健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
元気のちから
美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

近年、健康や美容にいいと脚光を浴びている発酵食品。
塩麹やギリシャヨーグルトなどさまざまなブームが起こり、発酵食の専門店も人気です。また、味噌やぬか漬けを手づくりする人も増えています。
ただ、発酵食品が体にいいことは何となく知っていても、発酵にどんなパワーが秘められているのか具体的に知らずに食べている人も多いのではないでしょうか。
そこで発酵のメカニズムや効果をご紹介。食べ物を美味しくし、栄養価も高めてくれる発酵パワーのヒミツに迫ります。


発酵とは何か

発酵とは、食材がカビや菌などの微生物の働きによって分解され、人間にとって有益な物質になる過程のこと。世界で最も古い発酵食品は酒といわれ、7000〜8000年前の遺跡にワインをつくっていた形跡がみられます。
実は微生物が発見されたのは17世紀になってから。人間は発酵の仕組みが解明されるずっと前から偶発的に発酵した食品の味や香りの良さ、保存性の高さを経験的に学び、食べてきたのです。

みその写真

・気候に恵まれた日本の発酵文化

日本は、夏の高温多湿でカビや菌が発生しやすい気候が発酵に適し、他に類を見ない豊かな発酵文化が育まれました。縄文時代には酒がつくられ、奈良時代に麹菌を利用した醤油や味噌づくりが始まったといわれます。他にも酢や漬け物、納豆など、多くの発酵食品が日本の食卓を彩ってきました。
近年、発酵食品は健康や美容にいいと注目を浴びています。より健やかな生活を送るためにもここで発酵の仕組みを学び、毎日の食事に効果的に取り入れていきましょう。

・日本は発酵大国!

各地の発酵食品一覧

発酵と腐敗の違い

実は発酵と腐敗の仕組みは同じです。有益か有害かという人間の価値観に基づいて、いずれかに区別されます。同じ菌でも美味しく変化すれば「発酵」、食べられない場合は「腐敗」になるのです。

発酵と腐敗の違いを示したイラスト

発酵に関わる微生物たち

微生物も生物なので増殖するために栄養が必要です。発酵は微生物が食べ物から栄養をとる時に、その食べ物を分解して、新しい栄養素やうまみ成分をつくり出すために起こります。

・発酵を担う三大微生物

発酵に関わる微生物はカビ、細菌、酵母菌の3種。和食文化に欠かせない麹菌はカビの一種です。発酵食品には乳酸菌によるヨーグルト、納豆菌による納豆など一つの原材料に一つの発酵が起こるものもありますが、味噌や醤油など複数の微生物によって発酵する食品も多く、複雑な味わいを生み出しています。

主な微生物と発酵食品の一覧表

発酵のメカニズム

食べ物が発酵食品になるまでの過程は複雑で、食べ物の種類によっても異なります。しかし、基本的には「酵素による分解」「新しい物質をつくる」という2つの反応が起こっています。ここでは日本酒を例に、発酵のメカニズムを見ていきましょう。

日本酒ができるまでの説明イラスト

発酵のメリット

1.栄養価が高くなる

発酵の過程で微生物がアミノ酸やビタミン類を生産するため、元の食材よりも栄養価が高くなります。また、栄養素が分解されることで体内に吸収しやすくなります。

2.風味が増す

タンパク質が分解されることで旨み成分のグルタミン酸(アミノ酸系)やイノシン酸ができて独特の風味が生まれます。

3.保存性が上がる

発酵に関わる微生物が腐敗の原因になる雑菌を抑え、保存性を高めます。また、発酵で生成されるアルコールや酢酸そのものに殺菌作用があります。

食事の写真

発酵食品の健康・美容パワー

私たちの体に有益な影響をもたらす発酵食品。
その効果を知り、上手に取り入れて健康的な生活を送りましょう。

1.腸内環境を整える

味噌や日本酒、漬物、ヨーグルトなどに存在する乳酸菌は「善玉菌」の一種です。善玉菌は腸内で大腸菌などの「悪玉菌」の増殖を抑え、腸内フローラを理想的な状態に整えてくれます。善玉菌を活性させる酵母菌と増幅させる納豆菌、さらに麹菌も善玉菌です。
悪玉菌が増えすぎると腸内環境が悪化して便秘になり、有害物質の発生や免疫力の低下を引き起こします。発酵食品の摂取が腸内環境の改善につながるのです。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の説明

腸内フローラの理想は 217

人間の腸には100兆個もの腸内細菌が棲み、「腸内フローラ」を構成します。腸内フローラの理想的な状態は「善玉菌」2:「悪玉菌」1:「日和見菌」7の割合。有害物質を発生させるだけでなく、悪玉菌も消化・吸収など、実は大事な働きを担っています。

2.疲労回復を促進

酢の成分である酢酸やクエン酸には疲労回復を促進する効果があります。また、酢酸には消化酵素の働きを活性化させ、食欲を増進させる効果もあるといわれています。

3.ダイエットをサポート

発酵食品には食べたものをエネルギーに変えて代謝を上げるビタミンB群や、脂肪の燃焼を促す必須アミノ酸などが多く含まれるため、肥満の予防、ダイエットへの効果も期待できます。

4.美容効果にも期待

発酵食品に含まれるビタミンCやカロテン、ポリフェノールなどの抗酸化物質が、老化の原因である活性酸素の発生や働きを抑制します。また、納豆のネバネバ成分であるポリグルタミン酸は肌が持つ保湿機能を高めてくれます。

高栄養価の発酵食品! 黒酢のヒミツ

世界最古の調味料といわれ、世界各地で食されている発酵食品、酢。なかでも玄米や大麦を原料とした黒酢はアミノ酸やミネラルが豊富で、健康食品としても人気を博しています。
鹿児島県福山地方の黒酢は、壺の中で発酵、熟成を行う珍しい製法。江戸時代より受け継がれてきた伝統が黒酢の栄養を育んでいます。

・黒酢のつくり方

黒酢ができるまで

・酢酸発酵・熟成過程で生まれる〝もろみ〞は栄養素の宝庫

醸造の過程で、原料が発酵したやわらかい固形状のものを「もろみ」といいます。黒酢の発酵過程で生まれる黒酢もろみはアミノ酸などの黒酢の栄養素が凝縮されており、食物繊維やペプチドも豊富です。

黒酢もろみに関するイラスト

発酵の豆知識

麹は日本の「国菌」

古くより、清酒や味噌、醤油などの日本の発酵食品に使われてきた麹。米や麦、大豆にカビを繁殖させたもので、酵素をたくさん生成するうえ、麹の成分が酵母などの栄養源になって食品に豊かな風味をもたらします。日本の食文化に多大なる貢献をしてきたことから、2006年には日本醸造学会が「国菌」に認定。麹は日本が誇る微生物なのです。

発酵食品の取り入れ方

・毎日食べる

腸内環境をよい状態に保つためには毎日食べることが大切です。ただし、醤油や味噌、漬物など塩分が高い食品は摂り過ぎに注意しましょう。

・複数の食品を組み合わせる

栄養バランスが取れた食生活のためにも、さまざまな種類の菌を取り入れるためにも、「納豆キムチ」など複数の発酵食品を組み合わせて食べるのがおすすめです。

・健康食品やサプリメントで補給も

発酵食品を原料にした健康食品やサプリメントであれば臭いを気にせず、また忙しい時でも手軽に摂ることができます。

関連するキーワード


元気のちから

関連する投稿


毎日の健康にも役立つ!うま味たっぷり「だし」の魅力

毎日の健康にも役立つ!うま味たっぷり「だし」の魅力

栄養バランスのいい健康的な食事として、世界から注目されている和食に欠かせない「だし」。<br> 素材のおいしさを引き出し、料理の味を高めるのはもちろん、健康づくりに役立つ成分も含まれています。“だしをとるのは面倒”と思われがちですが、ここでは手軽な方法をご紹介します。毎日の料理においしいだしを取り入れてみませんか。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

乾燥についても、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。


毎日を元気に過ごすための睡眠のコツ

毎日を元気に過ごすための睡眠のコツ

きちんと寝ているのに目覚めが悪い、疲れが取れない、日中眠くなる……。<br>そんな悩みに心当たりがあるなら、睡眠の質に問題があるのかもしれません。<br>1日のうちの約3分の1の時間を占める睡眠は、日中を有意義に過ごすための大切なカギを握っています。<br>眠りの重要性を見直し、質を向上させて、快調な毎日を手に入れましょう。


最新の投稿


野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

秋の味覚としておなじみのサツマイモですが、実は秋から冬にかけて旬を迎える食材で、冬もおいしく食べられる時期です。今回は、薬膳的な効果も期待できるサツマイモの栄養や賞味期限、正しい保存方法についてご紹介します。


健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

健康メニュー|「宮崎牛」農家が丹精した日本一の牛肉

日本各地に数多く存在するブランド牛。なかでも「宮崎牛」は、“和牛のオリンピック”と呼ばれる「全国和牛能力共進会」をはじめ、そうそうたる受賞歴を誇ります。今回は、宮崎牛の概要と肉質の魅力、栄養、おいしい食べ方などについてご紹介します。


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。