健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。
この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。
この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。

日本各地で続いている行事 「事八日」とは?

「事八日」とは、2月8日、12月28日、年2回行われる行事で、「事八日」は、事を始めたり、収めたりするのに大切な日とされています。「事八日」の風習は日本各地で続いていて、八日節供、八日待(まち)、八日ぞう、事始め、事納めと、地域によってざまざまな言い方があります。

「事八日」には、2つの捉え方があります。ひとつは、「事八日」の事が仕事を意味し、「事」が農業に関わる農耕儀礼である場合は、正月後に農業を始める2月8日が事始めで、その年の農作業を終える12月8日が事納めになります。もうひとつは、「事」が年神(正月に幸せをもたらす神様)を迎える儀礼である場合は、正月の準備を始める12月8日が事始めで、正月後に全ての片付けをする2月28日が事納めとなります。
これが、「事八日」の日付が2つある理由であり、どちらの解釈であっても大事な日と考えてきました。

具材たっぷりのみそ汁「お事汁」とは?

「お事汁」は、「事八日」に無病息災や五穀豊穣を願っていただく、野菜や食材がたっぷり入っている具だくさんみそ汁です。基本の食材として、里芋、大根、にんじん、ごぼう、こんにゃく、あずきの6種類が入っていることから、別名「六質汁(むしつじる)」とも呼ばれています。具材は地方によって他の食材が加わることもありますが、魔除けになるとされるあずきだけは必ず入るのが特徴。具だくさんで栄養もしっかり摂れ、からだもあたたまる一杯は、古くから幸せを願う風習として続いています。

「お事汁」の具材は、栄養たっぷりでからだ想い

「お事汁」に入っている、里芋、大根、にんじん、こんにゃく、ごぼう、あずきは、どれも栄養価の高い食材となります。6つの基本食材の栄養や優れた働きについてご紹介します。

里芋

里芋には複数のぬめり成分が含まれています。ぬめり成分には胃を守る、たんぱく質の吸収を高める、肝臓の機能を高める、血圧を避ける効果があるといわれています。

大根

大根には、消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれています。消化を助ける他、咳、ノドの痛みを鎮める働きも期待できます。ジアスターゼは熱に弱いので生で食べるのがおすすめです。

にんじん

にんじんにはβ-カロテンが豊富で、体内でビタミンAに変換されると、肌や目の角膜を健やかに保つ力があるといわれています。その他、ビタミンE、カリウムも含み、栄養価に優れています。

こんにゃく

こんにゃくには、不溶性食物繊維であるグルコマンナンが豊富で、便通を促す作用があると昔から知られています。さらに近年では、コレステロールや血圧低下にも役立つことが分かってきました。

ごぼう

ごぼうは、食物繊維が豊富で、整腸作用や血糖値上昇の抑制に役立つといわれています。その他、ごぼうのあくにはポリフェノールが含まれ、抗酸化作用が期待できます。

あずき

あずきは、疲労回復ビタミンとしても知られるビタミンB1がたっぷり。さらに、ポリフェノール、たんぱく質、食物繊維、鉄分など、積極的に摂りたいさまざまな栄養を含んでいます。

毎日の食卓に欠かせないおみそ汁をさらにもっと便利に!世田谷自然食品のこだわりのあたたかい、おみそ汁はいかがでしょうか。フリーズドライなので、お湯をそそいで10秒でつくりたてのおいしさが完成します。

年に2回、明るい未来を願いながら、「事八日」にいただく「お事汁」。6つの食材の栄養が一度にたっぷり摂れる一杯で、からだも心もほっこり、芯からあたたまります。お住まいの地ならではの地元食材を加えて、アレンジしてみるのも楽しそうですね。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


健康メニュー|懐石、会席、定食、御膳 それぞれの違いって?

健康メニュー|懐石、会席、定食、御膳 それぞれの違いって?

懐石、会席、定食、御膳は、さまざまな料理が盛り合わせになっているメニューとして定着しています。何となくどんな料理の構成なのかがイメージできるかもしれませんが、実際にはどんな違いや意味合い、発祥の背景などがあるのでしょうか。今回は、懐石、会席、定食、御膳、それぞれの細かな違いについて解説します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。