健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|おうちラーメンでおいしくヘルシーに

健康メニュー|おうちラーメンでおいしくヘルシーに

ラーメンは一品料理で野菜が少なく、外食では栄養バランスが偏りがちなメニュー。おいしく栄養を摂るには、家庭で野菜たっぷりのラーメンを作るのがおすすめです。今回は、家庭で作るラーメンの栄養をアップさせるレシピをご紹介します。アイデア次第でアレンジは無限大。冷蔵庫にある材料でサッと調理できるのもうれしいポイントです。


ラーメンは一品料理で野菜が少なく、外食では栄養バランスが偏りがちなメニュー。おいしく栄養を摂るには、家庭で野菜たっぷりのラーメンを作るのがおすすめです。今回は、家庭で作るラーメンの栄養をアップさせるレシピをご紹介します。アイデア次第でアレンジは無限大。冷蔵庫にある材料でサッと調理できるのもうれしいポイントです。

ラーメンは栄養バランスが摂りにくい?

日本の国民食として愛されているラーメン。全国各地にご当地ラーメンが存在し、街にひしめく数々のラーメン店がそれぞれに個性豊かな味を提供しています。

しかし、ラーメンの麺は炭水化物で、スープには多くの塩分や脂質が含まれています。また、一般的なラーメンは、チャーシューやネギ、メンマなどが定番の具材で、野菜が不足しがちです。「ラーメンは食べたいけれど、栄養バランスが気になる……」という方は多いかもしれません。そこで、栄養バランスを考えて作る「おうちラーメン」を楽しんでみてはいかがでしょうか。自由にアレンジを加えて、お好みの味を見つけてみてください。

おうちラーメン アレンジで栄養たっぷりに

家庭で作るおうちラーメンのアレンジアイデア

調理が簡単ですぐに食べられるのがおうちラーメンの魅力です。トッピングする具材は何でもOKですが、せっかくなら栄養バランスを意識してチョイスしたいもの。冷蔵庫にある食材をうまく活用して、具だくさんのおいしいラーメンを作りましょう。

手軽に使えるカット野菜

キャベツやニンジン、タマネギなど数種類の野菜が、食べやすい大きさに切られた状態で販売されているカット野菜。下ごしらえの手間がなく、すぐに食べられて便利です。電子レンジで加熱するだけで使えて、炒める必要がないので、油分をカットすることにもつながります。いろいろな野菜を少しずつ食べられるのもうれしいですね。カット野菜はスーパーやコンビニなどで手軽に購入でき、冷凍品ならストックしておけます。

チンゲンサイ・小松菜・ブロッコリーで彩りを

具材に緑の野菜が加わると、彩りがアップして食欲をそそります。ホウレンソウはラーメンの定番具材のひとつですが、チンゲンサイや小松菜などの葉物野菜のほか、ブロッコリーもおすすめ。食べやすい大きさにカットして、麺をゆでる時に使うお湯でサッと湯がくか、電子レンジで加熱するだけでOKです。加熱しすぎると色が悪くなったり、食感が損なわれたりするので注意してください。

豆もやしで栄養も食感もプラス

豆が付いている豆もやしは、一般的な緑豆もやしよりも栄養価が高いそうです。豆もやしには、血中コレステロールを低減させる大豆たんぱく質や、体内のホルモンバランスを整える大豆イソフラボンなどが豊富に含まれています。また、豆もやしを入れると、食感のアクセントになり食べごたえがアップ。よく噛んで食べることで食べすぎの予防にもつながります。

温泉卵でたんぱく質をチャージ

ラーメンは、野菜だけでなくたんぱく質も不足しやすいメニューです。そこで、卵をプラスしてたんぱく質を補いましょう。ラーメンには、ゆで卵を漬けダレで味付けした煮卵が添えられていることが多いですが、温泉卵なら塩分をよりひかえめにすることができます。また、固ゆで卵より半熟卵のほうが、消化がよいといわれています。

鍋料理の残り汁を活用

鍋料理は冬の定番。おいしく味わったあと、残ったスープを使ってラーメンにするのもいいですね。肉や魚介、野菜のうま味がたっぷり溶け込んだスープに、麺と余った具材を加えて煮込むだけ。ショウガや柚子胡椒などで調味すれば、ひとつの鍋で2度楽しめます。

スープの飲みすぎに要注意

万能ネギやコーンなどの細かい野菜は、食べる時に一緒にスープをすくうので、スープの飲みすぎによって塩分過多になるリスクがあります。塩分をカットするためには、箸で取って食べましょう。

スープと麺の組み合わせによって、多彩なバリエーションが生まれるラーメン。お好みの具材をトッピングして、おうちラーメンを楽しみましょう。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。