健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる

おみそ汁・郷土料理に関する記事


おみそ汁:即席レシピも 風邪も逃げ出す「ネギのおみそ汁」

おみそ汁:即席レシピも 風邪も逃げ出す「ネギのおみそ汁」

秋冬に旬を迎えるネギには、冬の不調を整える効能がたくさん。体を温めて発汗を促すので、寒さからくる風邪や頭痛、腹痛などの緩和が期待できます。今回は、ネギの効能や保存方法、ネギのおみそ汁の簡単レシピなどをご紹介。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


郷土料理:いつものお鍋が変わる、“郷土の調味料”

郷土料理:いつものお鍋が変わる、“郷土の調味料”

地元の方には懐かしく、知らない方には目新しい“郷土の調味料”をご紹介します。土地に根ざしたお鍋に合う調味料で、いつもと違うお味はいかがでしょうか。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


おみそ汁:体ポカポカ、炒め生姜でおいしい「生姜のおみそ汁」

おみそ汁:体ポカポカ、炒め生姜でおいしい「生姜のおみそ汁」

体をあたためる香味野菜の代表格「生姜」。漢方では吐き気を抑える特効薬とされ、冷えによる下痢や食欲不振にも適しています。今回は「生姜」のおみそ汁の作り方や余った生姜の保存方法をご紹介します。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


郷土料理|豆腐が入った山村のやさしい味「どんどろけ飯」(鳥取県)

郷土料理|豆腐が入った山村のやさしい味「どんどろけ飯」(鳥取県)

どんどろけ飯とは、炒めた豆腐や根菜が入った炊き込みご飯のこと。鳥取県の山村で人が集まる際に作られてきた郷土料理で、あっさりしたしょう油の風味と出汁が香るやさしい味です。食べごたえがあり、冷めてもおいしいのでおにぎりにもぴったり。どんどろけ飯の由来や、作り方についてご紹介します。


郷土料理|じゃこごうこ 泉州名物を年中楽しむ(大阪府)

郷土料理|じゃこごうこ 泉州名物を年中楽しむ(大阪府)

大阪府南西部、泉州地域のご当地料理「じゃこごうこ」は、水なすの古漬けとエビを醤油で炊いた料理で、大阪の生活の知恵、始末の心が詰まったおいしい常備菜です。今回は、「じゃこごうこ」の概要と、おすすめの食べ方についてご紹介します。


おみそ汁:栄養漏らさず、おいしくできる「舞茸のおみそ汁」

おみそ汁:栄養漏らさず、おいしくできる「舞茸のおみそ汁」

秋になると、きのこ類がおいしくなりますね。なかでも舞茸は、一説には「見つけるとうれしくて舞ってしまうほどおいしい」ことが語源ではないか、と言われるほどうま味のあるきのこです。そして最近では、免疫力アップやインフルエンザ対策の食材としても注目を集めています。ここでは、舞茸の栄養やおみそ汁調理のポイント、保存方法をご紹介します。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


おみそ汁|「とろろのおみそ汁」 皮ごと食べて簡単・栄養アップ

おみそ汁|「とろろのおみそ汁」 皮ごと食べて簡単・栄養アップ

山芋は「山のうなぎ」と呼ばれるほどのスタミナ食材。カットしてシャキシャキ・おろしてネバネバと食感も豊かです。生で食べられるというよさがあるものの、調理時にはそのヌルヌルが仇となり、食卓に登場しづらい野菜でもありますが、実は皮ごと食べられます。今回は、ヌルヌルを最小限に抑えて調理する方法や栄養、手間なしで作れるとろろを使ったおみそ汁のレシピをご紹介します。


郷土料理|カツオ・薬味・酢飯のお手軽料理「カツオのてこね寿司」 (三重県)

郷土料理|カツオ・薬味・酢飯のお手軽料理「カツオのてこね寿司」 (三重県)

三重県の郷土料理「カツオのてこね寿司」は、薬味を混ぜ込んだ酢飯に、カツオのヅケを乗せたちらし寿司の一種です。赤身のカツオと、香りよく仕上げた酢飯は相性抜群。栄養面では、疲労回復のはたらきが期待できます。今回は、カツオや薬味の栄養、自宅で作れるカツオのてこね寿司のレシピについてご紹介します。


おみそ汁|火を使わずに作れる、夏に食べたい「冷やしみそ汁」

おみそ汁|火を使わずに作れる、夏に食べたい「冷やしみそ汁」

暑い日は、キッチンでの加熱調理がおっくうですよね。そんな時は火を使わずに作る「冷やしみそ汁」はいかがでしょうか。味噌は発汗で失われた塩分を補給し、発酵食品を摂ることで弱った胃腸を助けます。普段はおみそ汁に使わない、非加熱の具材が使えるのも魅力です。今回は、夏にぴったりの冷やしみそ汁の作り方と、加熱不要のおすすめ具材をご紹介します。


郷土料理|ほんのり香る卵と歯ごたえがおいしい 卵めん(岩手県)

郷土料理|ほんのり香る卵と歯ごたえがおいしい 卵めん(岩手県)

岩手県のご当地麺「卵めん」は、卵を具材にした麺料理ではなく、麺そのものに鶏卵が練り込まれている、ユニークな郷土料理です。ほんのり香る卵と歯ごたえが美味しい「卵めん」の概要とおすすめの食べ方について、今回はご紹介します。


おみそ汁|緑鮮やかな元気食材 スナップエンドウのおみそ汁

おみそ汁|緑鮮やかな元気食材 スナップエンドウのおみそ汁

ころんとした見た目で緑鮮やか、さやまでおいしく食べられるスナップエンドウですが、ゆでる以外にどう食べるか困っている方もいるのではないでしょうか。今回はそんな方に向けて、スナップエンドウのおみそ汁レシピをご紹介します。豆の風味がふわっと立ち上がる、春から夏にかけての元気メニューです。


郷土料理|熱々の瓦に載せた、ユニークな郷土料理「瓦そば」(山口県)

郷土料理|熱々の瓦に載せた、ユニークな郷土料理「瓦そば」(山口県)

熱した瓦に茶そばと具を載せて、あたたかいそばつゆで食べる瓦そば。川棚温泉のある山口県下関市の郷土料理で、山口県全体で親しまれています。彩りが美しく食べる場所で味と食感が変化する、目にも舌にも楽しい一品。今回は瓦そばの由来や食べ方、家庭での作り方をご紹介します。


おみそ汁|じゅんさいのおみそ汁 ぷるぷるの食感を楽しんで

おみそ汁|じゅんさいのおみそ汁 ぷるぷるの食感を楽しんで

透明な膜をまとった涼しげな姿で、初夏の風物詩ともいわれるじゅんさい。冷たくしていただくのもおいしいですが、実はおみそ汁にもぴったりの食材なのです。今回は、じゅんさいと、じゅんさいのおみそ汁の栄養や食べ方についてご紹介します。


郷土料理|深川めし あさりの栄養を残さずいただこう

郷土料理|深川めし あさりの栄養を残さずいただこう

あさりの身が大きく、ぷりぷりとしてくる春は、あさりを使った東京の郷土料理「深川めし」もまたおいしくなる季節です。今回は、「深川めし」とその栄養、おすすめの食べ方についてご紹介します。


郷土料理|ちまき 端午の節句のお菓子は地域色豊か

郷土料理|ちまき 端午の節句のお菓子は地域色豊か

端午の節句の行事食といえば「かしわ餅」に「ちまき」などを想像します。しかし、このちまきは地域によって材料も形も違っているのをご存じでしょうか。お雑煮のレシピと同じように、ちまきにも“地域差”があります。今回は、さまざまな地域のちまきについてご紹介します。


おみそ汁|具だくさんで栄養たっぷり あつめ汁

おみそ汁|具だくさんで栄養たっぷり あつめ汁

5月5日に食べられている具だくさんで栄養たっぷりの汁もの「あつめ汁」をご存じでしょうか。新潟県や鹿児島県など、さまざまな地域に伝わっている郷土料理のひとつです。今回は、あつめ汁の概要や、栄養についてご紹介します。


おみそ汁|うま味も栄養も残さず食べる「あさりのおみそ汁」

おみそ汁|うま味も栄養も残さず食べる「あさりのおみそ汁」

あさりは貝類のなかでお手頃な価格なのに、栄養は豊富な優秀食材。春と秋、年に2度も旬があり、この時期は身がふっくらとしていて味もよいです。あさりのうま味や栄養を余すことなくいただくなら、汁物がおすすめ。今回はあさりの栄養や砂抜きの方法、おすすめメニューである「あさりのおみそ汁」の作り方をご紹介します。


郷土料理|たっぷり野菜とそば団子「柳ばっと」であたたまろう(岩手県)

郷土料理|たっぷり野菜とそば団子「柳ばっと」であたたまろう(岩手県)

そば粉を麺状に切る「そば切り」がはじまったのは、江戸時代の頃。古くからそばの実が採れた土地では「そば切り」以前に作られた、そば粉を使ったさまざまな郷土料理が残っています。今回ご紹介するのは、岩手県北部の郷土料理で、ユニークな形のそば団子が入った「柳ばっと」。野菜たっぷりのあたたかい汁に、つるりとした食感の団子がおいしい滋味に富んだメニューです。


郷土料理|旬の魚をまるごと食べる、冬の味覚「あんこう鍋」

郷土料理|旬の魚をまるごと食べる、冬の味覚「あんこう鍋」

寒さが厳しくなったら、お鍋の季節です。鍋料理はどれもおいしいですが、旬のあんこうをまるごと使ったあんこう鍋はまた格別。水戸・大洗など茨城県北部の名物で、さっぱりした身と、食感の異なるさまざまな部位、濃厚な味わいのあん肝を一度に味わうぜいたくな料理です。今回は冬の味覚であるあんこう鍋の栄養や、地元のあんこうを使った名物料理をご紹介します。


郷土料理|石狩鍋 温まりながら栄養もたっぷり

郷土料理|石狩鍋 温まりながら栄養もたっぷり

北海道を中心に各地で食べられている石狩鍋。メイン具材の鮭は栄養たっぷりですし、味噌や野菜など、他の具材とも絶好の組み合わせです。今回は、「石狩鍋」に入っている鮭の栄養や、石狩鍋の食べ方についてご紹介します。