健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|シチューと主食の組み合わせ パン・ご飯・パスタをどう合わせる?

健康メニュー|シチューと主食の組み合わせ パン・ご飯・パスタをどう合わせる?

鍋一杯に作ったシチュー。夜はご飯、朝はパンに合わせて……といった食べ方をすることもあるでしょう。さまざまな主食に合うシチューですが、栄養面からみるとどの組み合わせが良いのでしょうか?今回は、シチューと主食の組み合わせについてご紹介します。


鍋一杯に作ったシチュー。夜はご飯、朝はパンに合わせて……といった食べ方をすることもあるでしょう。さまざまな主食に合うシチューですが、栄養面からみるとどの組み合わせが良いのでしょうか?今回は、シチューと主食の組み合わせについてご紹介します。

量あたりのエネルギーはパスタやパンが高め、ただし1人前に換算すると……?

同じ分量でエネルギー量を比べるとパスタやパンがやや高め

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によると、食パンのエネルギー量は100グラムあたり260kcal、ご飯は100グラムあたり168kcal、パスタ(乾麺)は100グラムあたり378kcal。フランスパンやロールパンは食パンよりさらに高めですから、同じ量で比べると、パスタやパンのエネルギー量がやや高めなのがわかります。

1人前に換算すると、パンよりご飯のほうが高めに!

しかし、食パン1枚(6枚切)の重量は約70グラムですし、ご飯お茶わん1杯分は約150グラムと、1人前の量は主食によってまったく異なってきます。
そこで、改めて1人前に換算すると、食パンのエネルギー量は182kcal、ご飯は252kcal。パスタ(乾麺)は1人前がちょうど約100グラムなので変わらず高めですが、パンよりもご飯のほうが、エネルギー量が高めになるのです。

主食をどう食べるか 献立も重要

バター1人前で食パン2枚分以上の脂質が

パンやご飯などの主食を「どう食べるか」は重要なポイントです。例えば、食パンをそのまま食べるのではなく、バター(1人前約10グラム)を塗って食べると、エネルギー量は257kcalと、ご飯やパスタよりも少々高めという程度。しかし、バター1人前には食パン2枚分以上の脂質が含まれていますから、あっという間に食パン3枚分の脂質を摂ることになってしまうのです。シチューによく組み合わせられるバターライスも同様です。

ご飯のお供は塩分の摂り過ぎにつながりやすい

シチューやサラダなど洋風の献立にご飯を組み合わせる場合、ご飯には漬物や佃煮などのいわゆる「お供」を別に用意するということもあるでしょう。漬物や佃煮は味付けの濃いものが多いので、うっかり食べ過ぎると塩分の摂り過ぎにもつながります。食べる量には気をつけたいところです。

パスタを別メニューにすると脂質も塩分も多く

パスタにシチューをかけて食べるような献立であれば良いのですが、パスタにも別のソースをかけたりあえたりして食べるとなると、1食にメインメニューが2つある状態になってしまいます。脂質も塩分も多くなってしまうので、それぞれの量を控えるなど工夫したいところです。

「よく噛む」をポイントに主食を選んでみよう

シチューの具は柔らかいので、早食いのもとに

脂質や塩分の摂り過ぎと併せて気をつけたいのが、よく噛まずに食べてしまう「早食い」です。シチューは汁もので、なおかつ具も柔らかいことが多いので、まさに飲み込むように食べてしまいがち。満腹を感じるには噛むことが重要ですから、シチューに柔らかい主食を合わせると、早食いになり量を食べ過ぎてしまうこともあります。

雑穀入りのパンやご飯などでしっかり噛んで

よく噛むためにおすすめの主食は、雑穀入りのパンや、雑穀米を炊いたご飯などがあります。全体的に固いのではなく、食感の異なる穀物が複数入っているので、食べづらいこともなく、よく噛むきっかけになってくれます。ビタミン類、ミネラル類などの不足しがちな栄養素にも富んでいるので、栄養面からもおすすめです。

サラダをつけ合わせるのはもちろん、野菜サンドやパスタサラダもおすすめ

シチューのつけ合わせとして定番のサラダには、ビタミンCなどの栄養を補うだけでなく、繊維質の生野菜をよく噛んで食べるという効果も期待できます。パンやパスタを汁もので流し込みがちな方には、野菜サンドやパスタサラダで、野菜と一緒によく噛んで食べる献立もおすすめです。

シチューと組み合わせる主食は「どれが栄養面で優れている」というよりも、食べ方や量がポイントになってきます。シチューかけご飯をかき込む食べ方より、少しだけでもサラダを用意したり、よく噛むことを意識したりして、より健康的にシチューを味わってくださいね。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。