健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
野菜の豆知識|「芽キャベツ」 実はキャベツの若芽ではない

野菜の豆知識|「芽キャベツ」 実はキャベツの若芽ではない

名前から「キャベツの若芽」だと思われがちな芽キャベツですが、実はキャベツの仲間ではあるものの、別の品種。小さいけれど、キャベツ以上に栄養が詰まった野菜です。芽キャベツは12月から3月に収穫され、寒くなるほど実が締まり、おいしくなります。今回は、芽キャベツのルーツや栄養価、調理法などについてご紹介します。


名前から「キャベツの若芽」だと思われがちな芽キャベツですが、実はキャベツの仲間ではあるものの、別の品種。小さいけれど、キャベツ以上に栄養が詰まった野菜です。芽キャベツは12月から3月に収穫され、寒くなるほど実が締まり、おいしくなります。今回は、芽キャベツのルーツや栄養価、調理法などについてご紹介します。

キャベツとは違う?「芽キャベツ」とは?

コロンとかわいらしく、小さなキャベツのような見た目の芽キャベツ。ベルギー原産のアブラナ科の野菜で、キャベツの変種です。芽キャベツは、頂芽が結球するキャベツとは異なり、ひとつの株から伸びた、茎の葉の付け根に生える脇芽が結球したもの。1株に50個ほどが鈴なりに実ります。

芽キャベツはその形から「子持ちかんらん」の別名でも呼ばれ、地域によっては子孫繁栄の象徴としてお祝いに使われることもあります。日本には明治時代の初期に渡来し、現在の主産地は静岡県です。

芽キャベツとケールとの交配により、日本で誕生した品種もあります。フランス語で「小さい緑」を意味するプチヴェールです。結球はしませんが、芽キャベツと同じように脇芽が50個ほど付きます。

芽キャベツの栄養値はキャベツ以上?

芽キャベツは、ミニサイズながら栄養がたっぷり詰まっています。その理由は、植物の成長期にある芽が結球したものだからといわれています。ビタミンCをはじめ、β-カロテン、カリウム、ビタミンB2が豊富。芽キャベツは、栄養を逃さずまるごと食べられます。

お肌の健康に欠かせない「ビタミンC」

コラーゲンを生成するための栄養素であり、皮膚や細胞の健康維持に欠かせないビタミンC。人間の体内では合成できないため、毎日継続して摂取する必要があります。芽キャベツのビタミンC含有量は、キャベツと比べると可食部100グラムあたり約4倍の160ミリグラム。レモンと比べても1.5倍も含まれています。

健康を保つ「β-カロテン」

β-カロテンは、体内でビタミンAに変換される栄養素。皮膚や粘膜を健全に保つ、免疫力を高める、視力を維持するなど、健康維持に欠かせません。芽キャベツには100グラムあたり710ミリグラム、プチヴェールにはなんと2,490ミリグラムのβ-カロテンが含まれています。β-カロテンは、油分と一緒に摂ると吸収率が高まるといわれています。

プチヴェールに豊富な「カルシウム」

カルシウムは、体の機能や調整に欠かせません。強い骨や歯をつくり、年齢とともに気になる骨粗しょう症を予防する効果があるといわれています。プチヴェールには牛乳の約4倍、100グラムあたり457ミリグラムのカルシウムが含まれています。

芽キャベツのおすすめの食べ方

芽キャベツは生で食べると苦みがあるので、加熱調理がおすすめ。キャベツに比べて固く、アクが強いので、根元に切り込みを入れて下ゆでしましょう。火が通りやすくなる効果もあります。また、加熱することで、より色鮮やかになるのも魅力です。

おすすめレシピ1:芽キャベツのクリームシチュー

芽キャベツは、乳製品を使った洋風料理との相性が抜群。冬にほっとあたたまるクリームシチューなら、アク抜きせずそのまま煮込めば甘みが増します。芽キャベツは、変色防止のためにあとから入れてもOK。

おすすめレシピ2:芽キャベツのベーコン巻き焼き

下ゆでした芽キャベツをベーコンで巻き、串を刺します。熱したフライパンに並べて、塩・コショウで味付けし、ベーコンがカリカリになるまで焼いたらできあがり。お酒のおつまみにおすすめの一品です。

世田谷自然食品が販売する野菜ジュース「十六種類の野菜」には、プチヴェールが使われています。すっきりとしたトマトベースで、不足しがちな野菜を気軽に摂ることができます。

芽キャベツは、丸い見た目がかわいらしく栄養たっぷりの冬野菜。寒さが厳しくなるほどおいしさが増す芽キャベツにパワーをもらって、冬を乗り切りたいですね。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。