健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

健康メニュー|おかずやおやつに!余ったお餅をおいしくアレンジ

お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。


お餅はお正月に食べる機会が多いものですが、お正月を過ぎるといつも食べきれなかったお餅が余ってしまって困る、という方は多いのではないでしょうか。余ったお餅を消費したいけれど、いつも同じ食べ方で飽きてしまう、という方のために、今回は余ったお餅をおいしく食べられるアレンジ方法についてご紹介します。

お餅のアレンジ・主食編

ごはんに混ぜて、おこわ風炊き込みごはんに

もち米からできているお餅は、主食になる食べ物ですが、別の主食であるごはんに混ぜ込んでみてもおいしくいただけます。「おこわ」は通常もち米から作りますが、白米に混ぜ込むと簡単におこわ風のごはんになります。市販の炊き込みごはんの素と指定の分量の白米、そしてサイコロ状にカットしたお餅を1個分、散らすように炊飯器に入れて炊きます。炊きあがったらお餅を混ぜ込むように全体をほぐすと、モチモチとしたおこわ風炊き込みごはんができます。モチモチ感をアップさせたいなら、お餅を2個に増やしてみましょう。

薄く切ってピザ風に

薄く切ったお餅にトマトソースを塗り、野菜やチーズを乗せてフライパンで焼けば、お餅を使ったピザが味わえます。お餅ピザを作るポイントは、具を乗せる前にお餅を薄く切っておくことと、油をたっぷり使うこと。こうすることで、カリッとした食感に仕上がります。

お餅のアレンジ・おかず編

お餅の豚バラ巻き

主食にしかならないと思われがちなお餅も、工夫次第でごはんと一緒においしく食べられるおかずになります。まずおすすめなのが、お餅の豚バラ巻きです。小さめにカットしたお餅とチーズを豚バラ肉で巻きます。塩を振ってから小麦粉をまぶし、サラダ油を熱したフライパンで、中火で焼き色が付くまで火を通します。裏返して弱火にしたら、フタをしてさらに全体に火が通るまで焼き、仕上げに焼き肉のタレを絡めれば、ごはんのお供になるお餅の豚バラ巻きのできあがりです。

汁物に入れてボリュームアップ

焼いたお餅を汁物に入れれば、いつもとはちょっと違うボリュームたっぷりのメニューに。市販のスープやおみそ汁の簡単アレンジレシピとしても活用できるので、ぜひ試してみてください。世田谷自然食品でも、スープやおみそ汁を取り扱っています。

お餅のアレンジ・おやつ編

定番の和スイーツ、ぜんざい

和スイーツとしても活用できるお餅は、定番のぜんざいで楽しんでみましょう。缶入りのゆで小豆を使えば、水とゆで小豆を火にかけて1~2分ほど煮立たせた小豆に、焼いたお餅を入れるだけで簡単にぜんざいに。

大量消費におすすめ、お餅のおかき

大量に余ったお餅を消費したい時におすすめのおやつメニューが、おかきです。おかきは元々もち米を原料としているので、お餅からも作れます。作り方はとてもシンプルで、1センチ角に切ったお餅をクッキングシートに並べ、そのまま500Wの電子レンジで3分ほど加熱するだけ。油を使わないので、ヘルシーです。できあがったおかきは、好みの味付けで楽しみましょう。しょうゆとごまを絡めたり、グラニュー糖とシナモンをまぶしたりなど、甘い系、しょっぱい系どちらにもマッチします。

実は栄養豊富!お餅を食べるメリット

これまで紹介してきたように、お餅は主食やおかず、おやつまでさまざまなアレンジで楽しめます。しかも、実はお餅は栄養豊富な食べ物。人間の体には欠かせない炭水化物、たんぱく質、脂質を全て含み、さらに糖質をエネルギーに変えるビタミンB1、血圧調整効果が期待できるカリウムなどの栄養素も含んでいます。お餅は2切れでごはん1杯分のカロリーがありますが、ごはんよりも炭水化物が豊富なので、エネルギーや栄養補給にぴったりな食べ物です。

また、お餅は腹持ちがいいとよくいわれますが、これは消化酵素による分解が遅くなるためです。そのため、少ない量でも腹持ちがよく、エネルギーをしっかり摂取できる点が、お餅を食べることで得られるメリットといえます。

さらに、お餅の大きなメリットといえば、日持ちのよさも挙げられます。個包装タイプのお餅なら、12~24ヵ月の長期間保存が可能です。アレンジをしても余ったお餅は、非常食として保存しておいてもいいでしょう。

お正月の定番食材のお餅は、どうしても余りがち。そんな時は、今回紹介したレシピを参考に、多彩なアレンジで一味違うお餅を味わってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。