健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|不足しがちな栄養が摂れる!夏バテ予防に「穴子」

健康メニュー|不足しがちな栄養が摂れる!夏バテ予防に「穴子」

天ぷらや煮物、白焼き、酢の物など、さまざまな調理法で味わえる穴子。初夏から夏に旬を迎え、特に梅雨の時期の穴子は「梅雨穴子」と呼ばれ、おいしいとされています。そんな穴子は、栄養価が高く夏バテ予防や滋養強壮にぴったり。また、低カロリー・低脂質でダイエット向きの食材としても注目されています。穴子はうなぎと似ていますが、うなぎより安価で手に入れられるのが魅力。今回は、うなぎに劣らない穴子の栄養や効能についてご紹介します。


天ぷらや煮物、白焼き、酢の物など、さまざまな調理法で味わえる穴子。初夏から夏に旬を迎え、特に梅雨の時期の穴子は「梅雨穴子」と呼ばれ、おいしいとされています。そんな穴子は、栄養価が高く夏バテ予防や滋養強壮にぴったり。また、低カロリー・低脂質でダイエット向きの食材としても注目されています。穴子はうなぎと似ていますが、うなぎより安価で手に入れられるのが魅力。今回は、うなぎに劣らない穴子の栄養や効能についてご紹介します。

穴子はうなぎよりも低カロリー・低脂質

江戸時代から、夏の「土用の丑の日」にうなぎを食べて“精”をつけるという風習があります。うなぎは栄養価が高い食材として知られていますが、近年漁獲量が減り高騰中。そんななか注目を集めているのが、にょろりとした細長い体型で、うなぎとよく似ている穴子です。しかし、両者は似て非なるもの。うなぎはウナギ目ウナギ科ウナギ属で、産卵や孵化は海で行い、その後は淡水の川や湖などで生活する降河回遊魚です。一方の穴子は、ウナギ目アナゴ科黒アナゴ属の海水魚で、一生を海で過ごします。

うなぎと穴子は、味わいにも違いがあります。こってりとしてジューシーなうなぎに対して、穴子はあっさりと上品。うなぎと比べると淡泊ですが、そのぶん穴子は低カロリーで脂質も半分以下。それでいて高たんぱくなので、ダイエット中の食材にも向いています。

夏バテ予防や胃腸の弱い方にもおすすめ

穴子はあっさりとした味わいですが、栄養価が高く健康にうれしい食材です。旬は6~8月。もともと淡泊ですが、旬の時期はさらに脂が少なくなるため胃もたれしにくく、暑さで食欲が落ちる夏の滋養食としておすすめです。特に梅雨の時期の「梅雨穴子」は、梅雨の増水で流れる豊富な栄養分を含んだ餌を食べているので、栄養価が高くおいしいとされています。穴子の主な栄養素も見ていきましょう。

眼精疲労に効果的なビタミンA

目の疲れを予防し、粘膜や肌を健やかに保つのに役立つビタミンA。穴子のビタミンAの含有量は、魚介のなかでトップクラスを誇ります。

抗酸化作用があるビタミンE

強い抗酸化作用を持ち、細胞の老化を防ぐことから「若返りのビタミン」と呼ばれるビタミンE。生活習慣病の予防・改善、体内の脂質の酸化を防ぐ効果が期待できます。

コレステロール値を下げるEPA

体内で合成できない不飽和脂肪酸で、体内の免疫反応の調整や血流をよくする働きを持つEPA。EPAが不足すると、悪玉コレステロールと中性脂肪の増加につながります。

脳の健康をサポートするDHA

DHAも体内で合成できないので、食品からの摂取が必要な栄養素です。脳細胞の活性化や脂肪燃焼の促進、アレルギー症状の緩和などに効果があるといわれています。

高い抗酸化作用を持つ「セレン」に注目

穴子は「セレン」というミネラルが豊富に含まれることでも注目されています。セレンは体内で産生できない栄養素で、強い抗酸化作用を持ち、体内のサビつきの原因となる活性酸素を除去することで老化やがんの予防につながるといわれています。また、体内の有害物質を無毒化・排出する働きや、甲状腺ホルモンの構成成分として新陳代謝にかかわるミネラルとしても知られています。

世田谷自然食品の「温彩特選便 彩り御膳 定期便」は、栄養バランスに配慮した料理を手軽に味わえる御前です。「穴子のとろとろ卵とじ風」もお届け品に含まれています。

低糖質・低カロリーで、さっぱりとした味わいの穴子。さらに高たんぱくで、体内で産生できず不足しがちな栄養素を摂ることができるので、夏こそ食べたい食材です。天ぷらや白焼き、穴子鮨など、おいしく味わって夏バテを防ぎましょう。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。