健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|イースター(復活祭)とは なぜ卵を食べるの?

健康メニュー|イースター(復活祭)とは なぜ卵を食べるの?

イースターは、日本では最近やっと耳にするようになったイベントですが、キリスト教圏ではクリスマスよりも重要なお祭りとされています。今回はイースターの由来、シンボルとされる卵や行事食などについてご紹介します。


イースターは、日本では最近やっと耳にするようになったイベントですが、キリスト教圏ではクリスマスよりも重要なお祭りとされています。今回はイースターの由来、シンボルとされる卵や行事食などについてご紹介します。

イースター(復活祭)とは?

キリストが奇跡を起こし復活したことを祝うお祭り

キリスト教の始祖であるイエス・キリストは、弟子の裏切りによって捕らえられ、十字架にかけられて処刑されたといわれます。しかし、処刑の3日後には復活の奇跡を遂げたと伝えられていて、その“キリストが復活した日”を祝して行われる“復活祭”が、イースターなのです。

毎年「春分の日のあと、最初の満月の次に来る日曜日」

イースターの日は「春分の日のあと、最初の満月の次に来る日曜日」、つまり毎年日付が変わる移動祝日です。キリスト教のなかでも西方教会(カトリック・プロテスタント)と東方教会では暦が違うことから、違う日になっています。日本では西方教会の日付を用いるのが一般的です。

イースターにはなぜ卵を食べるの?

復活の象徴とされる「卵(イースターエッグ)」

生命が産まれる卵は、復活の象徴とされ、イースターを祝うごちそうによく用いられます。食べるだけでなく、卵にペイントや飾り付けをした「イースターエッグ」もイースターが盛んな国ではよく作られています。このイースターエッグをスプーンにのせて落とさないように競走したり、家や庭に隠されたイースターエッグをみんなで探したりする楽しいイベントもあります。

繁栄の象徴とされる「うさぎ(イースターバニー)」

うさぎは多くの子を産むことから繁栄の象徴とされ、「イースターバニー」としてお祭りを彩るモチーフのひとつです。イースターの盛んな国では、帽子にうさぎの耳風のモチーフやイースターの飾りを施してかぶる「ボンネットパーティ」もよく行われています。

イースターメニューに挑戦してみよう

定番のイースターメニューは「デビルドエッグ(ウフ ミモザ)」

敬虔なクリスチャンはイースターの前に断食を行います。といっても、食事をまったく摂らないのではなく、回数や量を控えたり、肉魚や卵を控えたり、節制をしたりするといったさまざまな方法が見られます。そうして、断食が明けるイースターに卵料理などのごちそうを用意するのです。
定番のメニューである「デビルドエッグ」は、ゆで卵の卵黄を取り出して味付けをし、卵白のなかへ戻すように盛り付けるというもの。「デビルド~」という名は卵黄にスパイシーな味付けをすることに由来した名前で、ヨーロッパでは「ウフ ミモザ」とも呼ばれます。

ゆで卵は栄養的にもぜひ積極的に食べたい

デビルドエッグにも使われるゆで卵は、筋肉のもととなる良質なたんぱく質など、豊富な栄養素を含んでおり、ぜひ積極的に食べておきたい食材です。イースターを楽しむのと併せて、ゆで卵を食べる習慣もぜひ取り入れてみましょう。

ゆで卵について詳しくは、下記の記事も参考にしてみてください。

うさぎはデザインや盛り付けのモチーフに

イースターの象徴といっても、うさぎはその肉をごちそうとして食べたりするのではなく、もっぱら料理のデザインや盛り付けのモチーフとして使われます。うさぎの特徴的な長い耳やつぶらな目、丸みのあるシルエットは、飾り切りや型抜きなど、目でも料理を楽しむのにぴったり。かわいらしくてお子さんも喜ぶモチーフですし、いつもと違うごちそうになること請け合いです。

クリスマスはもちろん、バレンタインデーやハロウィンなど、海外に由来を持つお祭りも上手に楽しんでいる日本の人々。イースターはキリスト教にまつわるお祭りではありますが、宗教にこだわらず、ハッピーな気持ちになれるお祭りとして自分たちなりに楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

関連する投稿


健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

奈良時代に中国から伝わったとされ、江戸時代には庶民の食卓に上がるようになった豆腐。植物性たんぱく質が豊富で低カロリーかつ、手頃な値段で購入できる豆腐は、いいことずくめの優秀食材です。今回は、豆腐の栄養や効能、おいしく食べる方法などをご紹介します。


健康メニュー|フリーズドライってどういうもの?

健康メニュー|フリーズドライってどういうもの?

おみそ汁やスープなど、近年は多彩なメニューがフリーズドライとして販売されています。フリーズドライ食品は料理をそのまま乾燥させたもので、お湯を注げばすぐにおいしく食べられますが、調理方法は知っていても、どのような製法で作られているか知っている方は案外少ないもの。そこで今回は、フリーズドライの製造方法や栄養価、フリーズドライ食品についての情報をご紹介します。


健康メニュー|焼菓子 フィナンシェとマドレーヌの違いは?

健康メニュー|焼菓子 フィナンシェとマドレーヌの違いは?

フィナンシェ、マドレーヌ、バウムクーヘン……どれもよく目にする洋菓子ですが、「焼菓子」という便利な名前があるだけに、それぞれの違いについては意外と意識していないかもしれませんね。今回は、身近な焼菓子の特徴や、由来などについてご紹介します。


健康メニュー|三つ葉 親子丼の名脇役は栄養も豊富

健康メニュー|三つ葉 親子丼の名脇役は栄養も豊富

親子丼やお吸い物などで口にすることが多い三つ葉。メインで食べることはあまりなく、どちらかというと脇役的な食材というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。そんな三つ葉は、意外にも栄養価が高く、栽培方法によって食べ方も異なります。今回は、さまざまな料理を引き立てる食材・三つ葉についてご紹介します。


健康メニュー|「黒糖」って健康にどういいの?栄養やおいしい食べ方

健康メニュー|「黒糖」って健康にどういいの?栄養やおいしい食べ方

コクがあり、独特の風味が人気の黒糖。健康によさそうなイメージが定着していますが、どのような栄養が含まれているのか、どのように体によいのか、意外と知られていないのではないでしょうか。そこで今回は、黒糖の栄養と、食べることで期待できる健康効果についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

夏の不調は暑さと湿気が主な原因。薬膳の世界ではそれぞれを「暑邪(しょじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」と呼び、取り除くべきものと考えています。今回は、薬膳から見た“夏の不調のわけ”や、健やかに過ごすための食養生のポイントを解説します。


健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

奈良時代に中国から伝わったとされ、江戸時代には庶民の食卓に上がるようになった豆腐。植物性たんぱく質が豊富で低カロリーかつ、手頃な値段で購入できる豆腐は、いいことずくめの優秀食材です。今回は、豆腐の栄養や効能、おいしく食べる方法などをご紹介します。


おいしく健康をサポート お酢のチカラ

おいしく健康をサポート お酢のチカラ

お酢は、昔から日本人の食に欠かせない調味料。<br>料理の味を引き立てるだけでなく、健康に良い調味料として改めて注目されています。<br>お酢の種類や健康効果を知り、食卓に賢く取り入れましょう。


美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

近年、健康や美容にいいと脚光を浴びている発酵食品。<br>塩麹やギリシャヨーグルトなどさまざまなブームが起こり、発酵食の専門店も人気です。また、味噌やぬか漬けを手づくりする人も増えています。<br>ただ、発酵食品が体にいいことは何となく知っていても、発酵にどんなパワーが秘められているのか具体的に知らずに食べている人も多いのではないでしょうか。<br>そこで発酵のメカニズムや効果をご紹介。食べ物を美味しくし、栄養価も高めてくれる発酵パワーのヒミツに迫ります。


健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

耳かきや綿棒で行う耳掃除。気持ちよさからなんとなく習慣になっているかもしれませんが、「やったほうがいい」「やらなくていい」と賛否両論があることをご存じでしょうか。今回は、耳掃除の必要性をはじめ、耳掃除を行う場合の安全な方法についてご紹介します。