健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|食欲コントロール&冷え性改善「かつおだしで減塩」のすすめ

健康メニュー|食欲コントロール&冷え性改善「かつおだしで減塩」のすすめ

日本食はヘルシーといわれていますが、実は日本は減塩後進国。世界基準の倍ほどの塩分を摂っているとのデータもあるほどです。塩分の摂り過ぎは高血圧や循環器疾患などのリスクを高めるほか、骨粗しょう症の一因とも考えられています。そこで今回は、減塩に役立つかつおだしのとり方をご紹介。かつおだしは減塩のほかにもうれしい効能がたくさんあります。


日本食はヘルシーといわれていますが、実は日本は減塩後進国。世界基準の倍ほどの塩分を摂っているとのデータもあるほどです。塩分の摂り過ぎは高血圧や循環器疾患などのリスクを高めるほか、骨粗しょう症の一因とも考えられています。そこで今回は、減塩に役立つかつおだしのとり方をご紹介。かつおだしは減塩のほかにもうれしい効能がたくさんあります。

日本成人の塩分摂取量は世界基準の“倍”

ヘルシーといわれる日本食を好んでいるはずの私たちですが、世界的に見ると日本人は食塩を多く摂っている減塩後進国。一般の方の1日の食塩摂取量は、欧米諸国では6グラム未満を推奨していますが、日本では、高血圧の人に対する推奨量が同じ6グラムです。
厚生労働省は健康な人に対して、男性は7.5グラム/日未満、女性は6.5グラム/日未満を推奨していますが、ほとんどの日本人は1日平均9~12グラムの塩分を摂取しているというデータもあります。

食塩を摂り過ぎると、高血圧を招くことはよく知られています。日本では成人の3人に1人、シニアの3人に2人が高血圧と診断されています。高血圧の予防は国民的な課題といっても過言ではありません。食塩の摂取量が少ない地域では加齢による血圧の上昇も抑えられており、このことからも生涯にわたって減塩を意識することの大切さが分かりますね。

夜にトイレが近い人は、塩分の摂り過ぎが原因かも?

夜に尿意を覚えて目が覚めてしまう「夜間頻尿」は、加齢(夜間に作られる尿量が増える)、水分の摂り過ぎや、寝る前の飲酒などに加えて、塩分の摂り過ぎも一因であることが分かってきました。

「夜間頻尿」は質のいい睡眠の妨げになり、睡眠不足やそれに伴う日中のイライラなど、生活の質まで下げてしまいます。塩分を減らすだけでも「夜間頻尿」は改善できる可能性があり、さらにはQOL(生活の質)向上が期待できるので、減塩を試さない手はありません。

加齢による困りごとといえば、骨粗しょう症もあります。骨がもろくなる骨粗しょう症の原因では、加齢やカルシウム不足、ビタミンD・Kの不足などが知られていますが、塩分の摂り過ぎも危険因子のひとつです。

減塩にも一役、かつおだしにはうれしい効果がたくさん

減塩生活をはじめるのに、ぜひ取り入れていただきたいのがかつおだし。うま味成分であるイノシン酸のほか、かつおだしにはうれしい効果がたくさんあります。

1.食べ過ぎを防ぐ

昆布だしなどに含まれるグルタミン酸、かつおだしに含まれるイノシン酸は、含まない食事とくらべて満腹感が持続し、食べ過ぎや間食を防ぎます。食事の最後にこれらのだしを用いたスープやおみそ汁を飲むとよいでしょう。

2.ストレスを軽減する

最近の研究では、かつおだしのうま味成分が緊張感や不安感を改善する作用があることが分かってきました。

3.心身の疲労、冷えや肩こりを改善

かつおだしには血流をよくするヒスチジンやアンセリンが含まれます。これらは肉体の疲労だけでなく、緊張や集中などによる精神的な疲労の回復にも役立つことが分かっています。また血流が促されることによって、冷えの改善や肩こり・頭痛の緩和も期待できます。

かつおだしに限らず、だしのうま味成分にはさまざまな健康効果が期待されます。こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

かつおぶしパックでOK、普段使いのかつおだし

だしはこだわりはじめたらキリがないくらい奥深い世界ですが、普段使いでだしをとるのはとても簡単。毎日続けられるくらい簡単な「お湯を入れるだけ」、「お茶パック活用」のかつおだしのとり方をご紹介します。

熱湯+かつおぶしパック

熱湯200ミリリットルあたり、かつおぶし4グラムを用意します。耐熱容器にかつおぶしを入れてから熱湯を注ぎ、フタをして3分放置。時間になったら菜箸でざっと混ぜて、茶こしなどでかつおぶしを濾し取れば完成です。

お茶パック+かつおぶしパック

煮物をする時には、かつおぶしパックをお茶パックに移して、具と一緒に鍋で煮てしまいましょう。あっさり味付けの煮物の時は、5分くらい煮たらお茶パックを取り出します。だいたい1パックで2人分と覚えておくと便利です。お茶パックはスーパーやドラッグストアで手に入ります。

上記に使いやすくカットした昆布をミックスすると、かつお(イノシン酸)と昆布(グルタミン酸)の、2つのうま味成分が摂れ、さらに深みのある味わいになりますよ。

世田谷自然食品の「本格派合わせかつおだし」は、水を張った鍋にティーバッグを入れ1~2分煮出すだけで、本格的なだしがとれる一品。かつおぶしをメインに、煮干しうるめいわし、さば節、シイタケ、昆布を合わせた黄金比率の合わせだしが、誰でも簡単にとれます。

だしを使えば、塩分がいつもより少なくてもおいしく感じられ、また、食べ過ぎも予防しやすくなります。さらに最近は、通常品と変わらないくらいおいしい減塩食品が増えてきました。だしや減塩食品を上手に取り入れながら、減塩への意識を高めていきましょう。

こちらの記事では、無理なく減塩につなげるさまざまなアイデアをご紹介。あわせてご覧ください。

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。