健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。

お餅のアレンジ・主食編

ごはんに混ぜて、おこわ風炊き込みごはんに

もち米からできているお餅は、主食になる食べ物ですが、別の主食であるごはんに混ぜ込んでみてもおいしくいただけます。「おこわ」は通常もち米から作りますが、白米に混ぜ込むと簡単におこわ風のごはんになります。市販の炊き込みごはんの素と指定の分量の白米、そしてサイコロ状にカットしたお餅を1個分、散らすように炊飯器に入れて炊きます。炊きあがったらお餅を混ぜ込むように全体をほぐすと、モチモチとしたおこわ風炊き込みごはんができます。モチモチ感をアップさせたいなら、お餅を2個に増やしてみましょう。

薄く切ってピザ風に

薄く切ったお餅にトマトソースを塗り、野菜やチーズを乗せてフライパンで焼けば、お餅を使ったピザが味わえます。お餅ピザを作るポイントは、具を乗せる前にお餅を薄く切っておくことと、油をたっぷり使うこと。こうすることで、カリッとした食感に仕上がります。

お餅のアレンジ・おかず編

お餅の豚バラ巻き

主食にしかならないと思われがちなお餅も、工夫次第でごはんと一緒においしく食べられるおかずになります。まずおすすめなのが、お餅の豚バラ巻きです。小さめにカットしたお餅とチーズを豚バラ肉で巻きます。塩を振ってから小麦粉をまぶし、サラダ油を熱したフライパンで、中火で焼き色が付くまで火を通します。裏返して弱火にしたら、フタをしてさらに全体に火が通るまで焼き、仕上げに焼き肉のタレを絡めれば、ごはんのお供になるお餅の豚バラ巻きのできあがりです。

汁物に入れてボリュームアップ

焼いたお餅を汁物に入れれば、いつもとはちょっと違うボリュームたっぷりのメニューに。市販のスープやおみそ汁の簡単アレンジレシピとしても活用できるので、ぜひ試してみてください。世田谷自然食品でも、スープやおみそ汁を取り扱っています。

お餅のアレンジ・おやつ編

定番の和スイーツ、ぜんざい

和スイーツとしても活用できるお餅は、定番のぜんざいで楽しんでみましょう。缶入りのゆで小豆を使えば、水とゆで小豆を火にかけて1~2分ほど煮立たせた小豆に、焼いたお餅を入れるだけで簡単にぜんざいに。

大量消費におすすめ、お餅のおかき

大量に余ったお餅を消費したい時におすすめのおやつメニューが、おかきです。おかきは元々もち米を原料としているので、お餅からも作れます。作り方はとてもシンプルで、1センチ角に切ったお餅をクッキングシートに並べ、そのまま500Wの電子レンジで3分ほど加熱するだけ。油を使わないので、ヘルシーです。できあがったおかきは、好みの味付けで楽しみましょう。しょうゆとごまを絡めたり、グラニュー糖とシナモンをまぶしたりなど、甘い系、しょっぱい系どちらにもマッチします。

実は栄養豊富!お餅を食べるメリット

これまで紹介してきたように、お餅は主食やおかず、おやつまでさまざまなアレンジで楽しめます。しかも、実はお餅は栄養豊富な食べ物。人間の体には欠かせない炭水化物、たんぱく質、脂質を全て含み、さらに糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、血圧調整効果が期待できるカリウムなどの栄養素も含んでいます。お餅は2切れでごはん1杯分のカロリーがありますが、ごはんよりも炭水化物が豊富なので、エネルギーや栄養補給にぴったりな食べ物です。

また、お餅は腹持ちがいいとよくいわれますが、これは消化酵素による分解が遅くなるためです。そのため、少ない量でも腹持ちがよく、エネルギーをしっかり摂取できる点が、お餅を食べることで得られるメリットといえます。

さらに、お餅の大きなメリットといえば、日持ちのよさも挙げられます。個包装タイプのお餅なら、12~24ヵ月の長期間保存が可能です。アレンジをしても余ったお餅は、非常食として保存しておいてもいいでしょう。

お正月の定番食材のお餅は、どうしても余りがち。そんな時は、今回紹介したレシピを参考に、多彩なアレンジで一味違うお餅を味わってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

奈良時代に中国から伝わったとされ、江戸時代には庶民の食卓に上がるようになった豆腐。植物性たんぱく質が豊富で低カロリーかつ、手頃な値段で購入できる豆腐は、いいことずくめの優秀食材です。今回は、豆腐の栄養や効能、おいしく食べる方法などをご紹介します。


健康メニュー|フリーズドライってどういうもの?

健康メニュー|フリーズドライってどういうもの?

おみそ汁やスープなど、近年は多彩なメニューがフリーズドライとして販売されています。フリーズドライ食品は料理をそのまま乾燥させたもので、お湯を注げばすぐにおいしく食べられますが、調理方法は知っていても、どのような製法で作られているか知っている方は案外少ないもの。そこで今回は、フリーズドライの製造方法や栄養価、フリーズドライ食品についての情報をご紹介します。


健康メニュー|焼菓子 フィナンシェとマドレーヌの違いは?

健康メニュー|焼菓子 フィナンシェとマドレーヌの違いは?

フィナンシェ、マドレーヌ、バウムクーヘン……どれもよく目にする洋菓子ですが、「焼菓子」という便利な名前があるだけに、それぞれの違いについては意外と意識していないかもしれませんね。今回は、身近な焼菓子の特徴や、由来などについてご紹介します。


健康メニュー|三つ葉 親子丼の名脇役は栄養も豊富

健康メニュー|三つ葉 親子丼の名脇役は栄養も豊富

親子丼やお吸い物などで口にすることが多い三つ葉。メインで食べることはあまりなく、どちらかというと脇役的な食材というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。そんな三つ葉は、意外にも栄養価が高く、栽培方法によって食べ方も異なります。今回は、さまざまな料理を引き立てる食材・三つ葉についてご紹介します。


健康メニュー|「黒糖」って健康にどういいの?栄養やおいしい食べ方

健康メニュー|「黒糖」って健康にどういいの?栄養やおいしい食べ方

コクがあり、独特の風味が人気の黒糖。健康によさそうなイメージが定着していますが、どのような栄養が含まれているのか、どのように体によいのか、意外と知られていないのではないでしょうか。そこで今回は、黒糖の栄養と、食べることで期待できる健康効果についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

夏の不調は暑さと湿気が主な原因。薬膳の世界ではそれぞれを「暑邪(しょじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」と呼び、取り除くべきものと考えています。今回は、薬膳から見た“夏の不調のわけ”や、健やかに過ごすための食養生のポイントを解説します。


健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

奈良時代に中国から伝わったとされ、江戸時代には庶民の食卓に上がるようになった豆腐。植物性たんぱく質が豊富で低カロリーかつ、手頃な値段で購入できる豆腐は、いいことずくめの優秀食材です。今回は、豆腐の栄養や効能、おいしく食べる方法などをご紹介します。


おいしく健康をサポート お酢のチカラ

おいしく健康をサポート お酢のチカラ

お酢は、昔から日本人の食に欠かせない調味料。<br>料理の味を引き立てるだけでなく、健康に良い調味料として改めて注目されています。<br>お酢の種類や健康効果を知り、食卓に賢く取り入れましょう。


美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

近年、健康や美容にいいと脚光を浴びている発酵食品。<br>塩麹やギリシャヨーグルトなどさまざまなブームが起こり、発酵食の専門店も人気です。また、味噌やぬか漬けを手づくりする人も増えています。<br>ただ、発酵食品が体にいいことは何となく知っていても、発酵にどんなパワーが秘められているのか具体的に知らずに食べている人も多いのではないでしょうか。<br>そこで発酵のメカニズムや効果をご紹介。食べ物を美味しくし、栄養価も高めてくれる発酵パワーのヒミツに迫ります。


健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

耳かきや綿棒で行う耳掃除。気持ちよさからなんとなく習慣になっているかもしれませんが、「やったほうがいい」「やらなくていい」と賛否両論があることをご存じでしょうか。今回は、耳掃除の必要性をはじめ、耳掃除を行う場合の安全な方法についてご紹介します。