健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

健康メニュー|クリームシチューがおいしくなる「ちょい足し調味料」

シチューは、寒い時期においしく味わいながら栄養を摂取できる、あったかメニューです。でもいつも同じ味だと飽きてしまう……という場合は、「ちょい足し」でアレンジしてみては?今回は、クリームシチューを味わい深くしてくれる、知るとつい試してみたくなるちょい足し食材や調味料をご紹介します。


シチューは、寒い時期においしく味わいながら栄養を摂取できる、あったかメニューです。でもいつも同じ味だと飽きてしまう……という場合は、「ちょい足し」でアレンジしてみては?今回は、クリームシチューを味わい深くしてくれる、知るとつい試してみたくなるちょい足し食材や調味料をご紹介します。

肉入りのクリームシチューにおすすめの「ちょい足し」

クリームシチューの基本的な具といえば鶏肉。鶏肉入りのクリームシチューと相性がいいのはチーズで、何か物足りない味という時は、チーズを加えるだけでコクがアップして濃厚に仕上がります。加える量の目安は、シチュー2~3人前に対して、6ピースのチーズだと3個分程度です。粉チーズやカマンベールなどを使ってみてもよいでしょう。

チーズとともにシチューにコクをプラスしてくれるのが、豆乳です。豆乳は牛乳の代用品として使用されるほど、クリームシチューのベースである牛乳と相性がいいので、豆乳とミックスして調理すると牛乳のうま味と豆乳のコクがマッチします。さらに、牛乳のカルシウムと豆乳の栄養素を同時に摂取できるので、いつもの栄養満点のメニューになりますよ。

シチューの定番の隠し味ともいえるコンソメも、肉入りシチューにおすすめの調味料。水を加える際にコンソメと一緒に煮込むと、クセが少なく、マイルドな味わいになるので子どもでも食べやすくなります。また、食卓の定番調味料であるしょうゆも、実はクリームシチューと相性がいい調味料です。量が多すぎると味のバランスが悪くなるため、仕上げに少量加えるといいでしょう。

具材の風味をアップさせたい時は、にんにくと一緒に炒めましょう。少しの量のにんにくを加えるだけで、具材に香ばしさが加わります。隠し味としてのにんにくは香りが強くなりすぎないよう、ほんの少量加えて炒めるのがポイントです。

魚を使ったクリームシチューにおすすめの「ちょい足し」

魚のシチューも、寒い時期に食べたくなる1皿です。定番の鮭を使ったクリームシチューのちょい足しにおすすめなのが、生姜。ピリっとした辛さとともに体をあたためる作用もあるので、より体をポカポカにしてくれるちょい足し調味料です。

魚を使ったシチューの風味をアレンジしてくれる、意外な調味料が和食に使われるだし汁です。シチューに溶け込んだ魚や野菜のうま味と和風だしで、風味がワンランクアップします。だし汁は具材を煮込む時に水と一緒に加えましょう。顆粒だしなら、4人分でスティック1本分が適量です。

鮭のシチューには、鮭と相性抜群の味噌もおすすめ。牛乳200ミリリットル、水100ミリリットルに対して味噌を大さじ2杯分加えると、味噌のコクいっぱいの濃厚な鮭シチューになります。

クリームシチューに入れたい おいしい出汁を出す食材

ウインナーやベーコンなどの肉加工品

おいしい出汁が加わる食材をシチューの具材として使うと、普通のレシピでもクリームシチューがさらにおいしくなります。特におすすめなのが、ウインナーやベーコンなどの肉加工品。どちらもシチューの具として味わえるだけではなく、おいしい出汁が出るので、肉のうま味と塩気が加わってシチューそのものの風味もアップします。ウインナーはカットして2本ほど入れると、おいしい出汁が出ます。ベーコンは、できれば厚切りかブロックをダイス状にカットしたものを120グラムほど加えて使いましょう。(※いずれも2~3人前に入れる目安です)

骨付きチキンは味わいと食べごたえがアップ

また、シチューの具の定番である鶏肉も、あえて骨付きチキンを選ぶと骨からおいしい出汁が出て風味がアップします。食べごたえのある、ボリューミーなシチューにしたい時にもおすすめ。じっくりと煮込むと肉がホロホロになり、出汁も加わった味わい深いシチューができあがります。骨付きチキンはそのまま煮込むと臭みが出ることがあるので、下ゆでをしてから調理するのがポイントです。

世田谷自然食品でも、手軽に味わえるレトルトタイプの「シチュー2種セット」を販売しています。レトルトシチューに今回紹介したちょい足し具材を加えてアレンジしても、おいしく楽しめますよ。

さらに、シチューの食べ方や栄養については、こちらの記事もチェックしてみてください。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。