健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|お家も心もスッキリ! 大掃除のコツ

健康法|お家も心もスッキリ! 大掃除のコツ

新年を気持ちよく迎えるための年末の大掃除ですが、掃除が苦手だったり面倒に感じたりしている方は多いのではないでしょうか。掃除をするとお家がスッキリするだけでなく、精神安定効果やフィットネス効果もあると知れば、きっと重い腰も上がるはず。大掃除の効果や、やる気スイッチが入る大掃除のコツをご紹介します。


新年を気持ちよく迎えるための年末の大掃除ですが、掃除が苦手だったり面倒に感じたりしている方は多いのではないでしょうか。掃除をするとお家がスッキリするだけでなく、精神安定効果やフィットネス効果もあると知れば、きっと重い腰も上がるはず。大掃除の効果や、やる気スイッチが入る大掃除のコツをご紹介します。

心が軽くなる? 大掃除の効果とは

「部屋の乱れは心の乱れ」という言葉がありますが、部屋の状態は心の状態を映す鏡です。心に余裕がないと、部屋のなかが散らかってしまいがち。雑然とした部屋で過ごしていると、注意力が散漫になり、余計に片付けをしたくなくなるという悪循環に陥ってしまいます。掃除をして身のまわりを整えておくと、気持ちが前向きになり、心の健康によい影響を与えます。ほかにも、掃除をすることで得られるメリットはたくさんあります。

ストレスが解消され、達成感を得られる

掃除機をかけたり、雑巾で拭いたり、ものを動かしたり……。掃除にはいろいろな作業があり、知らず知らずのうちに体を動かしています。体を動かすとストレスが解消され、部屋が片付くと達成感を得られます。

空気がきれいになり、心地よく暮らせる

掃除が行き届いていない部屋は、ホコリやカビなどによって空気が汚れている可能性があります。放っておくと、アレルギー性鼻炎や気管支喘息などの引き金になることも。心身の健康のために、部屋の空気は常にきれいに保ちたいものです。

ムダな買い物が減り、節約につながる

使いたいものが使いたい時に見つからず、そのたびに新しいものを買っていませんか?また、せっかく買ったのに使う機会がなく、しまいこんでいたものが思わぬ時に出てくることがあるかもしれません。整理整頓をして、ものの置き場所をきちんと決めておくと、ムダな買い物が減って節約につながります。

大掃除でダイエット! 消費カロリーは意外と高い

寒くて外出が億劫になる季節は、運動不足になりがち。ダイエットのために運動をしようとするとハードルが高く感じられますが、大掃除は家のなかで簡単に取り組めるエクササイズです。そこで、代表的な掃除の消費カロリーや、運動効果を高めるポイントを見ていきましょう。

掃除の消費カロリー(30分あたり)

・掃除機がけ…約100~150キロカロリー
・お風呂掃除…約100キロカロリー
・雑巾がけ…約100キロカロリー
・窓拭き…約100キロカロリー
・部屋の片付け…約100~150キロカロリー

消費カロリーは体重によって異なりますが、同じ時間のウォーキングに匹敵する消費カロリーといえるようです。また、ひとつひとつの動きを行う時にひと工夫を加えると、より運動効果を高められます。

掃除機がけでヒップアップ

掃除機を前に動かす時、片方の脚を床から浮かせて後ろに蹴り上げるように伸ばします。この状態を少しキープしたあと、上げていた脚を前に戻しながら掃除機を元に戻します。これを左右で繰り返しながら掃除機がけをすると、おしりの筋肉を強化できます。

拭き掃除で全身運動

床や窓などの拭き掃除は、さまざまな筋肉を使います。窓を拭く時は脚を肩幅に広げて立ち、腕をしっかり伸ばして動かすと二の腕のエクササイズになります。低いところを拭く時はスクワットをしながら取り組むと、体幹を鍛えることにもつながります。

簡単にきれいになるところから取り組んで、大掃除のやる気をアップ

大掃除をしなければならないと分かっていても、イマイチやる気が出ない……ということがあるかもしれません。そこでおすすめなのが、捨てるべきものの判断がつきやすい冷蔵庫や、ものが少なく範囲が狭いトイレなど、取りかかりやすいところから大掃除を始めることです。

冷蔵庫の食材や調味料をチェック

クリスマスやお正月とイベントが続き、年末年始は冷蔵庫がいっぱいになりがち。賞味期限が切れているものは処分し、冷凍して日が経った肉や野菜があれば、これを機会に食べ切ってしまいましょう。

トイレ掃除は短時間で効率よく

トイレは面積が小さく、サッと大掃除に取り組める場所。便座と便器のすき間、床と壁の境目など、普段の掃除では手が行き届かないところを重点的に掃除しましょう。「15分で終わらせる」と時間を決めるのもいいですね。

年末恒例の大掃除。お家だけでなく心と体もスッキリさせて、すがすがしい新年を迎えましょう。

関連する投稿


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。