健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。

「さば×味噌」で、夏バテを撃退

暑い日が続くと、体がだるい、疲れが取れない、食欲がない……といった体調不良「夏バテ」を感じる人は多いのではないでしょうか。人間の体は、自律神経の働きにより、暑さで体温が上昇すると汗をかいて体温を放散しようとします。しかし、気温や湿気が高いと体温調節ができず体内に熱がこもってしまい、疲れやすくなります。

さらに食欲がなくなると、冷たい飲み物を摂りすぎて消化機能が低下したり、さっぱりとした麺類を食べることが多くなって栄養が炭水化物に偏ったりしがち。夏バテ予防のためには、たんぱく質やビタミンなどの栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

そんな夏におすすめの料理が「さばの味噌煮」。さばも味噌も、どちらも筋肉や血液をつくるのに役立つたんぱく質が豊富。また、エネルギーの生成に必要なビタミンB群も含んでいます。そして、さばの味噌煮に欠かせない薬味といえばしょうが。しょうがには代謝を高めるジンゲロールが含まれ、発汗を促し体の余分な熱を取ってくれるため、疲労回復の効果があるといわれています。

「さばの味噌煮」をやわらかく&おいしくつくるコツ

さばの味噌煮は和食の定番ですが、自宅で調理すると固くパサパサしてしまいがち。ふっくらやわらかく仕上げるレシピをご紹介します。

1:包丁でさばの皮の表面に十字に切れ目を入れる
切れ目を入れることで、煮崩れを防ぎ、味が染み込みやすくなります。

2:熱湯をまわしかけ臭みを取る
さばをボウルに入れて90~95℃の熱湯をかけ、臭みの元となる血合いやぬめりを落とします。箸で軽く混ぜながら差し水をして冷まし、さらに流水で熱によって固まった血合いやぬめりを洗い除きます。

3:さばが重ならないように並べて煮る
鍋またはフライパンに、水、酒、みりん、砂糖、しょうがを合わせて入れ、強火で煮立てます。さばの皮目を上にして重ならないように並べると、均等に火が入ります。アクが出たらこまめに取り除きます。臭みを取るために梅干しを入れてもよいでしょう。

4:味噌を加える
再び煮立ったら、煮汁であらかじめ溶いた味噌を加えます。さばの臭みが取れてから味噌を加えることで、味が染み込みやすくなります。

5:落とし蓋をして弱めの中火で10分煮る
アルミホイルで落とし蓋をして、火加減に気をつけながら煮ましょう。加熱しすぎると、さばがパサついてしまいます。

6:冷めてから落とし蓋を外し、再び煮詰める
火を止めて、冷めるまでそのままおきます。落とし蓋を外し、煮汁をさばにまわしかけながら再び煮詰めます。粗熱を取ったら器に盛り付け、千切りのしょうがを添えます。

これなら簡単!「さば缶」のおみそ汁

さばの水煮缶を使えば、手軽におみそ汁をつくることができます。鍋にさばの水煮缶と水、ネギを入れ、沸騰したら弱火にして味噌を溶かしてできあがり。ポイントは、さばのうま味が移った汁も全部入れること。意外な組み合わせですが、長野県には初夏に旬を迎える根曲がり竹とさばの水煮缶を組み合わせた「たけのこ汁」という定番おみそ汁がありますよ。

さばの味噌煮に合う手軽な副菜

ごはんがすすみ、おつまみにもぴったりのさばの味噌煮。食卓にもう一品添えるなら、夏バテ予防になって、簡単にできるおかずはいかがでしょうか。

ニラ醤油ダレ冷奴

味が濃いめのさばの味噌煮に合うのが、さっぱりとした冷奴。味噌と同じ大豆を原料とした豆腐に、刻んだニラ、ごま油と醤油・みりんを和えたタレをかけるだけ。春から夏に旬を迎えるニラは、ビタミンB1と結合して疲労回復をサポートするアリシンが豊富です。

きゅうりのピり辛ナムル

夏が旬のきゅうりを使った、さばの味噌煮の箸休めになるおかず。きゅうりには余分な水分を体外に排出するカリウムが含まれています。麺棒でたたいて粗くくだいたきゅうりをビニール袋に入れ、塩、砂糖、ごま油、唐辛子、醤油を入れて和えます。白ゴマを加えてできあがり。

世田谷自然食品の「温彩特選便 彩り御膳 定期便」もおすすめです。栄養バランスに配慮した料理が手軽に味わえる御膳で、「さばの味噌煮」が初回のお届け品に含まれています。

夏バテ予防になる栄養素がたっぷりのさばと味噌。食欲がなくなる夏の献立に、さっぱりとした副菜とともに取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。