健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|海の魚がなぜ「河豚」? 「フグ」の豆知識

健康メニュー|海の魚がなぜ「河豚」? 「フグ」の豆知識

フグといえば、からだを大きくふくらませる、毒を持っているなどの特徴はよく知られていますが、漢字表記の「河豚」の由来や可食部の栄養素についてはよく知らない方も多いのではないでしょうか。今回は、「河豚」の由来を含むフグの基本知識やフグの栄養、おすすめの食べ方についてご紹介します。


フグといえば、からだを大きくふくらませる、毒を持っているなどの特徴はよく知られていますが、漢字表記の「河豚」の由来や可食部の栄養素についてはよく知らない方も多いのではないでしょうか。今回は、「河豚」の由来を含むフグの基本知識やフグの栄養、おすすめの食べ方についてご紹介します。

「河豚(フグ)」はなぜ「河の豚」?

フグとは、世界中に約300種類以上あるフグ目フグ科の魚の総称です。海で生息する魚と思われがちですが、種類によって生育環境は異なり、東南アジアやアフリカなどの地域では淡水に生息する種もあります。

フグは漢字で「河豚」と書きます。なぜこの漢字が当てられたかという由来は、中国にあります。中国では、昔から黄河や揚子江などの川に生息するメフグが食用とされており、フグがまるで豚のような見た目だったことが、「河豚」という名称の由来といわれます。

フグはずんぐりとしたからだをふくらませることで有名です。これは、命の危険を感じた時、内臓にある「膨張のう」という袋を水や空気でふくらませてからだを大きくし、外敵から身を守っているのです。また、フグはトゲのようなうろこを持つものや、うろこのないものがあるなど、他の魚と異なる特徴を持っています。

フグが持つ他の魚と大きく異なる特徴といえば、毒です。フグの肝臓や卵巣などの内臓には、テトロドトキシンという神経毒が含まれています。毒の強さは個体差や季節によっても差が大きく、特に12月から3月までの間に漁獲されたフグのテトロドトキシンは毒性が強くなります。テトロドトキシンは青酸カリの1000倍以上ともいわれる猛毒で、加熱しても分解されることはなく、解毒剤もありません。フグ毒の食中毒にかかるケースは素人調理によるものが大半なので、フグは必ず資格所持者が調理する必要があります。

毒があるのは知っているけれど……フグの栄養は?

フグには毒があることはよく知られていますが、フグの可食部の栄養について知っている方はなかなかいないのではないでしょうか。漁獲量が多い代表的なフグの種類「マフグ」は身と白子が可食部ですが、可食部100グラムあたりのカロリーは、鶏ささみよりも低い78キロカロリー。たんぱく質が18.9グラムも含まれているため、ダイエット食によく用いられる鶏ささみよりも低カロリーでヘルシーな食材なのです。

その他にも、フグにはナトリウムを体外に排出するカリウム、糖質や脂質、たんぱく質をエネルギーに変える際に必要不可欠なナイアシン、貧血予防に効果的な鉄や亜鉛などの豊富な栄養が含まれています。マフグに関しては、疲労回復効果が期待できるアミノ酸の一種アスパラギン酸がトラフグの4倍も含まれています。毒はあるものの、フグは無毒な可食部のみであれば健康や疲労回復によい効果が期待できる栄養豊富な魚です。

フグのおすすめの食べ方

フグは、さまざまな方法でおいしく食べられる魚です。フグの代表的な食べ方といえば、刺身。薄く引いたフグの刺身「フグ刺し」は、花のように大皿に美しく盛り付けられます。これには高い技術が必要で、目でも楽しめるフグ料理の醍醐味を味わえる料理です。

フグの身の食感を楽しみたい時は、カラッと揚げた唐揚げにしてみましょう。淡白な味わいのふっくらとした身は、油で揚げることで香ばしさがアップします。衣を薄めにすると、さっくりとした歯ざわりでヘルシーに仕上げられます。
冬は、からだがあたたまる鍋料理にすると、あっさりとしたヘルシーなフグの身と、野菜の出汁の味わいが楽しめます。鍋を食べ終わった後にごはんと溶き卵を入れて作るおじやは、フグと野菜のコクとうま味たっぷりな鍋のシメのメニューになります。

おじやももちろんおいしいですが、ぜいたくにフグ雑炊として単品で食べるのもおすすめ。世田谷自然食品の「雑炊3種セット」では、カニ雑炊、紅鮭雑炊に加えてフグの豊かな味わいとふわふわの卵の味が溶け合ったフグ雑炊をセット。フリーズドライなので、お湯を注ぐだけで手軽に本格的なフグを楽しめる雑炊が味わえます。

フグは他の魚と異なる形状や毒を持つ危険性のある魚ですが、きちんと調理していれば安全に、おいしい身を味わえます。これからの季節は鍋料理としても楽しめるので、さまざまな調理法でフグを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|冬は特においしくなる「ブリ」

健康メニュー|冬は特においしくなる「ブリ」

「ブリ」は、冬に旬を迎える、出世魚としても知られる魚です。和食のメニューにも取り入れられ、縁起のよい魚としておせち料理として口にする機会も多いのではないでしょうか。今回は、そんなブリの基本情報や栄養、おすすめの食べ方をご紹介します。


健康メニュー|実は万能だった!塩昆布の栄養と正しい保存法について

健康メニュー|実は万能だった!塩昆布の栄養と正しい保存法について

食卓に準備しておくと便利なのが塩昆布。おかずがやや物足りない時のご飯のおともにする他、おにぎりやお漬物にと、あれこれ重宝します。原料は昆布なのでうま味もあり、健康にうれしい栄養素も多く含まれています。何より昆布そのままよりも、手軽に食することができるのが魅力です。今回は、塩昆布の豊富な栄養と保存法などについてご紹介します。


健康メニュー|蒸して作るのになぜ「焼売」?

健康メニュー|蒸して作るのになぜ「焼売」?

焼売は、日本の定番中華メニューとして親しまれている料理です。蒸して作るのが一般的ですが、なぜ「焼」という文字が付いているのでしょうか。今回は焼売の名前の由来をはじめとして、日本独自の焼売文化や焼売の栄養、アレンジメニューをご紹介します。


健康メニュー|柚子胡椒は「胡椒」なのに、なぜピリ辛?

健康メニュー|柚子胡椒は「胡椒」なのに、なぜピリ辛?

柚子胡椒は、名前に「胡椒」とついていますが、なぜか「胡椒」の刺激ではなくピリッとした辛さがある調味料。香り高くアクセントになる辛さは、さまざまな鍋料理、うどん、パスタ、和え物などによく合い、味わいに深みを与えてくれます。今回は、柚子胡椒の名前の由来をはじめ、栄養面、健康的な食べ方についてご紹介します。


健康メニュー|「ポトフ」野菜と肉のうま味がしみじみおいしい

健康メニュー|「ポトフ」野菜と肉のうま味がしみじみおいしい

肌寒い夜には、あたたかくてやさしい味のものが食べたくなりますね。フランスの家庭料理「ポトフ」は野菜と肉を柔らかく煮込んだ、洋風おでんのようなメニューです。日本の出汁文化にも通じる奥深い味わいを楽しめます。


最新の投稿


教えたくなる!クリスマスの豆知識 ~キリストの本当の誕生日、ツリー飾りの知られざる意味など~

教えたくなる!クリスマスの豆知識 ~キリストの本当の誕生日、ツリー飾りの知られざる意味など~

12月がやってくると街路樹がライトアップされ、街並みが華やかに彩られます。日本ではクリスマスを宗教に関わらず楽しみますが、そのためかクリスマスについて知らないことも多いのではないでしょうか。この時季にぴったりな、思わず教えたくなるクリスマスの豆知識をご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|冬は特においしくなる「ブリ」

健康メニュー|冬は特においしくなる「ブリ」

「ブリ」は、冬に旬を迎える、出世魚としても知られる魚です。和食のメニューにも取り入れられ、縁起のよい魚としておせち料理として口にする機会も多いのではないでしょうか。今回は、そんなブリの基本情報や栄養、おすすめの食べ方をご紹介します。


健康メニュー|実は万能だった!塩昆布の栄養と正しい保存法について

健康メニュー|実は万能だった!塩昆布の栄養と正しい保存法について

食卓に準備しておくと便利なのが塩昆布。おかずがやや物足りない時のご飯のおともにする他、おにぎりやお漬物にと、あれこれ重宝します。原料は昆布なのでうま味もあり、健康にうれしい栄養素も多く含まれています。何より昆布そのままよりも、手軽に食することができるのが魅力です。今回は、塩昆布の豊富な栄養と保存法などについてご紹介します。


健康メニュー|蒸して作るのになぜ「焼売」?

健康メニュー|蒸して作るのになぜ「焼売」?

焼売は、日本の定番中華メニューとして親しまれている料理です。蒸して作るのが一般的ですが、なぜ「焼」という文字が付いているのでしょうか。今回は焼売の名前の由来をはじめとして、日本独自の焼売文化や焼売の栄養、アレンジメニューをご紹介します。