健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

おみそ汁|黒豚の豚汁 肉も野菜も摂れるバランス食

全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。


全国の家庭で親しまれているおみそ汁であり、肌寒い季節にはもちろん、夏の暑い時期にもおいしい豚汁。特に肉質がやわらかくうま味が強い黒豚を使った豚汁は、味も栄養価も満足度の高い一品です。今回は、黒豚のルーツや魅力、豚汁をおすすめする理由、豚汁の具材の栄養などについてご紹介します。

普通の豚とは違う?「黒豚」とは?

画像提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

ビタミンB群やたんぱく質を豊富に含む豚肉は、糖質の代謝を助けることから疲労回復の効果が期待できる、季節を問わず食べたい食材。豚肉のなかでも黒豚は、肉質がきめ細かくてやわらかく、アミノ酸の含有量が多いことから、うま味や甘みが強いといわれています。

黒豚の主産地は鹿児島県で、「かごしま黒豚」はブランド豚として全国的に有名です。そのルーツは古く、今から約400年前に薩摩藩主・島津家久により、琉球から鹿児島へ移入されたと伝わっています。明治時代初期には、イギリスから導入したバークシャーと交配することでさらに味と品質が向上。1960年代には黒豚ブームが起こりました。

高品質な黒豚は、白豚と比べると肥育期間が長く、産子数の少ない希少な品種で小柄なため、1頭から取れる肉の量が限られています。そのため黒豚の人気に供給が追い付かなくなり、1970年代には鹿児島県でも経済効率に勝る白豚が飼育されるようになりました。一時期、黒豚は絶滅の危機に瀕していたのです。

しかし、そのような状況下でも「量より質の時代が必ず来る」と信じた生産者や関係者は努力を重ね、黒豚の振興を進めました。その甲斐があって肥育農家数や頭数は回復し、「かごしま黒豚」のブランドが確立。今では国内外から高評価を得ています。また、現在「黒豚」と表示できる豚肉は、バークシャー純粋種に限ると定義されています。

黒豚のおいしい食べ方「豚汁」

豚の飼育頭数全国1位を誇る鹿児島県には、ぶつ切りにした豚の骨付き肉を大根やこんにゃくと煮込んだ「豚骨」、常備菜として作られている「肉味噌」など、豚肉と味噌を組み合わせた郷土料理が数多くあります。「豚汁」はそのひとつで、名産の黒豚と麦味噌が使われているのが特徴です。

温暖な気候に恵まれた鹿児島県をはじめ九州地方では、古くから稲作の裏作として麦が栽培され、麦味噌の生産が盛ん。味噌は大豆に米麹と塩を合わせて作るのが一般的ですが、九州地方では麦麹を使った麦味噌が親しまれています。

麦味噌は、米味噌に比べ大豆に対する麹の割合が多いので、甘みが強く麦ならではの香りも豊か。塩分が少なく、食物繊維やミネラル、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富に含まれています。麦味噌のやさしい香りの汁に、黒豚ならではのうま味や甘み、野菜のだしが溶け込んで、おいしくいただけます。

野菜もたっぷり摂れる!豚汁の栄養

野菜たっぷりの豚汁は、汁ごと食べられるので栄養素を逃さず摂れるのが魅力。汁物や副菜としてはもちろん、具だくさんにすれば主菜にもなる、救世主のような一品です。

βカロテンたっぷりの「にんじん」

にんじんのオレンジ色はβカロテンの色素の色。にんじんは緑黄色野菜のなかでも群を抜いてβカロテンが豊富です。βカロテンは体内で、皮膚や粘膜を健全に保ったり、免疫力を高めたりする働きがあるビタミンAに変わります。また、にんじんのβカロテンは皮に多く含まれているので、皮は薄めにむいて使うのがおすすめです。

食物繊維が豊富な「ごぼう」

日本原産の野菜、ごぼう。水分が少なく、鉄分をはじめとするミネラルが豊富で、体を冷やさない野菜といわれています。食物繊維の含有量が多く、便秘の解消や整腸作用などに効果が期待できます。また、体が酸化するのを防ぐ働きがある、ポリフェノールをたっぷり摂ることができます。

消化を助ける「大根」

大根は、アラミーゼやリパーゼなどの消化酵素を含み、消化を助けてくれます。食物繊維も豊富で、腸内環境の改善やデトックス効果が期待できます。大根は葉にもビタミンCやβカロテンなどの栄養素が含まれるので、みそ汁の具材にするとよいでしょう。

動脈硬化を防ぐといわれる「しいたけ」

中国では古くから「不老長寿の妙薬」と呼ばれ、珍重されてきたしいたけ。その栄養素で特徴的なのは、エリタデニンというしいたけ固有の成分。血中コレステロールを低下させる作用があるとされ、動脈硬化などの病気を防ぐ効果が期待できます。

ひと雨ごとに秋が深まるこの頃。黒豚のうま味と野菜のだしや栄養がしみた豚汁を、食卓の一品にいかがでしょうか。時間がない時は、お湯を注ぐだけで食べられる即席みそ汁を食事に取り入れるのもよいでしょう。世田谷自然食品のフリーズドライみそ汁「具だくさん汁3種セット」は、厳選素材と素材を生かした味つけで満足感がある一杯。黒豚の豚汁も気軽に味わえますよ。

関連する投稿


健康メニュー|懐かしおやつ「わらび餅」は、若者にも人気

健康メニュー|懐かしおやつ「わらび餅」は、若者にも人気

昔ながらの和菓子である「わらび餅」。プルプルでもちっとした弾力と上品な甘さが老若男女問わず愛されています。近年はさまざまなアレンジを加えた進化系わらび餅も登場。本記事では、定番のわらび餅から個性的な手作りわらび餅まで幅広くご紹介します。


健康メニュー|身近な味は栄養たっぷり「タコ」

健康メニュー|身近な味は栄養たっぷり「タコ」

タコ焼きや刺し身、唐揚げなどさまざまなメニューで食べられているタコは、日本人にとって身近な食材です。今回は、そんなタコの基本情報や栄養素、タコの栄養を活かすための食べ方を解説します。


健康メニュー|忙しい世代に人気の「つくりおき」って?

健康メニュー|忙しい世代に人気の「つくりおき」って?

毎日の食事は生きるために必要不可欠なものですが、多忙な方にとってはその都度準備や調理に手間がかかり、面倒と感じてしまうものです。そんな時に便利な方法が、「つくりおき」を用意することです。今回は、つくりおきの基本と注意するべきポイントなどをご紹介します。


野菜の豆知識|「ヤングコーン」は皮もヒゲも食べられる!

野菜の豆知識|「ヤングコーン」は皮もヒゲも食べられる!

缶詰や水煮パックでおなじみのヤングコーン。小さくてかわいい姿で、サラダや炒めもののアクセントやお弁当の彩りに重宝する野菜です。シャキシャキの歯ごたえで甘みがあり、旬の時期においしさを楽しんでいだきたい、ヤングコーンの魅力について詳しくご紹介します。


健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

夏の魚といえば、川に生息するアユです。アユは水のきれいな川に生息する天然ものと養殖ものの2種類があり、栄養を豊富に含んでいます。今回は、アユの基本的な情報と豆知識、栄養価や食べ方についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|懐かしおやつ「わらび餅」は、若者にも人気

健康メニュー|懐かしおやつ「わらび餅」は、若者にも人気

昔ながらの和菓子である「わらび餅」。プルプルでもちっとした弾力と上品な甘さが老若男女問わず愛されています。近年はさまざまなアレンジを加えた進化系わらび餅も登場。本記事では、定番のわらび餅から個性的な手作りわらび餅まで幅広くご紹介します。


健康メニュー|身近な味は栄養たっぷり「タコ」

健康メニュー|身近な味は栄養たっぷり「タコ」

タコ焼きや刺し身、唐揚げなどさまざまなメニューで食べられているタコは、日本人にとって身近な食材です。今回は、そんなタコの基本情報や栄養素、タコの栄養を活かすための食べ方を解説します。


健康メニュー|忙しい世代に人気の「つくりおき」って?

健康メニュー|忙しい世代に人気の「つくりおき」って?

毎日の食事は生きるために必要不可欠なものですが、多忙な方にとってはその都度準備や調理に手間がかかり、面倒と感じてしまうものです。そんな時に便利な方法が、「つくりおき」を用意することです。今回は、つくりおきの基本と注意するべきポイントなどをご紹介します。


野菜の豆知識|「ヤングコーン」は皮もヒゲも食べられる!

野菜の豆知識|「ヤングコーン」は皮もヒゲも食べられる!

缶詰や水煮パックでおなじみのヤングコーン。小さくてかわいい姿で、サラダや炒めもののアクセントやお弁当の彩りに重宝する野菜です。シャキシャキの歯ごたえで甘みがあり、旬の時期においしさを楽しんでいだきたい、ヤングコーンの魅力について詳しくご紹介します。


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。