健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
その他の知識

その他の知識

言語、旅行、マナーなど様々な情報をお届けいたします。

その他の知識に関連するキーワード

その他の知識
>>その他の知識に関連するキーワード一覧

その他の知識の記事一覧

日常生活マナー|おいしく飲むための日本茶のマナー

日常生活マナー|おいしく飲むための日本茶のマナー

日本茶のマナーというと、湯飲みの置き方やふたの取り方など作法的なことが注目されがちですが、そもそも飲み物ですから、本来の風味を味わうこともとても重要です。今回は、おいしく飲むことに注目した日本茶の淹れ方、いただき方のマナーをご紹介します。


平成特集|平成で変わった電話のマナー

平成特集|平成で変わった電話のマナー

平成時代は、携帯電話やインターネットの普及で通信事情も大きく変化し、コミュニケーションのマナーも新しくなっていきました。今回は、平成の固定電話から携帯電話への電話事情の変遷や、それに伴って変化してきた電話のかけ方や受け方のマナーについてご紹介します。


平成特集|時代を映す女たち、男たちへの新たな呼称

平成特集|時代を映す女たち、男たちへの新たな呼称

男女雇用機会均等法が施行されたのは1986年。元号が平成に変わる3年前です。平成は、女性の活躍の場が大きく増えた時代でもありました。社会の変化とともに、その時代を生きる男女の呼称も新たに生み出されてきました。今回は、よく耳にすることもある、「アラサー」や「アラフォー」、「イケメン」「イクメン」など、女性・男性の呼び方にまつわる、平成生まれの言葉を紹介します。


平成特集|長野オリンピックを振り返って「白馬村」へ(長野県)

平成特集|長野オリンピックを振り返って「白馬村」へ(長野県)

長野県の白馬村はトレッキングやスキー・スノーボード、また近年は海外からの訪日旅行でも注目の場所として知られる観光地です。1998年(平成10年)には、長野オリンピック(第18回冬季オリンピック)・長野パラリンピック(第7回冬季パラリンピック)の会場となり、ジャンプ競技やアルペン競技など、熱い戦いがこの地で繰り広げられました。日本チームが金メダルを獲得した、白馬ジャンプ競技場やオリンピックギャラリー、白馬の自然や温泉などを訪れ、のんびりゆったりとした旅に出かけてみましょう。


平成特集|平成で変わった結婚・結婚式のスタイル

平成特集|平成で変わった結婚・結婚式のスタイル

平成時代は、結婚や結婚式の様式も大きく変化し、親と子で結婚式の様子や、結婚観そのものが違ってしまうことも珍しくありませんでした。「地味婚」や「ナシ婚」は平成初期を過ぎたあたりに登場し、平成後期からは、郎新婦も結婚式を楽しめるスタイルが主流になりました。今回は、平成の結婚・結婚式事情の変遷や、それに伴って変化してきたマナーについてご紹介します。


平成特集|メンタルが話題になる時代の言葉

平成特集|メンタルが話題になる時代の言葉

言葉は時代とともに変わり続けます。昔からある言葉も意味が変わっていきますし、平成は、さまざまなメディアを通じて、新しい言葉が生まれ、拡散されるスピードが一気に上がった時代でもあります。今回は、「心が折れる」「上から目線 」と、平成の世に、変化した言葉・新たに生まれた言葉を見つめながら時代を振り返ってみませんか。


平成特集|平成と名の付く村を訪れよう「道の駅 平成」(岐阜県)

平成特集|平成と名の付く村を訪れよう「道の駅 平成」(岐阜県)

日本で唯一、平成と名の付く地域が岐阜県にあります。旧武儀町(現・関市)の「平成(へなり)地区」です。元号が平成になったとき、当時、地区住民わずか37人の山里は、元号と同じ地名を一目見ようとした観光客とマスコミであふれ返りました。平成フィーバーと呼ばれたこの地区が一躍脚光を浴び、現在も道の駅平成(みちのえきへいせい)という人気スポットとして、多くの人が訪れています。 また、同じ岐阜県には日本大正村と日本昭和村(現・ぎふ清流里山公園)もあるので、大正~昭和~平成をたどる旅もおすすめです。 今回は、平成フィーバーを起こした道の駅 平成の魅力とおすすめスポットについてご紹介します。


日常生活マナー|気軽かつ、スマートに「おすそ分け」をしよう

日常生活マナー|気軽かつ、スマートに「おすそ分け」をしよう

「おすそ分け」は差し上げるほうも、いただくほうもうれしいもの。ご近所や友人との間で行われる習慣ですから、お互いにできるだけ気を遣わせずに、スマートにやりとりしたいものですね。ここではおすそ分けや、いただいた時のお返しなどについてご紹介します。


語源・由来|「ようかん/ういろう」 菓子にまつわる語源

語源・由来|「ようかん/ういろう」 菓子にまつわる語源

細長く作った和菓子の総称を「棹物菓子」といいます。その代表格が、ようかんとういろうです。「ようかん」は、小豆などの餡を寒天などで固めたもの。「ういろう」は、米粉と砂糖を練り混ぜて蒸したもので、もっちりとした口当たりに独特のおいしさがあります。今回は、羊羹とういろう、二つの棹物菓子のルーツに迫ります。


日本一の旅|日本最南端にある有人島「波照間島」(沖縄県)

日本一の旅|日本最南端にある有人島「波照間島」(沖縄県)

沖縄の最南端であり、日本で一番南に位置する有人島が波照間島(はてるまじま)です。石垣島のある八重山諸島にあり、面積約13平方キロメートル、人口は500人ほどの島です。路線バスや信号もなく、さとうきび畑や自然のままのビーチが広がっています。日本最南端の碑や星空観測タワーもあり、島を効率よくまわれるツアーもあります。 今回は、のんびりと何もしない時間を過ごせる、そんなゆとり旅にぴったりな島の魅力を紹介します。


イベント事のマナー|お節句 実は年に5つある、その種類と行事

イベント事のマナー|お節句 実は年に5つある、その種類と行事

子どもの健やかな成長を願う行事として、老若男女に広く楽しまれているお節句。実は年に5つあり、七草や七夕も節句のひとつです。今回はお節句の概要とマナーについて、上巳の節句(ひな祭り)、端午の節句(子どもの日)を中心に詳しくご紹介します。


間違いやすい日本語|「知恵熱」「雨模様」 新しい意味が広まりつつある言葉

間違いやすい日本語|「知恵熱」「雨模様」 新しい意味が広まりつつある言葉

言葉は、時代の変化とともに、使われ方が変わります。ついには本来の意味が変わってしまうこともあるものです。今回は、近年、本来の意味とは違う使われ方をされることが増えてきた、「知恵熱」と「雨模様」の二つの言葉をご紹介します。何十年か後には、新しい意味のほうが一般的になっているかもしれません。


日本一の旅|豪快に流れ落ちる落差日本一の名瀑「称名滝」(富山県)

日本一の旅|豪快に流れ落ちる落差日本一の名瀑「称名滝」(富山県)

富山県の立山町にある称名滝(しょうみょうだき)は、立山連峰の裾野に位置する迫力満点の滝です。その落差は約350メートル。日本一の落差を誇る滝として知られています。山懐に深く刻まれた名瀑を望む滝見台園地へは、バス停または駐車場から徒歩約30分と、ちょっとしたハイキング気分で滝の全貌を見ることができます。 富山地方鉄道の立山駅からケーブルカー、高原バスを乗り継いでいけば、立山黒部アルペンルートの室堂にある、日本一高い場所にある温泉にも入浴できます。今回は、称名滝の魅力と周辺のおすすめスポットについてご紹介します。


イベント事のマナー|お花見 季節の楽しみは皆で気持ちよく

イベント事のマナー|お花見 季節の楽しみは皆で気持ちよく

暖かくなると楽しみなのが、野外で桜の花を愛でながらお茶や食事を楽しむお花見。ただ、最近は場所取りやゴミの処理など、マナーの悪さが問題視されるケースも増えてきました。今回は、お花見のマナーについてご紹介します。マナーを守ってきれいな桜を楽しみましょう。


語源・由来|「カステラ/金平糖」 菓子にまつわる語源

語源・由来|「カステラ/金平糖」 菓子にまつわる語源

西洋から海を渡ってやってきた南蛮菓子。その味わいは、どれほど人々を驚かせたことでしょうか。日本で製法が工夫され、進化し、今も愛され続けている南蛮菓子。実はスペインの地名から来ている「カステラ」と、織田信長にも献上された「金平糖」。今回はその二つの南蛮菓子の名前の由来と歴史をご紹介します。


散策|美しい京都の渓谷美を満喫。歴史ある川下り「保津川下り」(京都府)

散策|美しい京都の渓谷美を満喫。歴史ある川下り「保津川下り」(京都府)

京都府亀岡から嵯峨嵐山(京都市右京区)まで約16キロメートルに及ぶ峡谷美を船下りで楽しめる保津川(ほづがわ)下り。約2時間の自然とふれあう船旅は、見どころ満載です。間近に見られる大岩・奇岩怪石、激流や深渕など変化に富んだ川の流れ、愛宕山などの山並みと、四季折々に美しい景観が満喫できます。今回は、保津川下りの歴史や川下りの見どころについてご紹介していきます。


日常生活マナー|渡し方で選ぼう 内のし・外のしの使い分け

日常生活マナー|渡し方で選ぼう 内のし・外のしの使い分け

贈り物を包む時、お店の人に「内のし、外のし、どちらにしますか」と聞かれて迷ったことはないでしょうか。そんな時、内のし・外のしの違いを知っておけば、すんなりと選ぶことができます。今回は内のし・外のしの使い分け方をご紹介します。真心こめて贈り物を選んだら、内のし・外のしは状況に合わせて選んでみてください。


間違いやすい日本語|「愛嬌を振りまく」「天に向かって唾を吐く」 人の態度を表す言葉にまつわる間違い

間違いやすい日本語|「愛嬌を振りまく」「天に向かって唾を吐く」 人の態度を表す言葉にまつわる間違い

今回ご紹介するのは、「愛嬌を振りまく」と「天に向かって唾を吐く」で、人の態度やしぐさにまつわる間違いやすい言葉です。人を笑顔にするしぐさと、顔をしかめさせるしぐさ。正反対の二つの言葉から、意味の微妙な違いや、使い分け方を学びます。


日本一の旅|日本一高所のバスターミナル「乗鞍岳畳平バスターミナル」へ(岐阜県・長野県)

日本一の旅|日本一高所のバスターミナル「乗鞍岳畳平バスターミナル」へ(岐阜県・長野県)

今回は、JR松本駅および松本ICから標高2,702メートルにある日本一高い場所に位置する「乗鞍岳畳平バスターミナル」を目指す旅です。バスの終点・畳平を起点に、平地を歩くお花畑散策コースから標高3,026メートルの乗鞍岳山頂登山までいくつかのトレッキングコースがあり、体力に合わせて歩けば雄大な山岳景観を楽しんだり、天然記念物「雷鳥」を見られることがあります。乗鞍岳畳平バスターミナルの絶景スポットやおすすめの散策ルートなども、あわせてご紹介していきます。


イベント事のマナー|「春のお彼岸」由来と、お墓参りのマナー

イベント事のマナー|「春のお彼岸」由来と、お墓参りのマナー

お彼岸になると、親族や親しい方のお墓参りに行くという方も多いのではないでしょうか。春と秋の2度迎えるお彼岸について、もともとの意味をご存知ですか。今回は、お彼岸の由来や、お墓参りのマナーについてご説明します。ぜひ墓前にお供えをして静かに手を合わせ、故人に感謝や近況を伝えましょう。