健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|納豆×しいたけ 和食の人気者コンビで動脈硬化を防ごう!

健康メニュー|納豆×しいたけ 和食の人気者コンビで動脈硬化を防ごう!

冬は血液循環の不調が気になる季節でもあります。不調のきっかけとなりやすい動脈硬化を防ぐには、生活習慣だけでなく食生活も日々意識しておきたいもの。今回は、動脈硬化を防ぐ組み合わせとして、和食の人気者コンビでもある「納豆×しいたけ」についてご紹介します。


冬は血液循環の不調が気になる季節でもあります。不調のきっかけとなりやすい動脈硬化を防ぐには、生活習慣だけでなく食生活も日々意識しておきたいもの。今回は、動脈硬化を防ぐ組み合わせとして注目したい、「納豆×しいたけ」についてご紹介します。

寒い季節は動脈硬化が進みやすい

寒くなると、体は血管を収縮させることで、体温を下げすぎないよう調節します。ただ、この状態が続くと血液の流れが悪くなり、血管が硬くなったり、詰まって狭くなったりする動脈硬化が進むことに。動脈硬化の進んだ血管はもろくなってしまうため、心臓や脳に負担がかかってしまうのです。

納豆は動脈硬化に効果大!

この動脈硬化を防ぐ食品として注目されているのが「納豆」です。さっそく、その理由についてご紹介します。

大豆イソフラボンが悪玉コレステロールを減らす

動脈硬化を進めるのは、血管にたまってしまう悪玉コレステロール(LDLコレステロール)。改善のためには、悪玉を排除する善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やさなければなりません。そこで効果が期待できるのが大豆イソフラボン。納豆に含まれる大豆イソフラボンは“善玉”を増やし、“悪玉”を減らしてくれるのです。

大豆レシチンがコレステロールのバランスを保つ

実は悪玉コレステロールも体には必要な成分なのですが、増えすぎてしまうと問題です。
悪玉も善玉も、バランスよく作られるように調整する必要があります。その鍵を握っているのが、悪玉コレステロールを減らすといわれているレシチンです。
レシチンの量が少なくなると、悪玉コレステロールが増加し、動脈硬化のリスクが高まってしまいます。レシチンは卵や大豆に含まれていますが、卵よりも大豆、つまり納豆に含まれるレシチンの方がよりいい働きをするのだそう。

ポリアミンが血管の炎症を抑える

イソフラボンやレシチンは大豆に多く含まれる成分ですが、大豆の発酵食品である納豆ならではの成分がポリアミン。もちろん、このポリアミンにも動脈硬化を抑える効果があります。
動脈硬化を防ぐには、コレステロールのバランスをとるとともに、血管内の炎症による老化を抑える必要があります。その炎症を起こす物質の増加を抑えるのが、ポリアミンなのです。体内でのポリアミン生成量は加齢とともに減少しますが、食品などで摂取すれば補うことができます。

しいたけにも動脈硬化を防ぐ「ポリアミン」が

納豆と同様にポリアミンを多く含み、和食の食材同士で納豆と相性がいいのが「しいたけ」です。生でも干しても食べられて調理法のバリエーションが広く、ポリアミンの他にもカルシウムやリンの吸収を助け、骨を強くするビタミンDや、血液をサラサラにしてくれるレンチオニンとグアニル酸などの成分を含んでいます。
ちなみに、マッシュルームなどしいたけ以外のきのこ類や、納豆と同じ発酵食品であるチーズ、鶏肉などもポリアミンを含んでいます。そのため、しいたけのかさの部分に納豆とチーズをのせて焼いた納豆チーズ焼きや、きのこと納豆の和風パスタ、ささみとしいたけの納豆和えなどは“動脈硬化予防”メニューとしておすすめです。

ポリアミンは加齢とともに体内で生成する量が減少してしまい、体の機能低下、つまり老化につながるとされています。逆にいえば、ポリアミンを補うことが、若々しさを保つことにもつながるというわけです。動脈硬化予防に限らない健康効果が期待できる「納豆×しいたけ」、ぜひ毎日の食卓に意識して取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。