健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
ファッション|気になる汗ジミを予防 夏服を清潔に保つポイント

ファッション|気になる汗ジミを予防 夏服を清潔に保つポイント

ムシムシとした暑さが続く夏。汗をかきやすいこの時期によくある悩みといえば、洋服ににじむ汗ジミではないでしょうか。汗をかくと肌に洋服が貼り付いて不快なだけではなく、人の目が気になることも……。夏のコーディネートでは、汗を目立たせない工夫が必要です。そこで今回は、汗ジミを防いで快適に過ごすコツをご紹介。さらに、次のシーズンにも気持ちよく着るためのお手入れについてもチェックしておきましょう。


ムシムシとした暑さが続く夏。汗をかきやすいこの時期によくある悩みといえば、洋服ににじむ汗ジミではないでしょうか。汗をかくと肌に洋服が貼り付いて不快なだけではなく、人の目が気になることも……。夏のコーディネートでは、汗を目立たせない工夫が必要です。そこで今回は、汗ジミを防いで快適に過ごすコツをご紹介。さらに、次のシーズンにも気持ちよく着るためのお手入れについてもチェックしておきましょう。

汗ジミが気になりやすいところとは?

季節や環境、年齢などの条件によって異なりますが、人は1日におよそ500~1500ミリリットルの汗をかくといわれています。一般的に汗をかきやすいといわれるのは、汗腺(皮膚にある汗を分泌する腺)が多い部位。首まわりや額、脇や背中などは、特に汗が気になると感じる人が多いようです。

また、意外と見落としがちなのがお尻や太もも。身体のほかの部位と比べて汗腺の量が少ないものの、デスクワークなどで長時間座っていると、身体が常に椅子と密着しているため蒸れて汗をかいてしまいます。気づいたら洋服だけでなく椅子にも跡が付いてしまっていた経験がある人もいるかもしれませんね。

汗ジミを目立たせない衣類の工夫

汗ジミ対策としてまず行いたいのは、身につける衣類の工夫。汗をかいても目立ちにくい色や素材、デザインの服を選ぶと安心です。

汗ジミが目立ちにくい色と目立ちやすい色を知る

白・黒・ネイビーは汗ジミが目立ちにくい色です。また、単色ではなく細かい柄が入ったものなら、視線がそれるのでさらに目立ちにくくなります。一方で、ライトグレーやベージュはコーディネートに取り入れやすい色ですが、汗ジミが目立ちやすいのが難点。夏らしいパステルカラーも、汗が気になる場合は避けたほうがよさそうです。

速乾性の高い素材でさらっと快適に

素材としては、速乾性が高いポリエステルがおすすめ。汗をかいてもすぐに乾いて目立たなくなります。夏に重宝する綿は、吸水性が高いため汗を吸いやすく、汗ジミが目立ってしまいます。濡れると乾きにくく汗ジミが目立つことも。できるだけ薄手で風通しのよいものを選びましょう。

ゆとりのあるデザインで貼り付きを防ぐ

ゆったりしたシルエットの服は、服に直接汗が付かず、貼り付きによる不快感を防げます。脇や腕のまわりに余裕があるデザインを選ぶと、風通しがよく汗が乾きやすくなります。あえてワンサイズ大きなものにしてもよいでしょう。

インナーで汗対策をする

汗をかいても蒸れにくい、接触冷感・吸水速乾の機能をもったインナーを着用しましょう。汗の量が多い場合は、肌を覆う生地が大きい半袖タイプがベスト。汗取りパッドが付いたタイプのアイテムならさらに効果的です。また、UVカットや防臭・消臭の機能が施されたものも夏におすすめです。

来シーズンも気持ちよく着るための衣類のお手入れ

汗で汚れた衣類はすぐに洗濯をするのが鉄則。そのまま放置すると、しつこい黄ばみになってしまいます。また、次のシーズンもきれいに着るためには、衣替えの前にしっかりとお手入れをすることが肝心です。

着た日のうちに洗濯を

汗をたくさんかいた日の衣類は、できるだけ当日中に洗濯しましょう。できない場合は、汗が付きやすい脇や襟元などを、部分汚れ用の石けんを使って予洗いしておくとよいでしょう。

収納前にしっかり洗って黄ばみや虫食いを防ぐ

シーズン後に衣類をしまう時は、汚れを落としてから収納しましょう。洗濯にお風呂の残り湯を使うと雑菌が繁殖してニオイの原因になることがあるため、すすぎにはきれいな水を使いましょう。洗濯後はしっかりと乾かし、直射日光が当たらない湿度の低い場所で保管します。

しつこい汚れには台所用の中性洗剤や重曹を使う

普段からきちんとケアをしていても、着用と洗濯を繰り返すとガンコな汚れとなってしまうことがあります。なかなか落ちない汚れには、台所用の中性洗剤や重曹を使ってお手入れをしてみてください。

中性洗剤を使う場合

汗ジミの部分をぬるま湯で軽く濡らし、台所用の中性洗剤を直接付けます。もみ洗いをするか歯ブラシでこすり、ぬるま湯で流したら通常通り洗濯機で洗います。

重曹を使う場合

重曹と酸素系漂白剤(液体)を1対1の割合で混ぜてペースト状にして、汚れが気になる部分を覆うようにたっぷりと塗ります。塗った部分をドライヤーであたためてしばらく放置し、あとはそのまま洗濯機に入れていつも通りに洗濯します。

夏に汗をかくのは避けられませんが、コーディネートに汗を目立たせない工夫を取り入れることで快適に過ごすことができます。汗をかいたあとの衣類のお手入れとあわせて参考にしてみてくださいね。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。