健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|冬至を楽しむための食べ物と習慣

健康習慣|冬至を楽しむための食べ物と習慣

二十四節気のひとつである「冬至」。冬至は、1年のうち太陽が出ている時間がもっとも短く、夜がもっとも長くなる日です。日付は毎年前後しますが、12月21~22日頃にあたります。今回は、冬至の意味や由来とともに、かぼちゃを食べる習慣やゆず湯に入る風習について解説します。


二十四節気のひとつである「冬至」。冬至は、1年のうち太陽が出ている時間がもっとも短く、夜がもっとも長くなる日です。日付は毎年前後しますが、12月21~22日頃にあたります。今回は、冬至の意味や由来とともに、かぼちゃを食べる習慣やゆず湯に入る風習について解説します。

冬至とは?

季節の変化を示すものとして古くから使われてきた二十四節気。そのうち冬至の日は、太陽が冬至点を通過する時のことで、北半球では1年のうちで昼が1番短く、夜が1番長くなります。また、冬至を境にだんだん日が長くなることから、冬が終わって春がやってくること、凶事が去って吉事が訪れることなどを意味する「一陽来復」に通じると考えられています。日本だけではなく世界各地でも、冬至は太陽が生まれ変わる日としてとらえられ、古くから盛大な祝祭が行われていたようです。

冬至を楽しむための食べ物あれこれ

冬至に食べると縁起がよいとされる食べ物があります。その代表的なものが、かぼちゃと小豆です。地域によってはこんにゃくを食べることもあります。

無病息災と金運上昇を祈願して食べる「かぼちゃ」

冬至は運気が上昇する転機となる日であるため、「運」を呼び込むために名前に「ん」が付く食べ物を食べるとよいといわれてきました。かぼちゃは「なんきん」とも呼ばれ、長く保存できるうえに栄養価が高いことから、無病息災を祈って食べられるようになったという説があります。また、かぼちゃは実が黄金色で、金運上昇を願う意味合いもあるようです。

冬至にかぼちゃを食べる理由や栄養価については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。あわせて参考にしてみてください。

邪気を払うために食べる「小豆」

中国では古くから、小豆の赤い色は厄除けの色とされていました。冬至に小豆を食べる習慣が日本に伝わり、おかゆに小豆を加えた「小豆粥」は冬至の縁起物になっています。かぼちゃと小豆を一緒に煮た「いとこ煮」もよく食べられているようです。

冬至を楽しむための習慣「ゆず湯」

冬至といえば、ゆずを湯船に浮かべた「ゆず湯」を思い浮かべるかもしれませんが、その理由をご存じでしょうか。実は、「冬至」と「湯治」(お湯に浸かって健康になる)、「ゆず」と「融通」(ものごとがうまく運ぶ)をかけた2つの語呂合わせに由来するそう。江戸時代、銭湯がお客さんを呼び込むためにゆず湯を行ったのがはじまりだと伝わっています。

冬至の日にゆず湯に入ると、風邪予防につながるといわれています。ゆずの爽やかな香りは心も身体も癒やしてくれるうえに、免疫力アップや消化促進などの効果も期待できます。さらに、ゆずの果皮に含まれる香りの成分・リモネンには、血行をよくするはたらきもあり、冷えの改善にも役立ちます。

ゆず湯のやり方や入る時のポイントについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。あわせて参考にしてみてください。

かぼちゃを食べて栄養をチャージしたら、ゆず湯に浸かってリラックス。寒い冬を元気に乗り切るために考えられた、古くから伝わる風習を大切にしたいものです。今年の冬至は、先人たちの知恵に思いを馳せながら無病息災を願う1日にしてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。