健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|「ポトフ」野菜と肉のうま味がしみじみおいしい

健康メニュー|「ポトフ」野菜と肉のうま味がしみじみおいしい

肌寒い夜には、あたたかくてやさしい味のものが食べたくなりますね。フランスの家庭料理「ポトフ」は野菜と肉を柔らかく煮込んだ、洋風おでんのようなメニューです。日本の出汁文化にも通じる奥深い味わいを楽しめます。


肌寒い夜には、あたたかくてやさしい味のものが食べたくなりますね。フランスの家庭料理「ポトフ」は野菜と肉を柔らかく煮込んだ、洋風おでんのようなメニューです。日本の出汁文化にも通じる奥深い味わいを楽しめます。

フランスの家庭料理「ポトフ」

寒い季節にしみじみおいしいポトフは、フランスの家庭料理のひとつです。本場では牛のスネやテール、バラ肉をハーブと野菜で煮込んで、塩だけで調味します。日本では豚肉やソーセージ、ベーコンも入れますが、そうした牛肉以外を使ったポトフは「ポテ」と呼ばれます。

野菜を大きめに切ったらあとは煮込むだけですから、加熱時間こそ長いですが思いのほか手間の少ない料理です。また、肉も野菜もとろけるように柔らかいので、子どもからシニアまで食べやすく、家庭料理として長く愛され続けてきたことにもうなずけます。

野菜と肉の「UMAMI」が溶け出す、出汁を味わう一品

ポトフは大きな鍋で大量に作って取り分ける、日本のおでんに近い存在と言えます。野菜と肉をじっくり煮込んだスープはうま味が溶け出しており、日本の出汁文化に通じるところがありますね。

ちなみに、うま味は日本人が見つけたものと言われていて、「甘味」「酸味」「塩味」「苦味」に続く第5の味覚とされています。他の国にうま味を指す言葉がなかったことは意外ですが、この記事でご紹介しているポトフのほか、ブイヤベース、ミネストローネ、サムゲタン、テールスープなど、うま味を楽しむ料理は世界中にあります。現在、うま味は「UMAMI」という国際語になり、和食ブームとともに世界的に認知されつつあります。

残ったスープは翌朝の雑炊にしても◎

ポトフを取り分けて残ったスープは、うま味たっぷりの出汁そのもの。せっかくできた手作りの出汁ですから、最後までおいしくいただきましょう。おすすめなのは、翌日にご飯を加えて煮込み、雑炊にする方法。寝起きの体がゆっくりあたためられて、気力がチャージされていくようなおいしさがあります。日本風に少しのしょう油や味噌を加えるのもおいしいですよ。

春夏秋冬を楽しむ、ポトフに合う野菜

にんじん、ジャガイモ、キャベツが代表的な具材ですが、別の具材を入れてもOK。旬の時期に安い野菜を活用して、おいしくお得に作ってみてはいかがでしょう。

新じゃが(春~初夏)

新じゃがは、春だけの味わい。皮が薄いので、ポトフに入れる時も皮付きのままでどうぞ。通常のジャガイモよりもビタミンCが豊富です。柔らかい春キャベツもおすすめです。

トマト(初夏~夏)

トマトは加熱することで、栄養価もうま味もアップします。丸ごとや半分に切って入れて、崩しながら食べても美味です。

レンコン(秋~冬)

空咳やノドの乾燥によいとされるレンコンは、秋冬にたくさん食べたい旬野菜です。煮込むことでシャキシャキからホクホクへと食感が変わります。
また、ポトフのメイン野菜であるにんじん・ジャガイモも秋に旬を迎えます。

セロリ(冬~春)

爽やかな香りには、気持ちを落ち着かせるはたらきも。葉は茎よりもビタミンが豊富なので、ぜひ葉も煮込んでください。肉の臭み消しにも一役買う香り野菜です。

手間ひまかけた本格的なレシピも存在しますが、ポトフは家庭料理ですから好きな野菜を使ったり、少ししょう油を加えてみたり、自由な発想で作ってOKです。旬の野菜をたっぷり使えば、一年を通して季節を感じる一品になります。秋冬はもちろん、いつでも食べたい定番料理として、レパートリーに加えてみてくださいね。

関連する投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。


健康メニュー|朝食をちょっとした工夫でヘルシーに

健康メニュー|朝食をちょっとした工夫でヘルシーに

朝食は、1日のスタートを切るための大事な栄養源です。できるだけ栄養バランスのとれたヘルシーメニューを摂りたいものですが、毎朝続けるのはなかなか難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。今回は、少しの工夫で朝食をヘルシーにするコツをご紹介します。


最新の投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

旬の梅が出回る5月から6月にかけての間は、梅の実やガラス瓶をスーパーなどで見かける機会が多いものです。この時期は、「梅仕事」を行うことが一種の季節行事とされてきました。夏の疲労回復対策も兼ねて、いちばんおいしい時期の梅を使った自家製の保存食作りにチャレンジしてみましょう。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。