健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

ようこそ ゲスト 様

お味噌汁の具のおすすめは?意外に美味しい材料も紹介

お味噌汁におすすめの具をご紹介します。和食には欠かせない存在のお味噌汁ですが、具のバリエーションが少なく、マンネリ化しているというお悩みも多いのではないでしょうか。この記事では、味噌の種類別に相性のよい具をご紹介します。変わり種の具もありますので、ぜひお試しください。

味噌の種類を知っておこう

お味噌汁の具をご紹介する前に、味噌の種類について簡単に解説します。味噌の材料は、大豆・塩・麹の3種類と、とてもシンプルです。

使う麹の種類によって、味噌の種類が異なります。主に使用される麹は、米を原料として作る米麹と、麦を原料として作る麦麹です。また、大豆の種類や作る工程、麹の量、発酵熟成期間などにより色や味に違いが出ます。

色は白味噌、淡色味噌、赤味噌と3種類あり、一般的に熟成期間が長い味噌ほど、赤みを帯びた濃い色です。辛口、甘口といった味については、辛さは塩加減で決まり、甘さは大豆に対してどれくらいの量の麹を使ったかという麹歩合で決まります。ここでは、それぞれの味噌の特徴についてみていきましょう。

豆味噌

豆味噌は、味噌の材料の大豆に直接種麹を付けて培養して作った味噌です。麹を使わず直接種麹を付けて長期熟成させているので、大豆本来の美味しさが凝縮しています。

八丁味噌、名古屋味噌など「東海豆味噌」と呼ばれる赤褐色の辛口味噌は、主に東海地方で多く消費され、味噌煮込みうどんや味噌カツといった名古屋名物にも欠かせない存在です。

米味噌

米味噌は、材料の大豆に米麹を混ぜて作った味噌です。日本で最も多く生産されており、生産地は北海道から四国まで広い範囲にわたります。

北海道味噌や仙台味噌、越後味噌は赤色系の辛口味噌、関西白味噌は白色の甘口味噌と、見た目が全く異なりますが同じ米味噌です。北海道味噌は鮭のチャンチャン焼きに、関西白味噌は魚の西京味噌漬けによく使われます。

麦味噌

麦味噌は、材料の大豆に麦麹を混ぜて作った味噌です。麦独特の芳しい香りと甘味が特徴の麦味噌は、九州地方を中心に多く消費されています。薩摩汁や冷や汁、もつ鍋といった九州各地の郷土料理に使われる味噌です。

元々は農家で自家用として作られていたことから、田舎味噌とも呼ばれます。甘口が多い麦味噌ですが、九州北部では辛口の味噌もあります。九州だけでなく中国四国地方では、瀬戸内味噌と呼ばれる麦味噌が食されており、特に愛媛県で作られる味噌は麹歩合が高く、独特の香りが特徴です。

混合味噌

混合味噌は調合味噌や合わせ味噌とも呼ばれ、複数の味噌を混合したものです。また、作る段階で複数の麹を混ぜて作った味噌も混合味噌と呼ばれます。市販品もありますが、自分が好きな割合で混ぜて混合味噌を作ることも可能です。

複数の味噌をブレンドすることで旨味が増し、それぞれの味噌独自のクセが和らぎ食べやすくなります。豆味噌をベースに米味噌などを混ぜた「赤だし」は、有名な混合味噌のひとつです。

味噌別おすすめの具は?

お味噌汁に欠かせない味噌の種類と特徴が分かったところで、それぞれの味噌に合わせたおすすめの具をご紹介しましょう。お味噌によく合う具材を使うと、相乗効果で美味しいお味噌汁が作れますよ。

豆味噌におすすめの具

濃い出汁が合う豆味噌のお味噌汁におすすめの具は、個性がはっきりした食材です。例えば、ゴボウ、揚げナスなど。また、なめこや里芋など煮込むほどにとろみが出る具も、豆味噌によく合います。

濃厚な味わいの豆味噌は肉や魚介との相性がよいので、しじみや鰤のお味噌汁も美味しく仕上がるでしょう。

米味噌におすすめの具

どんな料理にも合わせやすい米味噌ですが、味噌の特徴によってお味噌汁に合う具が異なります。信州の味噌など淡い色の米味噌で作るお味噌汁には、豆腐とわかめのような淡白な具が好相性。大根と油揚げの組み合わせや、あさりのお味噌汁もよいでしょう。

越後味噌のような赤色系と呼ばれる米味噌は、強い旨味に負けない具材を使ったお味噌汁がおすすめです。例えば、鯖缶を使ったお味噌汁。鯖缶を汁ごと使うことで、米味噌と鯖缶両方の旨味たっぷりのお味噌汁ができます。そのほか、納豆やイワシのつみれも米味噌によく合う具材です。

麦味噌におすすめの具

素朴な味わいが特徴である麦味噌のお味噌汁は、具材の風味をそのまま活かすとよいでしょう。鹿児島県でとてもポピュラーな具材のさつま芋は、やさしい甘味が麦味噌とよくマッチします。そのほか具だくさんの豚汁や、きのこ汁、白菜のお味噌汁も麦味噌で作ると具材の風味が引き立ちます。。

混合味噌におすすめの具

混合味噌は何にでも相性がよいですが、赤だしには豆味噌と同じく、なめこのようなパンチの効いた具が好相性です。

赤だしを使ったなめこと豆腐のお味噌汁は、豆味噌だけで作るよりも渋みがおさえられて食べやすくなります。家で数種類の味噌を合わせる場合は、具材によって味噌の割合を変えてもよいですね。

意外に美味しい!変わり種の具

味噌の種類別におすすめの具をご紹介しましたが、ここからはちょっと変わり種の具をご紹介します。お味噌汁の具としては馴染みがないかもしれませんが、乳製品やハーブは意外に相性がよいのでぜひ一度試してみてください。

乳製品

まずご紹介するのは、乳製品との組み合わせです。特にチーズやヨーグルトなどは味噌と同じ発酵食品で相性がよく、コクが加わって深い味わいになります。キャベツなどの野菜をたっぷり入れた白味噌のお味噌汁には、仕上げの粉チーズでコクをプラス。プレーンヨーグルトを入れる場合は、味噌3:ヨーグルト1の割合がちょうどよいでしょう。

加える際は、味噌とヨーグルトをあらかじめ混ぜ合わせておくとダマになりません。牛乳や生クリームも味噌と好相性で、お味噌汁がまろやかな味に仕上がります。

和風クリームシチューのようなイメージで、キャベツ・ニンジン・ジャガイモなどの具がよく合います。もうひとつお味噌汁に相性のよい乳製品が、バター。味噌バターラーメンがあるように、味噌との相性はお墨付きです。バターを加えることで、お味噌汁のコクと旨味が格段にアップします。

スパイスやハーブ

こちらも意外に思われるかもしれませんが、お味噌汁にスパイスやハーブを加えるのもおすすめ。カレー粉を加えたお味噌汁は、スパイシーな風味とコクがアップします。

また、乳製品で紹介した粉チーズを加えたお味噌汁に、粗挽きの黒胡椒を加えるとピリッと大人の味わいに。白身魚や豆腐など淡白な具には、和のスパイス柚子胡椒がおすすめです。独特の辛みと柚子の爽やかさが、いつもとは一味違うお味噌汁に仕立てます。豚汁には七味がよく使われますが、山椒も豚肉によく合うので試してみてはいかがでしょうか。

お味噌汁の具として意外に合うハーブは、ルッコラです。生のまま加えることができ、ゴマのような香りが味噌によく合います。

また、ルッコラに含まれる「アリルイソチオシアネート」には消化を助ける働きがあるので、消化されにくいゴボウやレンコンを一緒に入れるのもよいでしょう。和のハーブ、ミョウガもお味噌汁の具に適しています。ナスを具に使い、千切りしたミョウガを加えたお味噌汁もおすすめです。

まとめ

お味噌汁に好相性の具を、味噌の種類別にご紹介しました。和食の定番なだけにマンネリ化しがちなお味噌汁ですが、さまざまな具材を組み合わせることで、そのバリエーションは無限大です。変わり種の具材やスパイスなどを使って、風味を変えたり、洋風に仕立てたり、さまざまなお味噌汁作りを楽しんでくださいね。

管理栄養士 横山真理子
管理栄養士・栄養教諭。病院や福祉施設で管理栄養士として勤務経験あり。現在は、コラムの執筆、監修やレシピ開発にも携わる。結婚を機に食育にも関心をもち、管理栄養士の視点から食の美味しさや楽しさを発信している。

商品を探す

健康食品・サプリメント

美味しい食品

自然派化粧品