健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

健康習慣|エアコン(暖房)の乾燥対策

寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。


寒い時期に欠かせないエアコンの暖房機能。しかし、エアコンをかけていると、室内が乾燥して喉の痛みや肌のかゆみなどに悩まされることも。心地よい部屋は、室温と湿度のバランスが大切です。今回は、風邪対策やインフルエンザ対策にもつながる、エアコンの乾燥対策をご紹介します。

秋冬のお部屋、乾燥が大敵な理由

エアコン(暖房)で湿度が下がる理由

「湿度」は空気中に含まれている水蒸気の“割合”を示しています。空気は、温度が高いほど含むことのできる水分量が増えますから、温度だけが上がって水分量が増えないままだと、相対的に湿度は下がってしまいます。
エアコン(暖房)は加湿せずに空気をあたため、「空気の温度だけが上がって水分量が増えない」状況を作りがちなので、湿度を下げてしまうのです。

湿度が低い部屋はハイリスク!

湿度が低い、いわゆる乾燥している部屋は、健康や美容の面でもリスクが高まります。まず目・鼻・喉などの粘膜が乾燥しやすく、ドライアイや喉の痛みなどを引き起こします。また、肌・髪が乾燥してカサカサ・パサパサしやすく、ひどいとかゆみにつながることも。さらに風邪、インフルエンザ、新型コロナウイルスなどの病原菌は乾燥状態を好むため、湿度が低いと長く空気中にとどまり、人の体内に取り込まれやすくなるのです。

湿度のある部屋は、体感温度も上がって過ごしやすい

心地よいと感じる部屋環境は、室温と湿度のバランスが重要

湿度は低すぎると先ほどのようなリスクやデメリットがありますが、もちろん高すぎても、ジメジメして不快になる、カビが生えやすくなるなどのデメリットがあります。また、エアコンで湿度が下がっている部屋を加湿しすぎると、空気が水分を含み切れず飽和させてしまい、結露発生にもつながります。
重要なのは室温と空気中の水分量のバランスを取り、快適な湿度を保つこと。低すぎず高すぎない、快適な湿度はおおむね50%~60%程度だといわれます。

湿度が保たれていれば、温度が低めでも快適に過ごせる

湿度の高低は体感温度にも大きく影響します。夏、同じくらいの温度でも、湿度が低めのカラッとした空間の方がより涼しく感じたことはないでしょうか。
冬は逆に、湿度高めの空間の方が体感温度も上がり、暖かく感じられるのです。つまり、快適な湿度を保てていれば、エアコン(暖房)の設定温度を上げすぎたり、使用時間が長引いたりすることもなく、電気代の節約にもつながります。

エアコン(暖房)の効いている部屋の湿度を上げる5つの工夫

加湿器を用意する

部屋全体を加湿するような大型機でなくても、工夫次第で快適に過ごせます。机に向かう手元に1人用の小型加湿器をおいたり、インテリア代わりに電気を使わないタイプの加湿器をおいたりすることで、必要な場所をピンポイントに加湿できます。

加湿に関しては以下の記事も参考にしてみてください。

サーキュレーターを回す

暖房の設定温度が高いまま長時間運転させていると、空気もより乾燥しやすくなります。サーキュレーターで室内の空気を循環させると、暖房効率が上がりますから、低めの設定温度でも快適に過ごせます。

マスクをして寝る

鼻・喉に特化した対策ですが、マスクをして就寝すると、鼻や喉から水分が蒸発しにくくなります。唇の乾燥防止にもなりますし、特に就寝中に口を開けてしまう習慣のある方は、口中の乾燥も防げるのでおすすめです。

洗濯物を室内に干す

濡れた洗濯物を室内に干すことで、洗濯物から出た水分が空気に取り込まれ、湿度が高まります。エアコンの風が当たりやすい場所に干したり、サーキュレーターの風を洗濯物に当てたりすることで、部屋全体を快適な湿度に保ちやすくなります。

お湯を沸かす

石油ストーブの上にやかんをおいてお湯を沸かす習慣には、実はやかんから出る水蒸気で部屋を加湿する役割もあるのです。オープンキッチンのリビングなどでは短時間で効果が出やすい方法ですが、水蒸気が出過ぎて周囲が湿っぽくなったり、長時間火にかけすぎて空焚きしたりしないように注意しましょう。
お風呂と暖房中の部屋が近い場合は入浴後のお風呂を開け放ったり、リビングダイニングの場合はカセットコンロで加熱しながら鍋料理を楽しんだりする方法もおすすめです。

冬、暖房中の部屋を換気するのは「よどんだ空気を入れ替える」ためだと思われがち。しかし実は「外から水分量の多い空気を取り入れ、快適な湿度を保つ」役目もあるのです。適切な換気や加湿を習慣づけることで、寒い季節も快適かつ健やかに過ごしましょう。

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。