健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|アカムツ(のどぐろ) 脂のうまさで人気者に

健康メニュー|アカムツ(のどぐろ) 脂のうまさで人気者に

アカムツをご存じない方でも、「のどぐろ」といわれれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。実は、もともとそれほど注目されない魚だったのが、今や知る人ぞ知る高級魚に……という、ちょっと変わった由来のある魚なのです。今回は、アカムツ(のどぐろ)の概要や、おすすめの食べ方についてご紹介します。


アカムツをご存じない方でも、「のどぐろ」といわれれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。実は、もともとそれほど注目されない魚だったのが、今や知る人ぞ知る高級魚に……という、ちょっと変わった由来のある魚なのです。今回は、アカムツ(のどぐろ)の概要や、おすすめの食べ方についてご紹介します。

アカムツ(のどぐろ)とは?

体色が赤いので「アカムツ」、喉の奥が黒いので「のどぐろ」

アカムツ(のどぐろ)は、福島県・新潟県以南の水深のやや深いところに広く生息する魚です。なかでも、新潟県や島根県など日本海側の地域の名物として知られています。大きな目と口が特徴で、「アカムツ」の名は体色が赤いことに由来し、「のどぐろ」の別名は、口のなか、特に喉の奥が黒いことに由来しているといわれます。

近年人気が出始めた「新しい高級魚」

従来はあまり人気のない魚だった

昭和のなかごろまでは、アカムツは今ほど人気の魚ではありませんでした。しかし近年は、脂の乗りがよく、うま味が濃いことから、タイやフグとも並ぶほどの高級魚ともてはやされています。大型のアカムツは特に高値で取引されるのだとか。年間を通して食べられている魚ですが、「秋のアカムツは最も脂の乗りがいい」とも、「産卵を控えた冬から春がおいしい」ともいわれます。

DHAやEPAが豊富で、ビタミンB1&B2、カリウム、カルシウムも多い

魚の脂には、脳の働きを活性化するDHA、血中コレステロール値を下げるEPAといった不飽和脂肪酸がたっぷり。脂乗りのいいアカムツにも、もちろん豊富に含まれています。
また、疲労回復を助けるビタミンB1、お肌を健やかに保つビタミンB2、体内の余分な塩分を排出するカリウム、骨を健やかに保つカルシウムなども多く、栄養面でも見逃せない食材なのです。

アカムツを味わってみよう

触って硬く、背の赤色が鮮やかなものがよし

アカムツも一般的な魚と同じように、触ったときに硬く、目が澄んでいるものが新鮮だといわれます。背の赤色が鮮やかで、腹が白いものならなおよいでしょう。

鱗のはげたアカムツは脂の乗った特上品かも?

実は、鱗がはげて白っぽくなった、一見あまりきれいでないアカムツも見逃せません。鱗がはげているアカムツは、底引き網によって海底の泥場にいるところを捕まえたものだといわれます。泥場はアカムツのエサとなる甲殻類が豊富なため、よりいっそう脂の乗ったアカムツが多いのです。

焼魚、煮魚などで食べるのが定番

高級魚といえば「まずは刺身」という方も多いかもしれませんが、アカムツは焼魚や煮魚でもよく食べられています。たっぷりの塩で塩焼きにして、さらりとした甘い脂の味を楽しむもよし、煮つけでふわふわに仕上がった白身を味わうのもおすすめです。ほかに干物や唐揚げ、しゃぶしゃぶなどでも食べられているようです。

刺身は「松笠造り(松皮造り、焼き霜造り)」が有名

アカムツは皮と身の間の脂が特においしいといわれ、刺身での食べ方は、皮を残す「松笠造り(松皮造り、焼き霜造り)」がよく知られています。皮の上からサッと熱湯をかけ、氷水でしめる「湯引き」を施してから身を切り分けるというものです。また、皮目を火でサッと炙る食べ方も人気です。

姿も味も、そして見分け方までとても個性的なアカムツ。その上品な脂の味わいは「白身のトロ」とも称されています。人気が増すとともに、飲食店での取り扱いや通信販売なども増えてきていますから、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。


健康メニュー|夏バテに「梅はその日の難逃れ」梅干しの食べ方 いろいろ

健康メニュー|夏バテに「梅はその日の難逃れ」梅干しの食べ方 いろいろ

真夏の不快な暑さによる夏バテで、食欲不振や体のだるさなどの症状を感じている時におすすめの食材が、梅干しです。そこで今回は、梅干しが夏バテによい理由や梅干しを使ったレシピなどをご紹介します。


健康メニュー|「青椒肉絲」日本と中国では肉が違う?

健康メニュー|「青椒肉絲」日本と中国では肉が違う?

麻婆豆腐や回鍋肉などとともに、日本の食卓ですっかりおなじみの中華料理「青椒肉絲(チンジャオロース)」。実は、日本と中国で使われる定番の肉が違っていることをご存じでしょうか?今回は、青椒肉絲の概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。