健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|消化を助け、熱を冷ます「大根」の魅力

野菜の豆知識|消化を助け、熱を冷ます「大根」の魅力

日ごとに寒さが増すこの頃は、大根のおいしい季節です。冬の大根は水分が多く甘みが増し、しかも通常は値が下がるのでお買い得。本サイトでも、これまでに大根の栄養や大根料理をたくさんご紹介してきました。今回は過去の記事をご紹介しながら、大根の魅力をお伝えします。


日ごとに寒さが増すこの頃は、大根のおいしい季節です。冬の大根は水分が多く甘みが増し、しかも通常は値が下がるのでお買い得。本サイトでも、これまでに大根の栄養や大根料理をたくさんご紹介してきました。今回は過去の記事をご紹介しながら、大根の魅力をお伝えします。

大根の魅力をおさらいしよう

消化酵素のジアスターゼが豊富な大根は、昔から「消化を助け、胃を丈夫にする」と考えられてきました。正月料理で疲れた胃を休める七草粥に入っている「すずしろ」は、大根の古名です。
ジアスターゼは熱に弱いので、消化を助ける意味で大根を摂るならば、野菜スティックや大根おろしなど生で食べるのがおすすめ。消化不良を感じる時には、大根おろしを作ってしぼり汁を飲むと楽になります。

大根は、上記のような健胃作用のほかに、咳・ノドの痛み・痰を鎮めるはたらきがあります。これらは大根の「身体にこもった熱を冷ます作用」によるものです。したがって、熱感のある風邪の食養生におすすめですが、反対に寒気がするタイプの風邪では、身体をさらに冷やしてしまうので、加熱して用い、食べ過ぎに注意しましょう。

大根は葉に近いほど甘くて柔らかく、下にいくほど辛味と硬さが増します。その性質を活かせば、料理した際にさらにおいしさを引き出せますよ。購入する際には、ひげ根が少なく、ハリがあって、ずっしりと重いものを選びましょう。
以下の記事では、大根の部位ごとのおいしい食べ方をご紹介しています。

大根の底力を味わう食べ方3選

先述したような大根のはたらきを、昔の人は「脂の乗った焼き魚&大根おろし」「お刺身のツマに大根」といった組み合わせで活用してきました。ここでは、そうした昔ながらの大根を使った食養生をご紹介します。不調に合わせて試してみてください。

熱々のお茶に大根のおろし汁、ショウガと少々のお醤油を加えた「大根湯」は、初期風邪の発熱やノドの痛みがある時におすすめ。胃痛や肩こりの緩和も期待できます。
以下の記事で詳しいレシピをチェックしてみましょう。

「ねずみ大根」という珍しい種類の大根を使った「おしぼりうどん」は、長野県の郷土料理です。大根のしぼり汁をたっぷりつけていただけば、じんわりと汗をかくほどポカポカに。一般的な青首大根でも作れますから、大根が余った時に試してみるのもよさそうです。

咳が止まらない時、ノドが赤く腫れて痛い時、そんな時には「はちみつ大根」。以下の記事で簡単に作れるレシピをご紹介していますから、秋冬の乾燥による風邪にぜひお試しを。

※1歳未満の乳児に対し、はちみつは強い食中毒を起こすリスクがあります。少量でも与えないようご注意ください。

切り干し大根も見逃せない

野菜を干すと、ビタミンや鉄分、カルシウムが増えるといわれています。水分が抜けてかさが減るので、たくさんの量を食べられるのもメリットです。実は、大根を干した切り干し大根も、水分が抜けて甘みが増し、グラムあたりの食物繊維がアップします。

ご家庭でも大根などの干し野菜を作れることはご存じでしたか?大根が余った時は、以下の記事を参考にして、干し野菜作りにチャレンジしてみましょう。

切り干し大根といえば煮物ですが、おみそ汁にしても美味。以下の記事では、干し野菜としての大根の栄養や、切り干し大根のおみそ汁の作り方をご紹介しています。

生・ゆで・焼き・蒸し、さらには干してもおいしい使い勝手のよさが素晴らしい大根。消化を助け、ノドの痛みも和らげてくれる薬膳向きの食材でもあります。通年出回りますが、旬の時期は特にお買い得。冬の間にたっぷりいただきましょう。

さらに、意外かもしれませんが、世田谷自然食品の野菜ジュースにも大根が含まれています。砂糖・食塩不使用の「十六種類の野菜」は、野菜そのものの甘みとうま味が特徴。毎日飲みたくなる、飽きのこないおいしさです。

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。