健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|新型栄養失調とは?

健康習慣|新型栄養失調とは?

第2次世界大戦中や戦後、食糧不足により日々の食事を十分に取れないことが原因で栄養失調になる方が多かったといわれます。しかし現在、満足に食糧があるにもかかわらず、栄養不足に陥る「新型栄養失調」になる方が増えています。今回は、新型栄養失調の原因と予防方法についてご紹介します。


第2次世界大戦中や戦後、食糧不足により日々の食事を十分に取れないことが原因で栄養失調になる方が多かったといわれます。しかし現在、満足に食糧があるにもかかわらず、栄養不足に陥る「新型栄養失調」になる方が増えています。今回は、新型栄養失調の原因と予防方法についてご紹介します。

食べているのに栄養失調に? 新型栄養失調が増えている理由

新型栄養失調とは、食糧不足が原因で発生する栄養失調とは異なる、現代人特有の栄養失調です。一般的に連想される栄養失調は、摂取カロリーが少ないことにより起こります。これに対して新型栄養失調は、1日3食しっかり食べてカロリーは十分摂取できているけれど、ビタミンやミネラル、たんぱく質などの体に必要な栄養素が不足している状態を指します。

この新型栄養失調は女性や高齢者に多く見られます。よくだるさを感じる、夜ぐっすりと眠れないなどの体の不調を感じている場合、新型栄養失調が原因の可能性も考えられます。
では、一体どのような原因で栄養不足に陥ってしまうのでしょうか。

女性に新型栄養失調が多い理由

特に働いている女性の場合、ランチが毎日似たりよったりのメニューということも多いでしょう。惣菜パンやコンビニのおにぎりで簡単に済ませて空腹を満たすことが増えると、カロリーは摂取できても栄養が偏ってしまいます。また、ダイエットのためにヘルシーな食事を続けることで必要な栄養素が不足してしまうことも、新型栄養失調の原因になってしまうのです。

高齢者に新型栄養失調が多い理由

高齢になると活動量が減る場合が多く、若い頃ほど食欲がでないことは珍しくありません。肉や魚などをあまり食べず、さっぱりしたものを選んでしまうことも多いでしょう。また、加齢により、咀嚼したり飲み込んだりする能力や消化吸収能力が衰えてしまうと、食事から摂取できる栄養素が減ってしまいがち。このような加齢に伴う体の変化により、たんぱく質をはじめとした栄養素が不足してしまうのが、高齢者の新型栄養失調の原因といわれます。

現代人に不足しがちな栄養素とは

食事で十分なカロリーを摂取していても、栄養素が偏っていると新型栄養失調になる可能性があります。では、現代の日本人が不足しがちな栄養素とは、どのようなものなのでしょうか。

たんぱく質

まず挙げられるのが、たんぱく質。たんぱく質の不足は筋肉量の低下を招くだけでなく、免疫力の低下や皮膚トラブル、貧血などを引き起こすことがあります。また、たんぱく質を構成する一部のアミノ酸からできる神経伝達物質も不足してしまうため、集中力や思考力が低下してしまうことも。たんぱく質を摂取するためには肉や魚、大豆製品を積極的に食べましょう。

ビタミン

ビタミン不足も、新型栄養失調の原因となります。日本人が不足しがちなビタミンは「ビタミンA」と「ビタミンB1」といわれています。
ビタミンAの不足は糖尿病のリスクや目のトラブルなど、ビタミンB1不足は手足を動かしにくくなるなどの末梢神経障害、体のだるさなどの症状が現れる可能性があります。ビタミンAを摂取できる代表的な野菜といえば、にんじん。ビタミンAは脂溶性なので、油で調理するとより吸収しやすくなるのでおすすめです。ビタミンB1は大豆や豚肉、玄米に多く含まれていますが、水溶性なので大量に摂取しても必要以上の量は排出されてしまいます。また、熱にも弱いため調理の際は注意しましょう。

ミネラル

健康維持に必要な必須ミネラルは16種類ありますが、なかでも不足しがちなのが「カルシウム」と「マグネシウム」です。
カルシウムが多い食品といえば、乳製品や小魚、大豆製品です。乳製品は吸収率が高いので、意識的に摂取してみましょう。マグネシウムは海藻やアーモンドなどのナッツ類、魚介類などに多く含まれます。全粒粉もマグネシウムが多いため、強力粉ではなく全粒粉のパンを選ぶと、マグネシウムを摂取しやすくなるでしょう。

サプリメントに頼りすぎない食生活で新型栄養失調の予防を

たとえおなかいっぱい食事をしても、偏った食事内容では必要な栄養素が不足してしまいます。栄養不足による新型栄養失調を防ぐためには、バランスのよい食生活を送ることが何よりも大事です。サプリメントである程度の栄養素は補えますが、サプリメントはあくまでも栄養を補助するための食品なので、頼りすぎることなく食事から栄養素を摂ることを意識しましょう。

もちろん、その日の体調によってはあまり食べられない、という場合もでてくるかもしれません。そんな時は無理をせず、体調に合わせてできるだけ多くの品目を食べてみましょう。

夏は特に、暑さのせいで食欲が落ちてしまいがち。そんな夏バテ気味な時でも無理なく健康に過ごせるように、以下の記事も参考にしてみてください。
夏バテに関する記事一覧

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。