健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|骨密度って何だろう? 検査方法や気をつけたい生活習慣

健康習慣|骨密度って何だろう? 検査方法や気をつけたい生活習慣

肌や髪の毛をはじめ、人の体のなかの組織は、新陳代謝によって日々生まれ変わっています。それは骨も例外ではありません。骨は加齢とともにもろくなってしまうものですが、生活習慣とも密接に関係しています。今回は、骨密度を調べる検査方法や、骨を丈夫にするために心がけたいことをご紹介します。


肌や髪の毛をはじめ、人の体のなかの組織は、新陳代謝によって日々生まれ変わっています。それは骨も例外ではありません。骨は加齢とともにもろくなってしまうものですが、生活習慣とも密接に関係しています。今回は、骨密度を調べる検査方法や、骨を丈夫にするために心がけたいことをご紹介します。

骨密度とは

骨密度とは、骨の強さや、骨を構成するカルシウムをはじめとするミネラル成分の詰まり具合を評価するための指標です。このミネラル成分を骨塩といい、骨密度は骨の単位面積(平方センチ)あたりの骨塩量(グラム)によって算出されます。

骨密度は、加齢とともに減少することが分かっています。それは男女ともに同じですが、特に女性は20歳頃に骨密度がピークとなり、その後ゆるやかに減少。閉経を迎える50歳頃から著しく減少するといわれています。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の吸収を促し、骨からカルシウムが溶け出すのを抑えるはたらきをします。しかし閉経によって女性ホルモンの分泌量が減ると、代謝のバランスが崩れ、骨が弱くなってしまうのです。骨密度が低下すると、何気ない動作で骨折しやすくなる骨の病気「骨粗しょう症」のリスクがあります。骨粗しょう症は痛みのような自覚症状が出にくく、気づかないうちに骨折していることが多いようです。

骨密度を測ろう!年に1回は定期的に検査を

ご自身の骨密度が気になったら、実際に検査を受けてみましょう。一般的に50歳以上(女性は40歳以上)の方は年1回、定期的に検査を受けることをおすすめします。骨密度を測定するための検査にはいくつか方法があり、X線を用いる方法と超音波を用いる方法の2種類に大きく分けられます。それぞれの内容を簡単にご紹介します。

DXA(デキサ)法

骨密度の測定において標準的な検査が「DXA(デキサ)法」によるものです。検査時は撮影台に仰向けになり、2種類の微量なX線を照射して骨密度を測定します。短時間で終わるうえに、他の方法よりも精度が高いといわれています。

MD(エムディ)法

DXA法と同様にX線を用いる方法で、主に手の骨密度を測りたい時に行う検査です。手の横にアルミニウムの板をおいて一緒に撮影し、映った骨とアルミニウムの濃度を比較することによって骨密度を測定します。

超音波法

すねやかかとなどに超音波を当て、骨密度を測定します。X線を使わないことから、妊娠中の方でも検査を受けられる点がメリットです。ただし、精度はあまり高いとはいえないようで、結果の誤差が多いのがデメリットです。

生活習慣の工夫で骨を鍛える

加齢によって骨密度が低下するのはやむを得ないことですが、生活習慣の工夫によって骨を健やかに保つことができます。若い時に比べるとどうしても食事や運動の量は減りがちですが、バランスよく栄養を摂り、適度な運動によって骨に刺激を与えることが重要です。

骨の形成に役立つ栄養素

カルシウムのほか、ビタミンDやビタミンKは、骨密度の低下を防ぐために積極的に摂りたい栄養素。特に、カルシウムとビタミンDを同時に摂ると、腸管でのカルシウムの吸収率がよくなるそうです。カルシウムは、乳製品や小魚、小松菜などに豊富に含まれています。骨粗しょう症の予防の観点からは、1日700~800ミリグラムのカルシウムを摂ることが推奨されています。また、塩分を摂り過ぎると、カルシウムと結合して排出されてしまうので、減塩を心がけましょう。

減塩を無理なく続けるための食生活については、以下の記事を参考にしてみてください。

軽い運動で骨を刺激

骨粗しょう症の治療方法のひとつが、運動療法です。骨のなかには、骨を破壊する「破骨細胞」と骨を形成する「骨芽細胞」があり、互いにバランスをとっています。運動によってそれらの細胞に適度な負荷をかけると、骨にカルシウムが沈着しやすいといわれています。散歩や筋力トレーニングなどを、毎日できる範囲で続けましょう。ちなみに、1分間の片足立ちを左右それぞれ1日3回程度続けたところ、骨密度が上昇したという調査結果もあるようです。

骨粗しょう症は、自覚症状がないまま進行することが多い病気です。定期的に骨密度を検査し、日ごろからご自身の骨の健康状態を把握しておきましょう。

関連する投稿


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

秋から冬にかけては、日に日に乾燥が厳しくなります。この時期の風邪は、喉の痛みからはじまる方も多いもの。なかには、この季節になると、喉からくる風邪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、喉の痛みがつらい時にすぐ試したい、さまざまな対処法やおすすめの生活習慣についてご紹介します。


健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

木の棒を投げてピンを倒す、ボウリングのようなスポーツ「モルック」。一見シンプルながら、点数計算やゲームの進め方などには意外と戦略性があり、脳トレにもなるスポーツとして近年注目されています。今回は、モルックの概要についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。