健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
郷土料理|讃岐うどん 食べ方のバリエーションが豊富!

郷土料理|讃岐うどん 食べ方のバリエーションが豊富!

全国各地にはさまざまな種類のうどんがありますが、特に有名なもののひとつが香川県の「讃岐うどん」。讃岐うどんの特徴は、何といってもそのコシの強さ。あっさりしただしをかけるのが定番ですが、食べ方にさまざまなバリエーションがあります。今回は、讃岐うどんのおいしさの秘密やおすすめの食べ方などをご紹介します。


全国各地にはさまざまな種類のうどんがありますが、特に有名なもののひとつが香川県の「讃岐うどん」。讃岐うどんの特徴は、何といってもそのコシの強さ。あっさりしただしをかけるのが定番ですが、食べ方にさまざまなバリエーションがあります。今回は、讃岐うどんのおいしさの秘密やおすすめの食べ方などをご紹介します。

讃岐うどんとは?

讃岐うどんといえば香川県の名物料理。讃岐地方は温暖で降雨量が少ない瀬戸内海式気候で、たびたび干ばつに見舞われてきました。安定的な米の生産ができないため、代わりに雨が少なくても育つ小麦の栽培に注力した歴史があります。製塩も盛んであったことから、小麦と塩を使ってうどんが作られるようになり、讃岐うどんとして発展しました。今や香川県は自ら「うどん県」と名乗り、讃岐うどんは全国的に知られる名物となっています。

讃岐うどんは、麺にツヤがあってコシが強いのが特徴。讃岐うどんとして認められるには、全国生麺類公正取引協議会が定めた、下記の5つの基準を満たす必要があります。

・香川県内で製造されていること
・加水量が小麦粉の総重量に対して40%以上であること
・加塩量が小麦粉の総重量に対して3%以上であること
・熟成時間が2時間以上であること
・15分以内にゆで上がること

いくつ知ってる?讃岐うどんの食べ方

讃岐うどんには、さまざまな食べ方があります。もちもちとした麺と風味豊かなだしのハーモニーを楽しめるシンプルな食べ方から、卵や野菜などを加えてアレンジした食べ方まで。皆さんはいくつご存じでしょうか。

かけうどん

もっとも基本的な食べ方。麺をゆでたら、ぬめりが取れるまで水洗いし、あたためなおしてだしをかけていただきます。だしはいりこやかつおが定番。お好みでネギや天かすなどをのせます。

釜揚げうどん

釜のなかでゆで上がった麺を、ゆで汁と一緒に器に移したうどん。熱いつけだしにつけて味わいます。麺を水で締めないため、ふんわりとした食感に仕上がります。

ぶっかけうどん

ゆで上がった麺を冷水で締め、濃いめのつけだしを直接かけていただきます。たっぷり薬味をのせ、豪快にかきまぜて味わいましょう。薬味はネギや大根おろしがおすすめ。

生醤油うどん

ゆでて冷水で締めた麺に、醤油をかけて味わいます。讃岐地方で使われている生醤油は、サバ節やかつお節、昆布、みりんなどを醤油にブレンドした、だし醤油の一種。麺のおいしさが引き立つ食べ方です。

釜玉うどん

生卵を割り入れた器に、ゆで上がった麺をそのまま移し、醤油をかけていただきます。熱々の麺によって卵が半熟状態になるのがポイント。まろやかな味わいを楽しめます。

湯だめうどん

ゆで上がった麺を冷水で締めたあと、もう一度お湯でゆがいて、あたたかい状態でいただく食べ方。つけだしで味わいます。釜あげうどんと似ていますが、冷水で締めることで麺のぬめりが取れ、つるりとした食感になります。

しっぽくうどん

大根やニンジン、里芋などの野菜を煮込み、麺の上に豪快にかけたもの。だしに野菜の甘みやうま味が溶け込み、体をあたためてくれます。冬の郷土料理として地元の人たちに愛されています。

打ち込みうどん

大根やニンジン、里芋のほか、肉も加えて味噌仕立てで煮込み、うどんを加えてさらに煮込んだもの。香川県の一部地域では、ドジョウを入れた「どじょううどん」も親しまれています。

讃岐うどんにまつわるユニークな風習

讃岐うどんの本場・香川県では、うどんにちなんだ風習があります。うどんを愛する県ならではの、ユニークな文化ですね。

「年越しそば」ならぬ「年明けうどん」

大晦日に食べるものといえば「年越しそば」が定番ですが、香川県では「年明けうどん」がじわじわと定着しているそうです。讃岐うどんの普及のために地元の麺業界が提唱したもので、1月1日から15日までに、赤いトッピングを添えたうどんを食べて新年を祝います。

新築の家の風呂でうどんを食べる「初風呂うどん食え」

香川県西部で行われている「初風呂うどん食え」。家を新築した時は新しい風呂に年長者から入り、湯船でうどんを食べるのだとか。長く太く生きられるようにとの願いが込められています。

知れば知るほどおもしろい、讃岐うどん。世田谷自然食品では、家庭で手軽に作れる「本場讃岐うどん」を販売しています。北海道産小麦を使用したはずむような歯ごたえの麺と、かつおと昆布、そして隠し味に煮干しを効かせたつゆが相性抜群。温冷どちらのメニューも楽しめますよ。

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。