健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる

言葉にまつわる豆知識などに関する記事

実は知られていない言葉の使い方や、言葉の由来をご紹介いたします。

言葉にまつわる豆知識などに関連するキーワード

間違いやすい日本語 言葉の語源 当て字 文化
>>言葉にまつわる豆知識などに関連するキーワード一覧

語源・由来|漢字の成り立ち 「美」「躾」

語源・由来|漢字の成り立ち 「美」「躾」

漢字は、古代中国で生まれた表語文字で、現代でも使われている文字の中で最古の文字体系です。漢字には「象形文字」や「会意文字(かいいもじ)」、「仮借文字(かしゃくもじ)」などがあります。 今回は「美」と、美がついた「躾」の2つの漢字の成り立ちをご紹介します。


文化|「梅雨」 自然の様子を味わえば雨もまた趣深く

文化|「梅雨」 自然の様子を味わえば雨もまた趣深く

日々の暮らしの中では、傘や雨具の用意でお出かけが面倒になったり、じめじめして洗濯や掃除などの家事がはかどらなかったり……ちょっと憂鬱な季節だと思われてしまうことも多い「梅雨」。でも実は、梅雨の季節にしかない、自然の様子や趣などの魅力もたくさんあるのです。今回はそんな「梅雨」の由来や、梅雨の魅力を今に伝える俳句作品などをご紹介します。


文化|「衣替え」 平安時代から続く、ものを大切にする文化

文化|「衣替え」 平安時代から続く、ものを大切にする文化

季節の服を整理する衣替えは、平安時代より続く季節のならわし。長い歴史の中、私たちが大切にしてきた衣替えには、どんな由来があるのでしょうか。また、空調や衣料技術の発達で、寒暖差を感じにくくなった現代では、衣替えにはどんな意味があるのでしょうか。今回は衣替えの由来から歴史、現代の衣替えまで、文化としての衣替えをご紹介します。


語源・由来|「幸せ」「ちぐはぐ」 思いもよらない語源を持つ言葉

語源・由来|「幸せ」「ちぐはぐ」 思いもよらない語源を持つ言葉

日常生活でよく出てくる言葉でも、語源を知らない言葉は多いのではないでしょうか?今回は、運が良いこと・物事がうまくいき満ち足りた気分になることを表す言「幸せ」と、二つ以上のものが食い違っている・うまく合わさっていない様子を表す「ちぐはぐ」の二つの言葉についてご紹介します。 この二つは、思いもよらない語源を持っています。


文化|「母の日」 母へ感謝の気持ちを伝える記念日

文化|「母の日」 母へ感謝の気持ちを伝える記念日

5月の第2日曜日といえば「母の日」。実のお母さんはもちろん、パートナーのお母さん、母親のように慕っている年上の女性などにも、この日に感謝の気持ちを伝えるという方は多いのではないでしょうか。今回はそんな「母の日」の由来や、カーネーションを贈る慣習などにまつわるエピソードをご紹介します。


文化|「端午の節句」 柏餅や菖蒲(しょうぶ)湯、子どもの健やかな成長を願って

文化|「端午の節句」 柏餅や菖蒲(しょうぶ)湯、子どもの健やかな成長を願って

5月5日は「こどもの日」であり、「端午の節句」でもあります。「こどもの日」とは、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する日」として、昭和23年に国民の休日に制定されました。「端午の節句」とは、ずっと昔からある風習です。今回は端午の節句の由来と、菖蒲湯、ちまきや柏餅でお祝いをする意味などをご紹介します。


間違いやすい日本語|「圧倒的」「おざなり・なおざり」 微妙な違いで異なる意味を持つ言葉

間違いやすい日本語|「圧倒的」「おざなり・なおざり」 微妙な違いで異なる意味を持つ言葉

日本語には、微妙な違いがあり混同しやすい言葉、または似ている言葉同士が、似ている意味を持っていることがあります。今回は、そんな「圧倒的」と「おざなり・なおざり」について掘り下げてみましょう。


間違いやすい日本語|「さわり」「ごぼう抜き」 その言葉の使い方、本当に正しいですか?

間違いやすい日本語|「さわり」「ごぼう抜き」 その言葉の使い方、本当に正しいですか?

普通に使っていた表現が実は本来の意味では誤用だった……という経験はありませんか?日本語のなかには、正しいと思って大勢の人が使っている表現でも、誤用というケースがあります。今回は、そんな多くの人が間違いやすい「さわり」「ごぼう抜き」の本来の意味と、正しい使い方をご紹介します。


語源・由来|「うだつが上がらない」「どういたしまして」 江戸時代の文化が垣間見える表現

語源・由来|「うだつが上がらない」「どういたしまして」 江戸時代の文化が垣間見える表現

日本語の語源には、歴史と深くかかわりがある言葉が多く存在しています。今回は、日本古来の文化に根付いた「うだつが上がらない」と、「どういたしまして」という二つの言葉の語源をご紹介します。


間違いやすい日本語|「潮時」「悲喜こもごも」 ニュースや新聞でも誤って使っていることがある!?

間違いやすい日本語|「潮時」「悲喜こもごも」 ニュースや新聞でも誤って使っていることがある!?

ニュースや新聞などでよく聞く表現が、実は使われ方とはまったく逆の意味を持っていた、ということがあります。今回は、そんな誤った意味としてニュースの見出しなどにも登場するケースもある「潮時」と「悲喜こもごも」について、取り上げてみましょう。


語源・由来|「けりをつける」「油を売る」 歴史が見える言葉の由来

語源・由来|「けりをつける」「油を売る」 歴史が見える言葉の由来

普段よく聞く表現には、想像していたものとまったく違う語源を持つ表現があります。今回は、決着をつける、結論を出すという意味の表現の「けりをつける」と、時間をつぶし怠ける・無駄話をするという表現の「油を売る」の意外な語源を紐解いていきましょう。


語源・由来|「もったいない」「伸(の)るか反(そ)るか」

語源・由来|「もったいない」「伸(の)るか反(そ)るか」

言葉の語源をたどると、思わぬ由来や新しい意味を発見できることがあります。今回は、ものを無駄にしてしまった時、または分不相応で恐れ多いという時に使う言葉「もったいない」と、成功するかどうかは分からないが、運を天に任せてやってみるという意味の言葉「伸るか反るか」の、日常で耳にすることがある二つの表現の語源をご紹介します。


文化|「節分」 健康と開運を祈願し、新しい春を迎える行事

文化|「節分」 健康と開運を祈願し、新しい春を迎える行事

炒った大豆をまいて、鬼を追い払う「節分」は、健康と開運を祈願し、新しい春を迎えるための行事です。「鬼は外、福は内」の掛け声とともに邪気を祓えば、翌日は新しい春、立春です。今回は「豆」「掛け声」「恵方巻き」など、節分にまつわるさまざまな習わしについてご紹介します。


語源・由来|漢字の成り立ち「上下」「弓偏」 正反対の意味で同じ成り立ちを持つ漢字

語源・由来|漢字の成り立ち「上下」「弓偏」 正反対の意味で同じ成り立ちを持つ漢字

普段よく使う漢字には、意味が正反対でも由来が同じものがいくつかあります。今回は、そんな由来を持つ「上・下」と、弓偏の漢字「強・弱」の成り立ちをひもといていきましょう。


語源・由来|「どんでん返し」「大盤振る舞い」

語源・由来|「どんでん返し」「大盤振る舞い」

聞き慣れた表現の中には、意外な語源を持つ言葉があります。今回は、物語などの内容や展開が正反対になるという意味の言葉「どんでん返し」と、人に金品や食事などを気前よく振る舞う際に用いられる表現「大盤振る舞い」の言葉の由来をご紹介します。どちらも、昔使われていたあるものが語源となっている言葉です。


語源・由来|「大晦日」「元旦/元日」 よく使うその言葉、正しい使い方と語源はご存じですか?

語源・由来|「大晦日」「元旦/元日」 よく使うその言葉、正しい使い方と語源はご存じですか?

日本語には、季節を表す言葉が数多く存在しています。挨拶の機会が増える年末年始も、季節的な言葉が増える時季。今回は、その中から「大晦日」と「元旦/元日」について、正しい使い方と語源をご紹介します。


語源・由来|「洒落」「蜃気楼」 由来をたどると見えてくる歴史

語源・由来|「洒落」「蜃気楼」 由来をたどると見えてくる歴史

意味は知っていても、使われている漢字の由来を知ると、言葉の意味がさらにおもしろく感じられることもあります。今回は、「洒落」と「蜃気楼」、この二つの語源・由来をご紹介します。


間違いやすい日本語|「破天荒」「確信犯」 正しいと思っていた意味が、実は間違っていた!?

間違いやすい日本語|「破天荒」「確信犯」 正しいと思っていた意味が、実は間違っていた!?

意味をわかって使っていたはずなのに、本来の意味とは違っていた、という経験はありませんか?今回は、使い方を間違えやすい二つの言葉「破天荒」と「確信犯」の正しい使い方をご紹介します。


間違いやすい日本語|「姑息」「敷居が高い」 誤用されやすい言葉

間違いやすい日本語|「姑息」「敷居が高い」 誤用されやすい言葉

よく知られているけれど、実は誤用されている言葉はたくさんあるもの。その中から、今回は「姑息」と「敷居が高い」の正しい使い方を、クイズ形式でご紹介します。


語源・由来|「野次馬」「面白い」 日常でよく使われる言葉の意外な由来

語源・由来|「野次馬」「面白い」 日常でよく使われる言葉の意外な由来

日常会話の中でよく用いられる表現には、思いもよらない由来を持つものがいくつも存在しています。今回は、自分には無関係なことに関して興味本位で騒ぎ立てたり、人に便乗して面白半分で口を出したりする人のことを指す「野次馬」と、楽しく感じ笑いたくなるような時に用いる「面白い」の二つをご紹介します。