健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。


日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。

まずはここから「朝日を浴びる」「寝る前は明るさを下げる」

ぐっすりと眠るには、まず眠りに必要とされる「メラトニン」というホルモンを夜間に分泌させるために、朝日を浴びることがポイント。メラトニンは、「セロトニン」というホルモンが原料で、セロトニンは朝日を浴びることで分泌されるからです。つまり、朝日を浴びてメラトニンをつくりやすい状態にしておくことで、夜に眠りにつきやすくなるというわけです。

もうひとつのポイントは、就寝前の明るさです。メラトニンは強い光を浴びると分泌が抑えられる一方、暗くなるとともに分泌量が増えます。ところが、就寝直前まで部屋を明るくしていると、メラトニンの分泌が妨げられてしまいます。起床後14~16時間後にメラトニンの分泌が増えるため、20~21時頃から室内を薄暗くするのが、メラトニンを分泌させて安眠するコツです。

ベッドでスマホを使っている方は多いかと思いますが、スマホの光は思っている以上に明るいもので、メラトニンの分泌に影響を与えてしまいます。寝る前は部屋の明かりを暗めにした上で、スマホの使用を控えることも、よい睡眠を取るためのポイントです。

除湿機を上手に使う

なかなか寝付けないと感じる場合は、部屋の湿度も確認しましょう。気温が高くなくても、湿度が高いと寝苦しく感じてしまいます。湿度を調整するためには、除湿機を使うのがおすすめ。寝る前に除湿機をつけておけば、快適な湿度を保ち、布団の湿気も下げてくれるので快眠につながります。ただし、湿度を下げてしまうため、肌や喉が乾燥しやすくなる点には注意しましょう。

エアコンの除湿機能を使うのも、快適な環境で眠るための方法です。エアコンの除湿機能は「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類があり、「弱冷房除湿」の場合は室温も下げてしまう場合があるので、冷やしすぎないように使うのがポイントです。

エアコンや除湿機の使い方については、以下の記事もご参照ください。

パジャマにこだわってみる

夏場は、寝る時にTシャツや短パンなどのラフな普段着を適当に着ていませんか?睡眠時の衣類も、快眠にかかわるもの。夏に快適に眠るためには、パジャマを選んでみましょう。夏の暑い時期は、吸汗速乾性の高い麻やガーゼ生地のパジャマがおすすめ。パジャマは眠る時専用の衣類なので、快眠に適したつくりをしています。また、「パジャマを着る=眠る準備に入る」と習慣付ければ、パジャマを着ることで寝るモードに入りやすくなる効果も期待できます。

あなどれない香りのチカラ、睡眠時のおすすめは

ここまで紹介した方法を試しても、深い眠りにつけずに寝不足を感じている場合は、香りを使ってみてはいかがでしょうか。香りは自律神経のバランスを改善することで、イライラや疲労感などの解消につなげてくれる効果があるといわれます。

快眠効果が期待できる精油としては、古くから安眠のための香りとして使われているラベンダーや、ヒノキのような香りのシダーウッドなどがあります。爽やかに眠りたいなら、清涼感のあるミントも使ってみましょう。

香りの効果について興味のある方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

一年を通して意識したい、寝付きを良くする工夫

夏に限らず寝付きが悪い方には、以下の記事もおすすめです。

今回ご紹介したような眠る前のスマホを控えるほか、同じようにテレビやパソコンの液晶画面を見るのも避ける、寝る前は部屋の明かりを薄暗くするなどのポイントを紹介しています。その他にも、季節を問わず快眠対策ができる方法があるので、寝付きを良くするためのコツをチェックしてみてください。

蒸し暑い夏は、寝ようと思っても寝られず、眠りも浅くなりがち。ぐっすり快眠するために、今回ご紹介した方法を実践して、毎日快適に眠りましょう。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|夏野菜を食べよう! 栄養&おすすめの食べ方

健康メニュー|夏野菜を食べよう! 栄養&おすすめの食べ方

「夏野菜の○○」と銘打ったメニューが登場するなど、季節ごとの野菜の中でも特に注目されることが多い夏野菜。手ごろな価格で出回る時期になると、つい手に取ってしまっていつも冷蔵庫が一杯に……なんて方もいるのではないでしょうか。今回は、これから旬を迎える夏野菜の栄養や、おすすめの食べ方についてご紹介します。


健康習慣|湿気対策をしてジメジメに負けず健康に過ごそう

健康習慣|湿気対策をしてジメジメに負けず健康に過ごそう

ジメジメとした雨の日が続き、気分まで憂うつになりがちな梅雨の時期。今回は、過去にご紹介した湿気対策に関する記事のなかから、特に読み返していただきたいものをまとめました。健やかな心と体で過ごすためのポイントを、ぜひ参考にしてみてください。


健康習慣|梅雨の不調を楽にする、生活の知恵6選

健康習慣|梅雨の不調を楽にする、生活の知恵6選

これから迎えるジメジメとした梅雨の時期に、疲れがとれにくい、頭が重い、憂うつなどの体調不良を感じたことがある方は多いのではないでしょうか。今回は、このようなジメジメとした環境で起こりやすい梅雨の体調不良を少しでも楽にする、6つの生活の知恵をご紹介します。


健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

夏の不調は暑さと湿気が主な原因。薬膳の世界ではそれぞれを「暑邪(しょじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」と呼び、取り除くべきものと考えています。今回は、薬膳から見た“夏の不調のわけ”や、健やかに過ごすための食養生のポイントを解説します。


最新の投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。