健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。


日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。

まずはここから「朝日を浴びる」「寝る前は明るさを下げる」

ぐっすりと眠るには、まず眠りに必要とされる「メラトニン」というホルモンを夜間に分泌させるために、朝日を浴びることがポイント。メラトニンは、「セロトニン」というホルモンが原料で、セロトニンは朝日を浴びることで分泌されるからです。つまり、朝日を浴びてメラトニンをつくりやすい状態にしておくことで、夜に眠りにつきやすくなるというわけです。

もうひとつのポイントは、就寝前の明るさです。メラトニンは強い光を浴びると分泌が抑えられる一方、暗くなるとともに分泌量が増えます。ところが、就寝直前まで部屋を明るくしていると、メラトニンの分泌が妨げられてしまいます。起床後14~16時間後にメラトニンの分泌が増えるため、20~21時頃から室内を薄暗くするのが、メラトニンを分泌させて安眠するコツです。

ベッドでスマホを使っている方は多いかと思いますが、スマホの光は思っている以上に明るいもので、メラトニンの分泌に影響を与えてしまいます。寝る前は部屋の明かりを暗めにした上で、スマホの使用を控えることも、よい睡眠を取るためのポイントです。

除湿機を上手に使う

なかなか寝付けないと感じる場合は、部屋の湿度も確認しましょう。気温が高くなくても、湿度が高いと寝苦しく感じてしまいます。湿度を調整するためには、除湿機を使うのがおすすめ。寝る前に除湿機をつけておけば、快適な湿度を保ち、布団の湿気も下げてくれるので快眠につながります。ただし、湿度を下げてしまうため、肌や喉が乾燥しやすくなる点には注意しましょう。

エアコンの除湿機能を使うのも、快適な環境で眠るための方法です。エアコンの除湿機能は「弱冷房除湿」と「再熱除湿」の2種類があり、「弱冷房除湿」の場合は室温も下げてしまう場合があるので、冷やしすぎないように使うのがポイントです。

エアコンや除湿機の使い方については、以下の記事もご参照ください。

パジャマにこだわってみる

夏場は、寝る時にTシャツや短パンなどのラフな普段着を適当に着ていませんか?睡眠時の衣類も、快眠にかかわるもの。夏に快適に眠るためには、パジャマを選んでみましょう。夏の暑い時期は、吸汗速乾性の高い麻やガーゼ生地のパジャマがおすすめ。パジャマは眠る時専用の衣類なので、快眠に適したつくりをしています。また、「パジャマを着る=眠る準備に入る」と習慣付ければ、パジャマを着ることで寝るモードに入りやすくなる効果も期待できます。

あなどれない香りのチカラ、睡眠時のおすすめは

ここまで紹介した方法を試しても、深い眠りにつけずに寝不足を感じている場合は、香りを使ってみてはいかがでしょうか。香りは自律神経のバランスを改善することで、イライラや疲労感などの解消につなげてくれる効果があるといわれます。

快眠効果が期待できる精油としては、古くから安眠のための香りとして使われているラベンダーや、ヒノキのような香りのシダーウッドなどがあります。爽やかに眠りたいなら、清涼感のあるミントも使ってみましょう。

香りの効果について興味のある方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

一年を通して意識したい、寝付きを良くする工夫

夏に限らず寝付きが悪い方には、以下の記事もおすすめです。

今回ご紹介したような眠る前のスマホを控えるほか、同じようにテレビやパソコンの液晶画面を見るのも避ける、寝る前は部屋の明かりを薄暗くするなどのポイントを紹介しています。その他にも、季節を問わず快眠対策ができる方法があるので、寝付きを良くするためのコツをチェックしてみてください。

蒸し暑い夏は、寝ようと思っても寝られず、眠りも浅くなりがち。ぐっすり快眠するために、今回ご紹介した方法を実践して、毎日快適に眠りましょう。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。