健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|実は万能だった!塩昆布の栄養と正しい保存法について

健康メニュー|実は万能だった!塩昆布の栄養と正しい保存法について

食卓に準備しておくと便利なのが塩昆布。おかずがやや物足りない時のご飯のおともにする他、おにぎりやお漬物にと、あれこれ重宝します。原料は昆布なのでうま味もあり、健康にうれしい栄養素も多く含まれています。何より昆布そのままよりも、手軽に食することができるのが魅力です。今回は、塩昆布の豊富な栄養と保存法などについてご紹介します。


食卓に準備しておくと便利なのが塩昆布。おかずがやや物足りない時のご飯のおともにする他、おにぎりやお漬物にと、あれこれ重宝します。原料は昆布なのでうま味もあり、健康にうれしい栄養素も多く含まれています。何より昆布そのままよりも、手軽に食することができるのが魅力です。今回は、塩昆布の豊富な栄養と保存法などについてご紹介します。

塩昆布とは、乾物ではなく「佃煮」のこと

塩昆布というと、塩をまぶした乾燥昆布を想像するかもしれませんが、厳密には角切りにした昆布を濃口醤油やみりんなどで煮詰めた佃煮のことを指します。平安時代には、すでに似た一品があったといわれています。
塩昆布を乾燥させて、うま味成分や塩が白く粉をふいたようになったものを塩吹昆布といいます。
塩昆布は、だし用の昆布と違い水で戻す必要がないため、時間がない時こそ手軽に使える万能食材です。他の具材と合わせて炊き込みご飯にしたり、和え物や炒め物、サラダなどにしたり、幅広く活用できます。

昆布に含まれた栄養を余すところなく摂れる!

塩昆布の原料となる昆布には、さまざまな栄養素が豊富に含まれています。
骨の健康に欠かせない「カルシウム」、疲れ解消につながる「ビタミンB1・B2」、免疫力アップにうれしい「ヨウ素(ヨード)」、消化力を高めたい時に頼れる「食物繊維」、血管の健やかさと関係が深い「アルギン酸」、快腸な毎日のための「食物繊維」、貧血が気になる方に摂取したい「鉄分」と、優れた栄養素がぎっしり。
昆布の種類にもよりますが、多いもので100グラム当たり9.6ミリグラムも鉄分を含み、プルーンの約10倍もの量になります。塩昆布は、これらの栄養素を余すところなく凝縮し、おいしくいただけます。

気になる塩昆布の食塩相当量は、実は少なめ

おいしく便利な塩昆布ですが、気になるのがその塩分です。塩昆布の食塩相当量は、ご飯一杯にのせるのにちょうどよい量(1食分6グラムほど)として、約1グラムとなります。これは、梅干し一つ、みそ汁一杯よりも、塩分量が少なめとなります。
塩昆布の場合は、うま味成分であるアミノ酸「グルタミン酸」を含んでいるため、塩分量が少なくてもおいしさを感じられます。さまざまな料理に使うことで、ゆるやかに減塩することもできます。

健康のために塩分が気になる方、減塩制限をしている方は、こちらの記事をご参考ください。うま味たっぷりの減塩生活を続けられるはずです。

塩昆布は冷蔵NG!常温保存でおいしさを保つのが正解

塩昆布は、開封前でも開封後でも冷蔵保存には向きません。冷蔵庫に入れると、内部に結露や湿気が発生して味が変化してしまいます。おいしさを保つには、開封前から常温保存するのがよいでしょう。開封後は、密閉袋に入れてなるべく空気に触れないように保存しましょう。賞味期限は、メーカー表示によりますが半年から1年ほど、開封後は1ヵ月以内を目安に食べ切るようにしてください。

世田谷自然食品の「温彩特選便 彩り御膳 12食セット」は、急速冷凍で栄養を逃さず、毎月12種の彩り御膳をお届けします。なかには、「ブロッコリーとツナ塩昆布和え」の副食を含む御膳もご用意しています。プロの料理人、管理栄養士が監修し、おいしさも健康もご満足いただけます。

一見、地味な存在にも思える塩昆布ですが、あると調理の幅も広がり、さまざまな栄養も摂れる伝統的な食品です。多くの食材との相性もよいので、アイデア次第で新しいメニューに挑戦できます。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。