健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。

長崎カステラとは

長崎カステラとは、約400年前にポルトガルから伝わった南蛮菓子から誕生した、長崎を代表する西洋菓子です。卵と小麦粉、砂糖と水あめを原料に作られるカステラは、底の部分にジャリジャリとした食感のザラメが残っているのが特徴。油脂を使わずに、砂糖と水あめでふんわりとした甘さとしっとりとした食感に仕上げています。

長崎には江戸時代から続くカステラの老舗や名店が多く、老舗店では卵と砂糖を多めに使った高級品「五三焼」、チョコレートを加えたチョコカステラなど、ベーシックなカステラから派生したお菓子も人気です。

長崎カステラの由来

ポルトガルとの貿易を行っていた長崎県の平戸に、1556年にポルトガルの宣教師が医療とともにカステラを伝えたのが起源とされています。現在のスペインにあったカスティーリャ王国のお菓子「ビスコチョ」、またはポルトガルの焼き菓子「パン・デ・ロー」が起源といわれ、「カステラ」という名称もポルトガル語でカスティーリャ王国を示す「Castella」が由来といわれます。

なお、カステラと同時期に長崎や福岡に伝わった南蛮菓子由来のお菓子「鶏卵素麺」、卵黄を絡めたカステラを糖蜜で揚げた平戸市の名物菓子「カスドース」、カステラを参考に作られた鶏卵を使った岩手県の「卵めん」など、長崎カステラから派生した郷土菓子が日本各地に存在しています。

卵めんについて、詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

長崎カステラはアレンジレシピも人気

長崎カステラは、長い棒状の棹菓子(さおがし)であることから、一度にたくさんの量をいただく機会もあるもの。そのまま食べてもおいしい長崎カステラですが、量が多すぎると余ってしまうこともあるでしょう。そんな時は、カステラを人気のアレンジレシピで調理してみるのがおすすめです。

長崎カステラをフレンチトーストにアレンジ

余った長崎カステラは、フレンチトーストにアレンジしてみましょう。普通のフレンチトーストと同じ要領で、卵と牛乳を混ぜた卵液にパンの代わりとしてカステラを染み込ませて、バターやマーガリンを溶かしたフライパンで焼くだけです。食べ残して乾燥しかけたカステラでも、フレンチトーストにすることでしっとりとおいしく味わえます。生クリームやフルーツを添えたり、卵液にカフェオレを混ぜて焼いたりするなど、長崎カステラのフレンチトーストは味わい方も多彩です。

長崎カステラをスポンジとして活用

長崎カステラは、スポンジの代用品としてもスイーツ作りに使えます。コーヒーを染み込ませたスポンジを使うイタリアのケーキ「ティラミス」も、カステラを使って作れるお菓子のひとつです。溶かしたインスタントコーヒーを、厚さ1センチ程度にカットしたカステラに染み込ませて容器に敷き詰め、生クリームを混ぜたマスカルポーネチーズをその上に乗せましょう。これを4層ほどにして、最後にココアパウダーを振りかけると、カステラのティラミスができあがります。
カステラに染み込ませるコーヒーに洋酒を加えるとより本格的に仕上げられるほか、マスカルポーネチーズクリームの代わりにはちみつとレモン汁を加えた水切りヨーグルトを使うと、さっぱりとした味わいのティラミスになります。

400年以上もの長い歴史を持つ長崎カステラは、比較的気軽に味わえるスイーツのひとつ。そのまま味わうのはもちろん、アレンジしてさまざまな味を楽しんでみましょう。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|「すき焼き」野菜や豆腐も栄養満点

健康メニュー|「すき焼き」野菜や豆腐も栄養満点

和食を代表するメニューのひとつ「すき焼き」は、江戸末期に生まれた肉料理です。関東風と関西風で調理方法が異なるすき焼きは、定番具材の肉や野菜でさまざまな栄養が摂取できる栄養満点メニュー。今回は、すき焼きの歴史や関東・関西の違い、定番具材の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。