健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
間違いやすい日本語|「さわり」「ごぼう抜き」 その言葉の使い方、本当に正しいですか?

間違いやすい日本語|「さわり」「ごぼう抜き」 その言葉の使い方、本当に正しいですか?

普通に使っていた表現が実は本来の意味では誤用だった……という経験はありませんか?日本語のなかには、正しいと思って大勢の人が使っている表現でも、誤用というケースがあります。今回は、そんな多くの人が間違いやすい「さわり」「ごぼう抜き」の本来の意味と、正しい使い方をご紹介します。


普通に使っていた表現が実は本来の意味では誤用だった……という経験はありませんか?日本語のなかには、正しいと思って大勢の人が使っている表現でも、誤用というケースがあります。今回は、そんな多くの人が間違いやすい「さわり」「ごぼう抜き」の本来の意味と使い方をご紹介します。

さわり

次のうち、正しい使い方はどちらでしょう?

1:この小説で一番重要なさわりの部分について語り合った。
2:好きな歌のイントロが聞こえてきたので、さわりの部分を思わず口ずさんだ。




一見、どちらも正しい使い方のように思えるかもしれませんが、1は小説のなかで最も大切な盛り上がりの部分、2は歌の冒頭部分という意味で「さわり」が使われています。
その「さわり」という言葉の由来をたどると、浄瑠璃用語に行き着きます。浄瑠璃の音曲のひとつ「義太夫節(ぎだゆうぶし)」のなかで、ほかの曲の旋律を取り入れた箇所が「さわり」と呼ばれていたのだそう。この「さわり」が義太夫節のなかで一番の聞かせどころ、聞きどころであったため、これが転じて歌や物語のなかで最も印象的で一番盛り上がる大事な部分、要点という意味になったといわれています。ですから、今回の答えは「1」です。
「さわり」は歌や物語の冒頭部分という意味での誤用がとても多い言葉で、平成19年度に行われた国語に関する世論調査においても半数以上もの人が「冒頭部分」という意味で認識していたことが明らかになっています。

ごぼう抜き

次のうち、正しい使い方はどちらでしょう?

1:マラソン中継の終盤で、ある選手が一気に10人ごぼう抜きにした。
2:彼は、他の同僚をごぼう抜きにして管理職に抜擢された。




「ごぼう抜き」という表現をよく聞くのは、マラソンなどの陸上競技で一人の選手が複数の人を抜き去った時が多いのではないでしょうか。しかし、実はその使い方は誤用なのです。
本来の「ごぼう抜き」とは、ごぼうを土のなかから引っ張り出す様子そのままに、棒状のものを一気に引き抜くという意味。または大勢の人のなかから一人の人材を引き抜くという意味です。つまりこの問題の正解は「2」になります。
ごぼうは一度に複数を引っ張り出すのが大変なため、一本一本抜く方法が取られているそうです。そしてごぼうを抜く時は、真上に一直線に引っ張って抜くのだとか。そんな抜きにくいごぼうを一本ずつ引っ張り抜く作業を、人に見立てて例えたのが、「ごぼう抜き」です。
このように「ごぼう抜き」の語源をたどると、たくさんのなかからごぼうを一本ずつ抜く様子がもととなっているため、陸上競技などで一人の選手がたくさんの人を一気に追い抜く際に使われる「ごぼう抜き」は誤用ということがわかります。
元は誤用だった「1」の使い方も、マラソンや駅伝中継でもよく使われていますよね。現在では、この誤用も国語辞典に掲載されているほど一般的な使い方となっています。

ちなみに、ごぼうは地方によって長さが違うものだそうです。主に関東では長いごぼう、関西では短いごぼうが栽培されているのだとか。これは関東と関西の土の違いによるものだそう。
関東の土はきめが粗くて水はけがよく、深さがある土壌のため、根が深く張りやすい長いごぼうが栽培されていました。一方、関西は土が硬めで浅い土壌なので、根が深くまで伸びずに短いごぼうが主流になったといわれています。関西のごぼうは根が短く抜きやすいため、「ごぼう抜き」の語源となったごぼうは関東のものであるという説があるそうです。

今回ご紹介した表現は、誤用の方が広まっている言葉ではなかったでしょうか。日本語の表現は常にどこかで変化が起こっているものですから、今後新たな意味を持つ表現が現れる可能性もありそうですね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。