健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|「冷房病対策」 暑い季節でも冷えには要注意!

健康習慣|「冷房病対策」 暑い季節でも冷えには要注意!

暑さの厳しい日中、屋外から冷房の効いた室内へ入ると、涼しく心地よいものですね。夏は、外からのお客さまを迎えるために強く冷房を効かせている店舗やオフィスなども多いようです。一方、冷房の効いた場所に長時間滞在すると、冷え過ぎで体調を崩してしまうことも。こうした「冷房病」とその対策について、ご紹介いたします。


暑さの厳しい日中、屋外から冷房の効いた室内へ入ると、涼しく心地よいものですね。夏は、外からのお客さまを迎えるために強く冷房を効かせている店舗やオフィスなども多いようです。一方、冷房の効いた場所に長時間滞在すると、冷え過ぎで体調を崩してしまうことも。こうした「冷房病」とその対策について、ご紹介いたします。

現代ならではの症状、「冷房病」とは

人間の体温調節をつかさどる自律神経は、5℃以上の急な気温差があると変化に対処しきれなくなるといわれています。長時間冷房で冷え切った店舗やオフィスにいた後、急に暑い外へ出て……といったことが繰り返されると、自律神経がうまく働かなくなります。汗が出にくくなったり、手足、肩や腰、おなかと徐々に冷えを感じる場所が広がっていったり、疲れやすくなるなどの症状が出始めるのです。「冷房病」とはこうした経緯から名付けられた通称で、正式な病名ではなく、いわゆる冷え性の一種と考えられています。比較的軽い不調として扱われがちですが、ひどくなると冷房を使うことすらできなくなったり、日常生活に差し支えるほどの体調不良につながることもあるので、注意が必要です。

冷やし過ぎない環境・身体づくりを

身体を冷やし過ぎることで起こる不調ですから、大切なのはやはり冷やし過ぎないこと。自律神経に影響しないように「室内と室外との気温差を少なくする環境づくり」を心がけたり、自分の身の回りを調整して「身体そのものを冷えから守る」などの対策が必要になってきます。主な対策方法をご紹介しますので、それぞれの生活に合う方法を見つけてぜひ試してみてください。

今日からできる!冷房病対策

1. エアコンの設定温度を上げる、風が直接当たらないようにする

エアコンの調整ができる環境であれば、設定温度を上げて外との気温差を少なくするのが一番手軽な対策法です。しかし、オフィスなどではそう簡単にいかないもの。その場合は、エアコンの風が直接当たらないように、デスクの場所や風向きなどを調整するだけでも身体に与える影響は違ってきます。

2. 冷たい飲食物を控え、温かい飲食物を積極的にとる

氷でキンキンに冷やされた飲み物やアイスクリームなどは、暑い季節ならではの楽しみ。でも、身体は余計に冷えてしまいますし、内臓にも負担がかかります。できれば温かい飲食物をとるようにしましょう。特に生姜の入った紅茶など、内側から身体を温める働きのあるものがおすすめです。

3. 羽織りものやひざ掛け、カイロで身体を温める

羽織りものやストールで首・肩が冷気にあたらないようにしたり、ひざ掛けで足元が冷えるのを防ぎましょう。お腹や腰が冷える人は、洋服の中にカイロを忍ばせましょう。マスクをして、冷えた空気を直接吸い込まないようにするのもおすすめです。

4. お風呂をシャワーだけで済ませず、湯船につかる習慣をつける

こちらは普段の生活で冷えにくい身体をつくる方法。夏場はついシャワーだけで済ませがちですが、38~40℃のぬるめのお湯をため、20~30分かけて湯船にゆっくりとつかってみましょう。身体を温めることで自律神経のバランスが整えられ、体内の体温調整機能が改善されます。

5. 毎日軽い運動をする習慣をつける

これも冷えにくい身体づくりのポイントです。運動することで血行を促し、自律神経を刺激して体温調整の機能を整えます。ジムやプールに通って身体を動かすのもよいですが、そこまで本格的な運動でなくても大丈夫。近所をウォーキングしたり、お風呂上がりにストレッチをしたり、10分程度でいいので毎日続けることを心がけましょう。

温かい飲食物や運動の習慣は、冷房病対策だけでなく、冬場の冷え性対策や季節を問わない健康法として一年中実践したいところ。冷えにくい身体を目指すこと=健康な身体を目指すことでもありますから、ぜひ生活に取り入れてみてください。

関連する投稿


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

おうち時間や感染予防対策が日常になってから、慢性的な運動不足や体調不良に悩まされている方も多いようです。METs(メッツ)とはスポーツだけでなく、料理や通勤、草むしりなど、生活上のさまざまな活動の運動強度が分かる単位です。スポーツが苦手でも、日常生活でMETsの高い動きを心がければ、いまよりも運動不足を解消でき、ダイエット効果も期待できるはずです。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。