健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

シチューは、寒い時期においしく味わいながら栄養を摂取できる、あったかメニューです。でもいつも同じ味だと飽きてしまう……という場合は、「ちょい足し」でアレンジしてみては?今回は、クリームシチューを味わい深くしてくれる、知るとつい試してみたくなるちょい足し食材や調味料をご紹介します。


シチューは、寒い時期においしく味わいながら栄養を摂取できる、あったかメニューです。でもいつも同じ味だと飽きてしまう……という場合は、「ちょい足し」でアレンジしてみては?今回は、クリームシチューを味わい深くしてくれる、知るとつい試してみたくなるちょい足し食材や調味料をご紹介します。

肉入りのクリームシチューにおすすめの「ちょい足し」

クリームシチューの基本的な具といえば鶏肉。鶏肉入りのクリームシチューと相性がいいのはチーズで、何か物足りない味という時は、チーズを加えるだけでコクがアップして濃厚に仕上がります。加える量の目安は、シチュー2~3人前に対して、6ピースのチーズだと3個分程度です。粉チーズやカマンベールなどを使ってみてもよいでしょう。

チーズとともにシチューにコクをプラスしてくれるのが、豆乳です。豆乳は牛乳の代用品として使用されるほど、クリームシチューのベースである牛乳と相性がいいので、豆乳とミックスして調理すると牛乳のうま味と豆乳のコクがマッチします。さらに、牛乳のカルシウムと豆乳の栄養素を同時に摂取できるので、いつもの栄養満点のメニューになりますよ。

シチューの定番の隠し味ともいえるコンソメも、肉入りシチューにおすすめの調味料。水を加える際にコンソメと一緒に煮込むと、クセが少なく、マイルドな味わいになるので子どもでも食べやすくなります。また、食卓の定番調味料であるしょうゆも、実はクリームシチューと相性がいい調味料です。量が多すぎると味のバランスが悪くなるため、仕上げに少量加えるといいでしょう。

具材の風味をアップさせたい時は、にんにくと一緒に炒めましょう。少しの量のにんにくを加えるだけで、具材に香ばしさが加わります。隠し味としてのにんにくは香りが強くなりすぎないよう、ほんの少量加えて炒めるのがポイントです。

魚を使ったクリームシチューにおすすめの「ちょい足し」

魚のシチューも、寒い時期に食べたくなる1皿です。定番の鮭を使ったクリームシチューのちょい足しにおすすめなのが、生姜。ピリっとした辛さとともに体をあたためる作用もあるので、より体をポカポカにしてくれるちょい足し調味料です。

魚を使ったシチューの風味をアレンジしてくれる、意外な調味料が和食に使われるだし汁です。シチューに溶け込んだ魚や野菜のうま味と和風だしで、風味がワンランクアップします。だし汁は具材を煮込む時に水と一緒に加えましょう。顆粒だしなら、4人分でスティック1本分が適量です。

鮭のシチューには、鮭と相性抜群の味噌もおすすめ。牛乳200ミリリットル、水100ミリリットルに対して味噌を大さじ2杯分加えると、味噌のコクいっぱいの濃厚な鮭シチューになります。

クリームシチューに入れたい おいしい出汁を出す食材

ウインナーやベーコンなどの肉加工品

おいしい出汁が加わる食材をシチューの具材として使うと、普通のレシピでもクリームシチューがさらにおいしくなります。特におすすめなのが、ウインナーやベーコンなどの肉加工品。どちらもシチューの具として味わえるだけではなく、おいしい出汁が出るので、肉のうま味と塩気が加わってシチューそのものの風味もアップします。ウインナーはカットして2本ほど入れると、おいしい出汁が出ます。ベーコンは、できれば厚切りかブロックをダイス状にカットしたものを120グラムほど加えて使いましょう。(※いずれも2~3人前に入れる目安です)

骨付きチキンは味わいと食べごたえがアップ

また、シチューの具の定番である鶏肉も、あえて骨付きチキンを選ぶと骨からおいしい出汁が出て風味がアップします。食べごたえのある、ボリューミーなシチューにしたい時にもおすすめ。じっくりと煮込むと肉がホロホロになり、出汁も加わった味わい深いシチューができあがります。骨付きチキンはそのまま煮込むと臭みが出ることがあるので、下ゆでをしてから調理するのがポイントです。

さらに、シチューの食べ方や栄養については、こちらの記事もチェックしてみてください。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。