「乳酸菌が入った青汁」に含まれる厳選素材や特徴など、商品に関する情報をご紹介いたします。

「乳酸菌が入った青汁」について
実際にお客様から寄せられる
よくあるご質問にお答えします。

Q

どんな方法で飲めばいいの?

A

冷たい水でもお湯でもさっと混ざりますので、いろいろな方法でお召し上がりいただけます。牛乳に混ぜてほんのり甘い抹茶味でお飲みいただく、またはゼリー、ヨーグルトなど、お菓子やデザートに混ぜるとヘルシーなおやつにもなり、おすすめです。
詳しくは「おいしい飲み方」ページをご覧ください。

Q

誰が飲んでも大丈夫?
赤ちゃんや妊婦は飲んでも大丈夫?

A
妊婦

乳幼児には、食べ物から栄養をおとりいただくことをおすすめしております。当社の青汁は栄養を補っていただくものですので、普段の食事にまだ慣れていないお子様にはあまりおすすめしておりません。離乳食が完了しているお子様であれば、お召し上がりいただいても大丈夫ですが、最初は目安量の3分の1の量から始めて、様子を見ながらお召し上がりいただくことをおすすめします。

妊婦

妊娠中は個人によって体調や症状が異なりますので、かかりつけのお医者様にご相談いただくことをおすすめします。

Q

飲んではいけないアレルギーはあるの?

A
乳アレルギーの方向け 乳酸菌

お召し上がりいただけます。当社では、お米由来の植物性乳酸菌を使用しております。牛乳などの動物の乳を発酵させる乳酸菌ではありませんので、乳のアレルギー成分は含まれておりません。

小麦アレルギーの方向け 大麦若葉

小麦アレルギーの原因はグルテンという成分で、これは大麦の実の部分に含まれております。「若葉」は、大麦が実を付ける前のものなので基本的に含まれておりません。ただ、成長度合によっては含まれている可能性もありますので、様子を見て少量ずつお試しいただくことをおすすめします。

Q

ほかの健康食品や薬と併用しても大丈夫?

A

食品ですので、基本的にはほかの健康食品とお召し上がりいただいても問題はありません。ですが、お医者様のご指示が一番ですので、普段からお飲みになっているお薬があるようでしたら、かかりつけのお医者様にご相談いただくことをおすすめします。

Q

いつ飲んだらいいの?

A

食品ですので、基本的にはいつお召し上がりいただいても構いません。大切なのは毎日続けることです。大切なのは毎日続けることです。

おすすめの飲むタイミング

朝食時のお茶代わりや起床・就寝のときなど、生活習慣に合わせてお召し上がりいただくと、飲み忘れがありません。

Q

作り置きしても良い?

A

作り置きはせず、お早めにお召し上がりください。開封後は、外気にふれることで品質や風味の劣化が始まります。作った後はなるべくお早めにお召し上がりください。

Q

保管場所は? 冷蔵庫?

A

高温・多湿・直射日光を避け、保存してください。温度差の激しい場所を避け、個包装を開封した後はお早めにお召し上がりください。

Q

どのくらい飲んだらいいの?

A

「乳酸菌が入った青汁」には、特に飲み方に決まりはございません。1日1~2包は目安ですので、食物繊維や野菜不足が気になる方は1日に2包以上お召し上がりいただいても問題はございません。毎日の食事を考慮しながら飲む量を調整してください。

Q

難消化性デキストリンって何?

A

トウモロコシ由来の食物繊維の一種です。大麦若葉とクマザサに含まれる食物繊維に加えて配合する事により、豊富な食物繊維の量を実現しました。難消化性デキストリンには、便秘改善や下痢改善などの整腸作用や、食後の血糖値を緩やかにする、コレステロールを下げるなどの働きがあると言われております。ただ、こちらはあくまで成分の話になりますので、当社の青汁でそのような効果が出るということではございません。