におすすめです。

旬のものは旬の時期にしか食べられなかった江戸時代とは異なり、現在は農業の発達によって1年を通して食べられる食材が増えました。とはいえ、全ての食材が季節を問わず入手できるわけではなく、今も特定の季節だけしか食べられない食材はまだまだあります。季節を感じながら味わえる初物をあえて選んで、江戸っ子のような気分で味わってみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食をちょっとした工夫でヘルシーに

健康メニュー|朝食をちょっとした工夫でヘルシーに

朝食は、1日のスタートを切るための大事な栄養源です。できるだけ栄養バランスのとれたヘルシーメニューを摂りたいものですが、毎朝続けるのはなかなか難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。今回は、少しの工夫で朝食をヘルシーにするコツをご紹介します。


健康メニュー|春の郷土寿司、全国津々浦々の美味しさを訪ねて

健康メニュー|春の郷土寿司、全国津々浦々の美味しさを訪ねて

春の旬の食材が味わえる「郷土寿司」。古くから保存食としてや、お祭りやお祝いの席で食べられてきた趣のある料理で、地域ごとにさまざまな個性を持っています。今回は、長く愛され続けてきたその歴史や味わいについて詳しくご紹介します。


最新の投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

旬の梅が出回る5月から6月にかけての間は、梅の実やガラス瓶をスーパーなどで見かける機会が多いものです。この時期は、「梅仕事」を行うことが一種の季節行事とされてきました。夏の疲労回復対策も兼ねて、いちばんおいしい時期の梅を使った自家製の保存食作りにチャレンジしてみましょう。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。