健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。

世界でも人気、日本のいちご

日本は無類のいちご好き。生食での消費量は世界一とも言われ、日本の品種は約300種。これは世界にあるいちご品種の半分を占めるという説もあるほどです。世界でも日本のいちごは人気で、輸出も増加しています。

日本各地で品種改良がされており、大きくて重量のある「あまおう」や、甘みが強くて中心部まで赤い「紅ほっぺ」など、個性的で魅力ある品種が誕生しています。

いちごは野菜? くだもの?

園芸学(農学の一つ)では、木の実はくだもの、草の実は野菜と分類します。したがって草の実であるいちごは野菜です。とはいえ、実際にはくだもののように食べられており、そのため「果実的野菜」と呼ばれています。

種に見える部分が「果実」

いちごの甘酸っぱい赤い部分は、果実ではありません。実は表面にあるたくさんのツブツブがいちごの果実であり、一つひとつのツブツブの中に種が入っています。このような果実を「集合果」と呼びます。

いちごにまつわる記念日

いちごの旬はいつだと思いますか?露地栽培でのいちごは4月~6月ですが、現在はクリスマスケーキのいちごのように冬に需要が高まっているため、ハウス栽培と品種改良が進み1月~3月に多く出回るようになりました。
いちごがおいしい冬の1月15日は、いちごの日。「イイいちごの日」の語呂合わせです。出荷が増えているころですから、ぜひお手にとってみてくださいね。

いちごにまつわる日はそれだけではありません。毎月22日は「ショートケーキの日」。マンスリーカレンダーで見ると22日の真上が15日のため、15(いちご)が上にあることから「ショートケーキの日」となったのです。

新鮮ないちごの選び方&冷蔵方法

新鮮ないちごの選び方

いちごはとてもデリケート。新鮮ないちごは手で触れなくとも見た目で分かります。店頭で選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

<新鮮ないちごの特徴>

・ヘタが濃い緑色で、乾燥していない
・全体にハリとツヤがあり、ヘタの近くまで色づいている

いちごの冷蔵方法

いちごは追熟しないので、買ったら早めに食べるようにしましょう。冷蔵庫に保存する際は、洗わずにラップをして野菜室へ入れ、食べる直前に洗ってください。ヘタをとってから洗うと切り口が水っぽくなってしまうので、できれば洗ってからヘタをとるのがおすすめです。

ちなみに、冷凍保存も可能です。冷凍する際には洗ってヘタをとり、水気を拭き取ってから冷凍庫に入れましょう。冷凍したいちごはジャムやスムージーに使用できるほか、自然解凍すればシャーベット状のいちごを楽しめます。

いちごは春のイメージがありますが、需要の高まりから冬の味覚としても愛されています。店頭に並ぶいちごを見て、冬の到来を感じる方も多いのではないでしょうか?あまり見かけない品種を見つけたら、ぜひ食べ比べしてみてくださいね。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


健康メニュー|懐石、会席、定食、御膳 それぞれの違いって?

健康メニュー|懐石、会席、定食、御膳 それぞれの違いって?

懐石、会席、定食、御膳は、さまざまな料理が盛り合わせになっているメニューとして定着しています。何となくどんな料理の構成なのかがイメージできるかもしれませんが、実際にはどんな違いや意味合い、発祥の背景などがあるのでしょうか。今回は、懐石、会席、定食、御膳、それぞれの細かな違いについて解説します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。