健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

ファッション|定番アイテム・Tシャツをおしゃれに着こなすコツ

さらりと1枚で着たりインナーにしたりと、コーディネートに取り入れやすいTシャツ。カジュアルファッションの定番アイテムだからこそ、1枚は持っている方が多いでしょう。しかし年齢を重ねると、思うようにおしゃれに着こなせなかったり、生活感が出てだらしない印象に見えたりすることも……。そこで今回は、自分に似合うTシャツの選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。


さらりと1枚で着たりインナーにしたりと、コーディネートに取り入れやすいTシャツ。カジュアルファッションの定番アイテムだからこそ、1枚は持っている方が多いでしょう。しかし年齢を重ねると、思うようにおしゃれに着こなせなかったり、生活感が出てだらしない印象に見えたりすることも……。そこで今回は、自分に似合うTシャツの選び方とコーディネートのポイントをご紹介します。

年齢を重ねるとTシャツが似合わなくなる理由

年齢を重ねるごとにTシャツが似合わなくなっていると感じることはないでしょうか。その主な原因は、体型や肌質の変化だといわれています。

特に、肩まわりや背中、二の腕は、Tシャツを着た時にボディラインが目立ちやすい部分。これらの部分は加齢にともなって余計な肉が付きやすく、Tシャツが似合わなくなってしまうことがあるようです。

また、若い頃に比べて肌のハリやツヤが衰えると、表情が寂しい印象に見えます。カジュアルなアイテムであるTシャツと、肌質から受ける印象がマッチしなくなってしまうのです。

しかし、デザインや素材、サイズ感などに注意してTシャツを選べば、年齢を重ねてもおしゃれに着こなすことができます。次から詳しく見ていきましょう。

自分に似合うTシャツの選び方

安っぽく見えないハリのある素材

薄手の素材のTシャツは、気になるボディラインを拾いやすいばかりか、貧相に見えてしまいがち。ハリや厚みのある、しっかりした生地のTシャツを選ぶのがポイントです。同じコットンでも、さらりとした手ざわりのものより、なめらかな手ざわりのもののほうが上品に見えます。

ネックラインが開きすぎていないデザイン

肩まわりや背中などは年齢とともに肉が付きやすい一方、首まわりやデコルテは痩せてきます。襟ぐりが開きすぎたTシャツを着るとそれが余計に強調されてしまうため、首元がほどよく詰まったデザインのTシャツを選ぶとよいでしょう。鎖骨が少し見える程度のクルーネックまたはVネックのデザインがおすすめです。また、だらしない印象にならないよう、襟ぐりの縫製がしっかりしているものを選びましょう。

ほどよくゆとりのあるサイズ

Tシャツ選びで難しいのはサイズ感。タイトすぎると肩幅ががっちりして見え、大きすぎても着太りして見えてしまいます。体がTシャツのなかで泳ぐ程度の、ほどよくゆとりのあるサイズを選ぶと、体型がきれいに見えます。

体型をカバーする細部のディテール

肩まわりが気になる場合は、ボートネックやドロップショルダーになっているものがおすすめ。また、袖にボリュームを持たせたTシャツなら、二の腕をおしゃれにカバーできます。

定番の白Tシャツを使ったコーディネート

Tシャツのなかでも、スタンダードな白Tシャツはどの季節にも活躍する万能選手。大人のコーディネートをつくるなら、ハリのある素材のボトムスを選ぶのがポイント。パンツにもスカートにも合いますが、Tシャツがカジュアルな分、きちんとした印象のアイテムと合わせると、まとまりのいい着こなしになります。

パンツ派におすすめのコーディネート:白Tシャツ×黒のワイドパンツ

白Tシャツに黒のワイドパンツを合わせたモノトーンコーデ。シンプルながら大人の落ち着きを感じさせます。コーディネートがシンプルな分、バッグや靴などで差し色や遊び心を加えるとおしゃれに見えます。

ワイドパンツのコーディネートについては、以下の記事を参考にしてみてください。

スカート派におすすめのコーディネート:白Tシャツ×プリーツスカート

白Tシャツにプリーツスカートを合わせた上品コーデ。シンプルなTシャツに女性らしいプリーツスカートを合わせることで、落ち着いた印象に仕上がります。Tシャツの裾はスカートのウエストにインすると好バランス。

シンプルなアイテムだからこそ、選び方が難しいTシャツ。しかし自分に合うアイテムが見つかれば、コーディネートのバリエーションがますます広がります。Tシャツを取り入れた着こなしを楽しんでみてくださいね。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

乾燥についても、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。