健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
冷え性対策|「首元を温める」 効率よく体を温めるポイントは“首”!

冷え性対策|「首元を温める」 効率よく体を温めるポイントは“首”!

「真冬の寒さを甘く見て、着込まずに外出してしまった」「春の訪れがうれしくて、薄着をしてしまった」……そんな時、気になるのが“体の冷え”です。寒い時期や、薄着をしているときでも体を冷やさないためのポイントは「首元を温める」こと。しかも、首を温めることは冷えを防ぐだけでなく、美容や健康の面でもメリットがあるのだとか。 今回は、効率的な首元の温め方についてご紹介します。


「真冬の寒さを甘く見て、着込まずに外出してしまった」「春の訪れがうれしくて、薄着をしてしまった」……そんな時、気になるのが“体の冷え”です。寒い時期や、薄着をしているときでも体を冷やさないためのポイントは「首元を温める」こと。しかも、首を温めることは冷えを防ぐだけでなく、美容や健康の面でもメリットがあるのだとか。
今回は、効率的な首元の温め方についてご紹介します。

大事なポイントが集中しているのに、無防備になりがちな「首元」

寒さから体を守るには、首、手首、足首の“3つの首”を温めるのがポイントだといわれます。中でも重要なのが、太い動脈が通っている重要な部分でありながら皮膚が薄く、外気にさらされやすい“首”です。
首元を温めると、太い動脈で温められた多くの血液が体内を巡り、内側から効率よく体を温めてくれます。また、血流がよくなることで、肩こりなどの軽減も期待できます。

首元を温めることはエイジングケアや美容面でも重要

全身の老廃物を集めてくれるリンパ液。リンパ液の流れには筋肉が関わっているので、運動不足だったり、冷えて筋肉がこわばったりすると、リンパ液の流れが滞って老廃物が溜まりがちになります。
首は、リンパ液の通っているリンパ管の合流地点・リンパ節が多く集まっている重要なポイント。そのため、首元を温めると筋肉がほぐれてリンパの流れもよくなり、若々しさを保つためのエイジングケアや、美容の面でも効果的なのです。

外出時はストールで、家ではホットタオルや湯たんぽで

「首元を温める」といっても、特別な道具などは必要ありません。家にあるものを利用して、日常的に首元を温める習慣をつけていきましょう。
それでは、簡単にできる「首元の温め方」をご紹介します。

外出時はマフラーやストールなどで、首元をカバーする

冬場はマフラーがおすすめですが、春先や冷房の効いた部屋などでは薄手のストールなどでも十分首元や肩を温められます。ふんわりと巻くのも素敵ですが、すき間から冷たい風が入り込まないように気をつけましょう。カジュアルな服装でも構わない外出なら、スポーツ用のネックウォーマーも首にフィットしやすいのでおすすめです。

自宅にいるときはホットタオルや湯たんぽでじんわりと

自宅にいるときも、首周りをカバーする部屋着などを着て、首を冷やさないようにしたいところ。加えて、濡れタオルをラップに包んでレンジで1分加熱した“ホットタオル”や、ホット用のペットボトルに50℃くらいのお湯を入れて作る“湯たんぽ”を首に当て、じんわりと首を温めるのもおすすめです。ただし、ホットタオルも湯たんぽも冷えてからも使い続けると逆効果ですから、寝る時などの使用は避け、温度が下がってきたら外すようにしましょう。

肩当てやネックウォーマーで寝る時にも工夫を

就寝中、首には布団がかかりにくいので冷えてしまいがち。首と肩口をおおう“肩当て”や、お休み用のネックウォーマーで、寝る時にも首が冷えてしまわないように工夫しましょう。首を温めるとリラックスできるので、寝つきの改善や質のいい睡眠も期待できますよ。

上着を1枚羽織ると体感温度は2~3℃アップ、ひざ掛けだけでも2.5℃は上がるといわれていますが、首の温め効果はそれ以上で、マフラーを巻けば3~4℃は体感温度が変わるといわれています。
冬場、夏場など屋内外の気温差が激しい時期や、季節の変わり目のように1日の中で体感温度が変わりやすい時期でも、マフラーやストールがあれば、温かさを調整しながら過ごせるはず。暖色系のアイテムなら、目でも温かさを感じられますね。ぜひ、首元を温めて全身を温かく、快適に過ごしてください。

関連する投稿


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。


健康メニュー|夏野菜を食べよう! 栄養&おすすめの食べ方

健康メニュー|夏野菜を食べよう! 栄養&おすすめの食べ方

「夏野菜の○○」と銘打ったメニューが登場するなど、季節ごとの野菜の中でも特に注目されることが多い夏野菜。手ごろな価格で出回る時期になると、つい手に取ってしまっていつも冷蔵庫が一杯に……なんて方もいるのではないでしょうか。今回は、これから旬を迎える夏野菜の栄養や、おすすめの食べ方についてご紹介します。


健康法|梅雨の不調を改善する健康メニュー5選

健康法|梅雨の不調を改善する健康メニュー5選

湿度も気温も高くなる梅雨。急激な気候の変化は、体調にさまざまな不調をもたらし、食欲もなくなりがち。そんな時は、体をいたわりながらさっぱりと味わえる健康メニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。おいしく食べて、梅雨に負けない体作りを目指しましょう。


健康習慣|湿気対策をしてジメジメに負けず健康に過ごそう

健康習慣|湿気対策をしてジメジメに負けず健康に過ごそう

ジメジメとした雨の日が続き、気分まで憂うつになりがちな梅雨の時期。今回は、過去にご紹介した湿気対策に関する記事のなかから、特に読み返していただきたいものをまとめました。健やかな心と体で過ごすためのポイントを、ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。