健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|骨密度って何だろう? 検査方法や気をつけたい生活習慣

健康習慣|骨密度って何だろう? 検査方法や気をつけたい生活習慣

肌や髪の毛をはじめ、人の体のなかの組織は、新陳代謝によって日々生まれ変わっています。それは骨も例外ではありません。骨は加齢とともにもろくなってしまうものですが、生活習慣とも密接に関係しています。今回は、骨密度を調べる検査方法や、骨を丈夫にするために心がけたいことをご紹介します。


肌や髪の毛をはじめ、人の体のなかの組織は、新陳代謝によって日々生まれ変わっています。それは骨も例外ではありません。骨は加齢とともにもろくなってしまうものですが、生活習慣とも密接に関係しています。今回は、骨密度を調べる検査方法や、骨を丈夫にするために心がけたいことをご紹介します。

骨密度とは

骨密度とは、骨の強さや、骨を構成するカルシウムをはじめとするミネラル成分の詰まり具合を評価するための指標です。このミネラル成分を骨塩といい、骨密度は骨の単位面積(平方センチ)あたりの骨塩量(グラム)によって算出されます。

骨密度は、加齢とともに減少することが分かっています。それは男女ともに同じですが、特に女性は20歳頃に骨密度がピークとなり、その後ゆるやかに減少。閉経を迎える50歳頃から著しく減少するといわれています。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、骨の吸収を促し、骨からカルシウムが溶け出すのを抑えるはたらきをします。しかし閉経によって女性ホルモンの分泌量が減ると、代謝のバランスが崩れ、骨が弱くなってしまうのです。骨密度が低下すると、何気ない動作で骨折しやすくなる骨の病気「骨粗しょう症」のリスクがあります。骨粗しょう症は痛みのような自覚症状が出にくく、気づかないうちに骨折していることが多いようです。

骨密度を測ろう!年に1回は定期的に検査を

ご自身の骨密度が気になったら、実際に検査を受けてみましょう。一般的に50歳以上(女性は40歳以上)の方は年1回、定期的に検査を受けることをおすすめします。骨密度を測定するための検査にはいくつか方法があり、X線を用いる方法と超音波を用いる方法の2種類に大きく分けられます。それぞれの内容を簡単にご紹介します。

DXA(デキサ)法

骨密度の測定において標準的な検査が「DXA(デキサ)法」によるものです。検査時は撮影台に仰向けになり、2種類の微量なX線を照射して骨密度を測定します。短時間で終わるうえに、他の方法よりも精度が高いといわれています。

MD(エムディ)法

DXA法と同様にX線を用いる方法で、主に手の骨密度を測りたい時に行う検査です。手の横にアルミニウムの板をおいて一緒に撮影し、映った骨とアルミニウムの濃度を比較することによって骨密度を測定します。

超音波法

すねやかかとなどに超音波を当て、骨密度を測定します。X線を使わないことから、妊娠中の方でも検査を受けられる点がメリットです。ただし、精度はあまり高いとはいえないようで、結果の誤差が多いのがデメリットです。

生活習慣の工夫で骨を鍛える

加齢によって骨密度が低下するのはやむを得ないことですが、生活習慣の工夫によって骨を健やかに保つことができます。若い時に比べるとどうしても食事や運動の量は減りがちですが、バランスよく栄養を摂り、適度な運動によって骨に刺激を与えることが重要です。

骨の形成に役立つ栄養素

カルシウムのほか、ビタミンDやビタミンKは、骨密度の低下を防ぐために積極的に摂りたい栄養素。特に、カルシウムとビタミンDを同時に摂ると、腸管でのカルシウムの吸収率がよくなるそうです。カルシウムは、乳製品や小魚、小松菜などに豊富に含まれています。骨粗しょう症の予防の観点からは、1日700~800ミリグラムのカルシウムを摂ることが推奨されています。また、塩分を摂り過ぎると、カルシウムと結合して排出されてしまうので、減塩を心がけましょう。

減塩を無理なく続けるための食生活については、以下の記事を参考にしてみてください。

軽い運動で骨を刺激

骨粗しょう症の治療方法のひとつが、運動療法です。骨のなかには、骨を破壊する「破骨細胞」と骨を形成する「骨芽細胞」があり、互いにバランスをとっています。運動によってそれらの細胞に適度な負荷をかけると、骨にカルシウムが沈着しやすいといわれています。散歩や筋力トレーニングなどを、毎日できる範囲で続けましょう。ちなみに、1分間の片足立ちを左右それぞれ1日3回程度続けたところ、骨密度が上昇したという調査結果もあるようです。

骨粗しょう症は、自覚症状がないまま進行することが多い病気です。定期的に骨密度を検査し、日ごろからご自身の骨の健康状態を把握しておきましょう。

関連する投稿


健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

夏の不調は暑さと湿気が主な原因。薬膳の世界ではそれぞれを「暑邪(しょじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」と呼び、取り除くべきものと考えています。今回は、薬膳から見た“夏の不調のわけ”や、健やかに過ごすための食養生のポイントを解説します。


健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

耳かきや綿棒で行う耳掃除。気持ちよさからなんとなく習慣になっているかもしれませんが、「やったほうがいい」「やらなくていい」と賛否両論があることをご存じでしょうか。今回は、耳掃除の必要性をはじめ、耳掃除を行う場合の安全な方法についてご紹介します。


健康習慣|しわを招く紫外線は春からピークに! 春の紫外線対策

健康習慣|しわを招く紫外線は春からピークに! 春の紫外線対策

日本国内で紫外線量に注意が必要な時期は真夏と思われがちですが、実際は3月頃から紫外線量は急激に増加します。「春は夏よりも紫外線量が少ないから、対策も軽いものでOK」というわけではなく、紫外線量が増えはじめる春からしっかりと紫外線対策を行うことが大事です。今回は、春の紫外線の特徴と対策についてご紹介します。


健康習慣|「春の眠気対策」 簡単にできるスッキリ過ごすための工夫

健康習慣|「春の眠気対策」 簡単にできるスッキリ過ごすための工夫

少しずつ春のあたたかさを感じられる季節になりました。「春眠暁を覚えず」といいますが、寝心地がよく、朝になっても気づかないほどぐっすりと眠り込み、つい寝坊をしてしまうことがあるかもしれません。しかし、1日中寝ぼけたままぼんやりしているわけにはいかないもの。そこで今回は、春の眠気を吹き飛ばしてスッキリ過ごすための工夫や、健康な生活習慣作りに役立つ、眠気対策についてご紹介します。


健康習慣|健康診断の受け方。検査の目的や結果の活用方法を知ろう

健康習慣|健康診断の受け方。検査の目的や結果の活用方法を知ろう

会社や自治体から送られてくる、定期健康診断の案内。「なんとなく受診して、結果を見たらまた来年……」となっていませんか?年1回の健康診断は、自分の健康状態を知る貴重なチャンス。生活習慣病のように自覚症状のない病気を予防することにつながるうえ、疾患の兆候を発見できる場合もあります。しっかりと受診して、健康管理に役立てましょう。


最新の投稿


健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

夏の不調は暑さと湿気が主な原因。薬膳の世界ではそれぞれを「暑邪(しょじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」と呼び、取り除くべきものと考えています。今回は、薬膳から見た“夏の不調のわけ”や、健やかに過ごすための食養生のポイントを解説します。


健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

奈良時代に中国から伝わったとされ、江戸時代には庶民の食卓に上がるようになった豆腐。植物性たんぱく質が豊富で低カロリーかつ、手頃な値段で購入できる豆腐は、いいことずくめの優秀食材です。今回は、豆腐の栄養や効能、おいしく食べる方法などをご紹介します。


おいしく健康をサポート お酢のチカラ

おいしく健康をサポート お酢のチカラ

お酢は、昔から日本人の食に欠かせない調味料。<br>料理の味を引き立てるだけでなく、健康に良い調味料として改めて注目されています。<br>お酢の種類や健康効果を知り、食卓に賢く取り入れましょう。


美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

近年、健康や美容にいいと脚光を浴びている発酵食品。<br>塩麹やギリシャヨーグルトなどさまざまなブームが起こり、発酵食の専門店も人気です。また、味噌やぬか漬けを手づくりする人も増えています。<br>ただ、発酵食品が体にいいことは何となく知っていても、発酵にどんなパワーが秘められているのか具体的に知らずに食べている人も多いのではないでしょうか。<br>そこで発酵のメカニズムや効果をご紹介。食べ物を美味しくし、栄養価も高めてくれる発酵パワーのヒミツに迫ります。


健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

耳かきや綿棒で行う耳掃除。気持ちよさからなんとなく習慣になっているかもしれませんが、「やったほうがいい」「やらなくていい」と賛否両論があることをご存じでしょうか。今回は、耳掃除の必要性をはじめ、耳掃除を行う場合の安全な方法についてご紹介します。