健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
郷土料理|「ヒラヤーチー(沖縄県)」パパっと作れるおうちの軽食

郷土料理|「ヒラヤーチー(沖縄県)」パパっと作れるおうちの軽食

沖縄の郷土料理ヒラヤーチーは、小麦粉を水で溶いて具を混ぜ、フライパンで薄く焼いたもの。おやつとしても、またお酒のおつまみとしてもおいしい、冷蔵庫のありあわせで作る軽食です。作り方も食材もシンプルですから、小腹が空いた時に試してみてはいかがでしょうか?今回は、ヒラヤーチーの由来や作り方をご紹介します。


沖縄の郷土料理ヒラヤーチーは、小麦粉を水で溶いて具を混ぜ、フライパンで薄く焼いたもの。おやつとしても、またお酒のおつまみとしてもおいしい、冷蔵庫のありあわせで作る軽食です。作り方も食材もシンプルですから、小腹が空いた時に試してみてはいかがでしょうか?今回は、ヒラヤーチーの由来や作り方をご紹介します。

おやつに、おつまみに ヒラヤーチーとは?

ヒラヤーチーは「平焼き」を指した沖縄方言で、お好み焼きを薄くしたような郷土料理です。宮古島ではナビパンビンともいいます。

ヒラヤーチーの作り方は簡単。小麦粉をだし汁や水で溶いて、ニラやツナを混ぜ、フライパンで焼けばでき上がり。醤油やソースでいただきます。薄焼きなのでおやつとしてちょうどよく、また、居酒屋でちょっと物足りない時に注文される定番メニューです。ありあわせの材料で作れるので、台風などで外出できない時に非常食として作られてきた一面もあります。

ヒラヤーチーの中身はさまざま

家庭料理のヒラヤーチーは、入れる具材が家庭によってさまざま。なかでも人気の具材はツナや紅しょうがです。トッピングには、同じく紅しょうがや鰹節、刻みネギなどをのせます。小麦粉は水で溶いてもだし汁で溶いてもOKで、卵を入れてボリュームアップさせることも。居酒屋メニューでは、豚肉のヒラヤーチーや納豆のヒラヤーチーもあります。

小麦粉を水で溶いて焼いた沖縄料理はほかにもいくつかあり、薄く焼いた小麦粉生地に油味噌や豚味噌を塗って巻く「ポーポー」や、同じく小麦粉生地に黒砂糖を振って巻く(生地に黒砂糖を混ぜることもある)「チンピン」が代表的です。スーパーに行くとチンピン用のミックス粉が手に入るほど、沖縄ではポピュラーな食べ物です。子どもたちにおやつとして出す際には、お仏壇にもお供えします。

ヒラヤーチーに欠かせないニラは、疲労回復に◎

具材に決まりのないヒラヤーチーですが、そのなかでもニラは欠かせません。ニラはスタミナ食材の代表格といってよく、体をあたためる作用があるので、冷え性の緩和や、あたためて楽になるタイプの神経痛を緩和する効果も期待できます。

ニラには抗酸化作用のあるβカロテン、むくみ改善や高血圧予防に必要なカリウム、骨の健康維持に不可欠なビタミンKが豊富です。ニラの栄養やおすすめの食べ方は、以下の記事で詳しくご紹介しています。

ヒラヤーチーを作ってみよう

ここからはヒラヤーチーの最もベーシックな作り方をご紹介。先に述べたように具材やトッピングはお好みのものを入れられるので、ご自身でアレンジしてみてくださいね。

<ヒラヤーチーの材料(2枚分)>
小麦粉…1カップ
だし汁か水…1カップ
ニラ…1/2束
ツナ缶…1/2缶
サラダ油かごま油…少々
※卵(1つ)を加えたい時は、小麦粉の量を半分(1/2カップ)に減らす。

<ヒラヤーチーのタレ>
ソース、醤油、マヨネーズなどをお好みで。鰹節や紅しょうがをトッピングしても。

<作り方>
1. ボウルに小麦粉、だし汁(または水)を入れて混ぜる。
2. 1にざく切りにしたニラ、ツナ缶を入れて、さらに混ぜる。
3. フライパンに油をひいて中火であたため、生地を流したらすぐに平らにのばす。
4. 両面をじっくり焼いてでき上がり。

ヒラヤーチーは家にあるもので簡単に作れますから、台風や雨で出かけられない日はもちろん、疲れて買い出しに行きたくないなんて時にも重宝しそうです。レシピで残ったツナの半分をトッピングにしたり、納豆をのせたりすれば、腹持ちのよい1品に。覚えやすく、レシピを見なくても作れるほど簡単ですから、おうちの楽ちんメニューとして、ぜひレパートリーに加えてみてくださいね。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。